おでかけヒント

2016.12.24

超高層ビルからヘリに飛び乗る!? 渋谷の異空間「VR PARK TOKYO」で妄想デート

01

渋谷の中心に位置するゲームセンター「アドアーズ渋谷店」の4階フロアに、異空間のテーマパーク「VR PARK TOKYO」が12月16日にオープン!

映像や音響などの効果で「仮想現実」に入るこむことができる「VR」、みなさん体験したことありますか? VR専用のゴーグルを装着し360度映像を見回したり、音声を聴いたり、人間の五感が刺激されることであたかもその空間に自分が存在しているという感覚に陥る「VR」は、映像を見ているとは思えないほどリアリティありすぎ!

ライターSが、渋谷の中心で手に汗にぎり腰を抜かした「VR PARK TOKYO」の潜入レポートをお届けします!

働く女性にうれしい!
「VR PARK TOKYO」の最終受付時間は22:10

午前10:10からオープンしている「VR PARK TOKYO」ですが、最終の受付は遅めの午後22:10。仕事終わりに遊びに行くこともできる、働く女性に嬉しい時間設定! このパークにあるアトラクション、1人プレイのものもあれば、2人で協力してゲームをクリアしていくもの、真っ暗な空間で密着しながらVRを体験するものまであるから、デートにもぴったりなんですって♡

という前情報を耳に入れていた私、せっかくなので、イケメン彼氏との妄想デート♡ 的レポートでお届けします。

妄想デートに付き合ってくれたのは、不動産会社勤務の25歳・宇田さん。「遊園地が大好きなので、嬉しいです!」と、お仕事終わりに駆けつけてくれました!

02

アトラクションは70分遊び放題!

「VR PARK TOKYO」の利用は、全て70分遊び放題で1名2,900円(2名以上の場合の税込価格。1名の場合は税込3,300円)のチケット購入制。この70分間、好きなアトラクションを体験し放題!

専用サイトで事前予約もできるので、「並ぶのはイヤだな〜」と思う方は、事前にネット予約をしてから行くのがオススメ。入場特典として、70分間のフリードリンクサービスと、アドアーズ全店で使うことができるゲームクーポンもゲットできます!

アトラクション1. 野球盤の世界へ!
「対戦! ハチャメチャ スタジアムVR」にチャレンジ!

「アドアーズ渋谷店」の4階すべてを使ったVRパークの中には全部で6種類のアトラクションが!

「野球をあまり経験したことがない方でも、VRでなら簡単にチャレンジしていただくことができます。女性の方でも大丈夫ですよ!」という店員さんの言葉を信じ、まず1つめにチャレンジしたのは、リアルな野球盤VRアトラクションの「対戦! ハチャメチャ スタジアムVR」に挑戦。かなり見た目も本格的!

03

私がバッター役で、彼がピッチャー役。バッターの私は、VRゴーグルを装着し、ホームベースのところに立ち、バット代わりのコントローラーを降ります。ゴーグルを装着すると…一気に野球場の世界が立体的に広がる!! 上を向くと、星空が広がっている〜! すごい! 手に持っていたコントローラーも、VRの世界ではバットに写っています!

「わ〜わ〜!」とひとり盛り上がってしまいましたが、私が見ているVRの世界は、他の人からはフロアにあるテレビモニターで見ることができます。

04

この写真では伝わらないかと思いますが、飛んでくるボールがもうそれはそれは立体的に見えて、ホントに神宮球場に立っているかのような感覚になるんです!

そしてピッチャー役の人は、写真右横にあるタッチパネルのモニターで、自分がどんな球を投げるか操作できたり、ヤジを飛ばしたりできます。

05

『高速球投げてやろう、ニヤニヤ…。』とでも言わんばかりの顔の宇田さん! む! 女の子なんだから甘くみてください! ぷんぷん

でもこのアトラクション、協力プレイではなく対戦プレイになるので、もうそれぞれ本気で戦ってください。本気で戦うことによって二人の心の距離も縮まるはずです♡

ちなみにこのゲームの結果は、私の完敗。くやしい…。

アトラクション2. 声を掛け合って助け合おう!
「協力! GHOST ATTACKERS VR」

協力型のガンシューティングVRアトラクション「協力! GHOST ATTACKERS VR」は、ゴースト退治専門家となり、相棒と一緒に洋館に棲みついたゴーストを退治するゲーム。こちらは先ほどの野球ゲームと違い、相手と協力してクリアを目指します。

06

VRゴーグルをつけガンシューティングをするのは、宇田さん! 私は写真右のタッチパネルになっているモニターで、ゴーストの存在をいち早く察知し、彼にどこにゴーストがいるかを声をかけて指示をする! という重要な任務。

アトラクションが始まると、指示役の私は右と左がよくわからなくなり、「右、右!! あれ? 左? 左かも! 左です! ああ〜っ! 後ろ〜っ!」てな感じであまり役に立ちませんでした…(笑) なんとかレベル3まで進んだものの、そこで体力ゲージがなくなり脱落。

いやしかし、イケメンがシューティングしていると絵になる(惚)。 協力してゲームクリアを目指すことで、彼の意外な一面を見ることができるかも♡

アトラクション3. 密室暗闇で二人の距離も縮まる!
「体感ホラーVR」

シアター型のホラーアトラクションもあります! VR捜査官になりきって、行方不明者の謎を解決しに行くという設定のこのアトラクション、VR技術で再現できる最大限の恐怖を体験できるというから、期待大!

07

最大4名まで一緒に楽しむことができます。

VRゴーグル、ヘッドフォンをして、このギミックチェアと呼ばれる椅子に座ったところでアトラクションスタート。ネタバレになってしまうので多くは語りませんが、視覚、聴覚、そしてギミックチェアに隠された仕掛けによって、もう最高潮の恐さ!! 目の前まで飛び出てくるお化けの恐さとその空間にいるかのような体感にゾッとして私は下を向いてしまったのですが、VRは360度映像が見られるため、下を向いたところで映像は見えてしまう!(汗) そしてヘッドフォンもしているので耳から入ってくる音の情報もあって…もうどこにも逃げ場がない…。涙目

08

約5分間(長い!!)の潜入操作を終えた後、「ホラーは得意なんですが、怖すぎてやばかったです。映像も音もリアルすぎるし…。まさか渋谷でこんなホラーが体験できるとは」と、なんだか彼も最初より顔が疲れている。確かに、そうだここは、渋谷だった! もう気分は遊園地です。

『好きだけど、まだ付き合ってない状態』の男の子と一緒に遊びにくるときにはこのアトラクションを体験して、ホラー・密室・暗闇、の空間を利用して吊り橋効果を狙いましょう!

アトラクション4. 高所恐怖症の人には100%おすすめしません!!
「DIVE HARD VR」

最後に挑戦したのは、「DIVE HARD VR」という高所脱出型のVRアトラクション。これが、その名の通り、「だいぶ、ハード」なんです…。まず、エレベーターで超高層ビルの上に向かい、映画さながらのガンアトラクションを繰り広げたあと、超高層ビルの向かいに待っている救出ヘリに飛び乗り脱出する、というアトラクション。ヘリに向かうまでに、一本道を渡らなければいけないのですが…

09

最初にVRゴーグルを装着。ここまではいいです。アトラクションがスタートして、まずエレベーターで高層ビルへと登る(という設定)。登っている映像が流れているとき、足下がガックンガックンと揺れている!? 揺れるなんて聞いてないんですけど?! 映像に振動も加わり、ほんとうに高層ビルの頂上まで登ってきてしまった気分になった私、あまりの高さに声をあげ、気づいたら「リタイア! リタイアさせてください!!」とパニック状態…。

ほんとに高かった…高かったんです。これからバンジージャンプでもしなくてはいけないのか!? という高さでした。みなさんこの写真だけを見たら、何を言っている大げさな〜! と思うでしょう。写真のようにまったく地に足はついてるんですけどね、VRの映像や、振動、風などによって、気持ちは高層ビルの上だったんです。

10

ここからは、「デートでもバンジージャンプやスカイダイビングに行きたい! それくらい高所も得意です」と言っていた宇田さんを見守ります。アトラクション中「こえ〜〜!! 」と絶叫しながらも見事にガンシューティングをこなし、最後は風を受けながら(扇風機の風が意外とリアルなんだそうです!)ヘリコプターに乗って脱出成功!

高所恐怖症の方、本当に立てなくなりますので、このアトラクションはオススメしません。無理せず彼の勇姿を見守りましょう。

ということでお届けした妄想デート企画@「VR PARK TOKYO」! まさか渋谷の中心でこんなに笑ったり、腰を抜かしたり(私だけでしょうが)することができるテーマパークが誕生するとは思いもしませんでした。

2017年1月中旬以降には日本初の「バンジージャンプVR(仮)」が登場する予定で、今後もますますアップデートされていくようです!

室内にあるので、この時期のあったかデートにもオススメ。男らしかったり意外とビビりだったり、彼の本性が見えちゃうかも♡ 二人の距離が縮まること間違いなしの「VR PARK TOKYO」、ぜひ足を運んでみて!(サワダユキコ)

▶️「VR PARK TOKYO」ホームページ

 
あなたにおすすめの記事