節約のススメ

2017.02.15

企業で働くなでしこ女子へ。「iDeCo」の加入手続きのトリセツ|美人のマネースクール【25】

花田浩菜 ファイナンシャルプランナー
これまでの記事

ファイナンシャルプランナーの花田浩菜です。

ide

前回、【2017年スタート! 働く女子にもぴったりな「iDeCo(イデコ)」に注目】リンクでは「iDeCo」についての説明やメリット、デメリットについてお話ししました。

今回は企業で働くなでしこ女子には必見な「iDeCo」の加入手続きのトリセツとして今回はご紹介していきます。

【加入する時は、勤務先に届け出!】

企業でお勤めのはたらく女性であれば、中でも節税できる方法が自営業者と比べても少なく、特に「iDeCo」の節税メリットは大きいもの。

そんな中、「加入したい! けどどうすれば?」と手続きの仕方でつまづく方も多いようです。・・・というのも、個人的な手続きではなく、会社に届け出をする必要もあるためです。実は、企業によって手続きの進め方が違うというところも多く、加入の際のポイントをまとめてご紹介していきます。

【加入までの3ステップ】

1.金融機関を決める

まずは運用を始める「金融機関」を決めるところからスタート。「金融機関」の中には保険会社、銀行、証券会社等がありますが、注目したいポイントはこちら。

✔商品をチェック

金融機関によって運用の際に選べる商品が異なります。預金、保険、投資信託の中で「どんな商品が選べる?」という点、投資信託の中では運用中掛かり続ける「信託報酬」の低いものが有るか? などをチェック。

✔️「口座管理料」にも注目

加入時のコストだけでなく、60歳まで掛かり続ける「口座管理料」としての手数料がいくらかかるかにも注目、ネット証券等ではかなりコストが低いものもあるので比べてみて下さいね。

2.金融機関を決めたら、書類を取り寄せる

金融機関を無事決めたら、書類を取り寄せます。書類の中には勤務先に記入してもらう「証明書」があるためこちらを使用します。

3.勤務先に書類を記入してもらう!

受け取る証明書をどの部署で受け付けてくれるかは企業によってまちまちなため、まずはご自身の企業の窓口を確認して下さい。その際に「給与天引きもできるのか?」という点もチェックできたら完璧。証明書を記入してもらったら、その他の書類と共に返送すれば無事に「iDeCo」で運用がスタートできます!

【始める前に…企業で働くなでしこ女子がチェックしたいポイントは?】

✔️お給料天引き? or 口座引き落とし?

書類の記入と同時に「お給料で引き落としができるか?」もチェックするとなお便利、と書きましたが、もし天引きが可能な企業であれば個人口座からの引き落としにするor給与引き落としにする、は重要なチェックポイントです。

給与天引きでのメリットは、「所得控除を受ける手続きが必要ない」、「残高不足とならない」など、デメリットとしては「掛け金の変更、停止の手続きが面倒」、「転職のときの手続きも余計に増える」などがあげられます。他にも確定申告をする必要がある方や、将来的に転職等を視野に入れている方は口座引き落としの方がベターかもしれません。

✔️「掛け金」をいくらにする?

運用を始める前にしっかりと考えておきたいのは「掛け金をいくらにする?」という点。お勤め先によってもちろん掛け金の上限の違いもありますが、上限一杯にする事が良い訳ではありません。60歳まで長い目で見て、「無理なく続けられそうな額」をチェックすべき。この機会に家計の見直しをし、「私はいくらなら続けられそう?」といところも含めて自分と向き合ってみては如何でしょうか。

いかがでしたか?

今回は企業で働くなでしこ女子向けの「iDeCo」の加入手続きのトリセツ」としてお話ししてきました。是非この機会に自分自身の無理なく賢く続けられる額と向き合って、毎日頑張る自分へ! 将来も今も楽しめるように賢くマネープランを見直してみて下さいね!

参考HP:iDeCoナビ

これまでの記事

花田浩菜 ファイナンシャルプランナー

学生時代からCanCamなどを中心に読者モデルを始める。大学卒業と同時に金融関連会社に就職し、その後フリーランスのファイナンシャルプランナーに。現在は月刊誌やweb上で連載を持ち、様々な媒体で女性のライフスタイルを大切にしたマネーコラムや経済情報を発信中。趣味は旅行と食べ歩き。instagram→hanadahirona

 
あなたにおすすめの記事