元貧困女子マネー術

2017.01.05

新しくなる「確定拠出型年金」その1|元貧困女子FP直伝・何がどう変わる?

ファイナンシャルプランナー 石川福美

01

元貧困女子ファイナンシャルプランナーの石川福美(いしかわふくみ)です。
人生は予測不可能なことの連続。一寸先は貧困女子…そうならないための、自分の身をかしこく守る力が、今の時代を生きる私たちには必要です。

iDeCo(イデコ)個人型DC…最近耳にすることが多くなったこの言葉「確定拠出型年金」を意味します。ではこの「確定拠出型年金」は、私たちにどのように関係するのでしょうか??

今回は「確定拠出型年金」についてお話ししていきます。

この制度を取り入れている会社は全国に2万社以上もあり、「確定拠出型年金」という言葉を聞いたことのある方は多いかもしれませんが、確定拠出型年金の制度が新しく変わることが決定し、いよいよ2017年1月からその一部がスタートするので、話題になっています。

今回の変更で、みなさんにより関わりが深くなるこの制度、しっかり知って、上手に活用していきましょう。ではいったい何がどう新しくなったのか、そもそも確定拠出型年金って何なのかということからご紹介します。

確定拠出型年金とは?

国民年金や厚生年金とはまた別の年金制度のことです。「拠出する金額」が「確定」している年金、つまり、将来の年金準備の為に積立てるお金(掛金)が決まっている年金制度です。逆に言うと、拠出金額は決まっていますが、将来年金として受け取る金額は決まっていません。掛金を運用して、その運用の結果次第で受け取る金額は変わってくるのです。そう、「確定拠出型年金」とは、立派な資産運用なのです。

「確定拠出型年金」の企業型と個人型の違いって?

この確定拠出型年金には「企業型」と「個人型」があります。
「企業型」は、運用の為のお金(掛金)を、会社(事業主)が出してくれるタイプです。
「個人型」は、運用の為のお金(掛金)を、個人(自分)で出すタイプです。この「個人型」の確定拠出型年金にiDeCo(イデコ)という愛称がつきました。他にも個人型DCと呼ばれたりもしています。

「確定拠出型年金」の改正となる部分って?

1:「簡易型DC」導入

企業型の確定拠出型年金を取り入れるには、導入時に企業へ大きな負担がかかります。そのことから中小企業(従業員100名以下)ではなかなか取り入れることが難しかった制度ですが、この簡易型DCが新しくできることによって、導入時の負担を軽くすることが可能になりました。2年以内に施行される予定ですが、そうすると取り入れる会社も増え、みなさんの会社にもやってくるかもしれません!

2:加入できる人が増えました

もともとは、自営業者の方や、お勤め先の会社に企業年金がない会社員の方、20歳以上の学生さんが加入することのできた制度ですが、2017年1月から、専業主婦の方(※1)や、公務員、企業年金のある会社員の方でも加入できるようになりました。そして、すでに企業型に加入している人でも、会社がOKを出していれば、個人型にも加入することが可能になります。これで、日本のほとんどの人が、この制度を利用できるようになったのです!
※1)国民年金の第3号被保険者(年収130万未満の扶養に入っている方)

3:運用の改善

これまで企業型の確定拠出型年金を活用する際に、運用について教育する機会というのは会社の配慮義務でしたが、これを2年以内に努力義務に変更することが決まりました。つまり、運用についての教育を強化し、より本格的に資産運用をしていこうということですね。

こうしてみなさんにより深く関係することになった確定拠出型年金。では実際に加入する際にしっておきたい決まりやメリット、デメリットについて次回お話しします。

02

(その2につづく)

ファイナンシャルプランナー石川福美

貧困女子出身のアラサーファイナンシャルプランナー。定期的に開催している女性限定セミナーや、各メディアなどで、自身の経験からくる効率的な将来対策・万一のリスク対策の必要性について、多くの女性へ向け発信している。さまざまな金融商品を組合せることによって、“今の充実”と”将来の安心”のバランスを考えたライフプランニングを目指す。株式会社クレア・ライフ・パートナーズ所属。

 
あなたにおすすめの記事