PROMOTION

銀座小説

2017.01.16

5 Stories~第3月曜日の女 Vol.3『魔法のスイッチ』

N(Nakano Nana)1月の女。

東急プラザ銀座_story3_01

中野奈那は、銀座五丁目数寄屋橋、東急プラザ銀座のエスカレーターに乗っていた。

ぐんぐん上を目指す。風景が鳥の視線に変わっていく。

彼女はこのエスカレーターが好きだった。まるで空港の出発ロビーに通じるようなワクワク感がある。それは違う世界に誘われる『魔法のスイッチ』。

今日は、HINKA RINKAのセールをのぞいたあと、キリコラウンジに行くつもりだった。イベントを仕切る剛塚あやのに会うためだ。

三つしか歳が違わないのに、奈那にとって、あやのはずいぶん大人に見えた。

女上司とうまくいかず、彼氏にもいいように振りまわされている自分の話を丁寧に聞いてくれた。

三十歳を前にして、奈那は迷うことばかりだった。

奈那は広告代理店に勤めている。

それほど大きな会社ではないので、なんでもこなす。職種は営業。

媒体の資料集めから、イベントのプロデュース、販促に先を見越した提案。

スポンサーのニーズに合わせた細かい動きが求められる。

奈那の担当にあるフィットネスクラブがあり、そこがクライミングジムを始めることになった。

そのオープニングイベントに、子供向けのボルダリング教室が企画され、イベント責任者で会ったのが剛塚あやのだった。

ボルダリングとは、岩や人工的な壁を登るフリークライミングの一種。

フィットネスクラブに作られた反り返った崖には、色とりどりのホールド(突起物)が設置され、それをつかみながら登っていく。

「中野さん、気遣いがとっても細やか」

あやのに、そんなふうに仕事を褒められた。

素直にうれしかった。奈那の女上司はとにかく褒めないひとで、ことあるごとに小言を言った。

「ほら中野、企画書一本書くのに何時間かかってんのよ。あたしらの仕事はスピードがイチバンだって、いつも言ってんでしょ!」

「はい、すみません」

基本、口答えや言い訳はしない。諦めている。

住む世界が違うと割り切らないと心が持たない。最近、心にも賞味期限があることを知った。あるところまでは新鮮な気持ちで対応できても、ある時期を境に心がくさっていく。

東急プラザ銀座_story3_02

奈那の彼氏は、同じ会社の営業課長。バツイチ、子どもはいない。

ひとまわり歳が上なので、楽は楽だけど、いつもいい加減に扱われているような気がする。

彼に似合うと言われて、眼鏡をかけている自分が、ときどき情けなく思える。

そのくせ、他の男性と知り合っても、結局今の彼のところに戻ってしまう。

神田の立ち飲み焼き肉居酒屋で出会った外資系金融会社の男性とはすぐに意気投合してLINEの連絡先を交換したけれど、一度二人で会っただけで、トーンは下がった。

話すのは自分のことばかり。要約するとこうだ。

「オレをもっと褒めてくれ」。

褒めてほしいのはみんなおんなじだよ、と思う。

「中野さんは、もっともっと可能性があると思う」。

あやのにそう言われたとき、『魔法のスイッチ』が入ったような気がした。

可能性、その言葉、ずいぶん前にどこかに置き忘れていた。

イベントがきっかけで、奈那もあやのも、ボルダリングにはまった。

もともと奈那は、空手を習っていて、体幹や手足の筋力には多少の自信があった。でも、やってみてわかった。

大切なのは筋力ではない。しなやかさ。そして、上を目指す気持ちの強さ。

あやのは、どんどん上達していった。

彼女は奈那に言った。

「ねえ中野さん、自分が今、どのホールドに指をかけなくちゃいけないかを見極めるのは、人生も同じかもしれないね。ルートさえ見えれば、登り方がわかるんだよね」。

東急プラザ銀座_story3_03

奈那は気づいていた。

さまざまな場所に、いろいろなひとの言葉に『魔法のスイッチ』はある。

要は、それをちゃんと感知する感性が自分にあるかどうか。

力でぶつからずに、しなやかさを身につけたい。

東急プラザ銀座の6階。キリコラウンジの高い天井に目をやり、奈那はそう思った。

「あら中野さん」

そう言って近づいてくる剛塚あやの。その横には少し年上に見える綺麗な女性がいた。

奈那は、自分で自分にスイッチを入れるように、微笑み返した。

作/北阪昌人

撮影/蓮見 徹

中野奈那’s Coordinate

東急プラザ銀座_story3_コーデ

コート¥52,000(フィガロ パリ 銀座店<ハリスワーフ ロンドン>) ブラウス¥25,000・パンツ[共布ベルト付き]¥23,000(フィガロ パリ 銀座店<フィガロ パリ>) バッグ¥24,000(フィガロ パリ 銀座店<イアクッチ>) 靴¥81,000(フィガロ パリ 銀座店<ニナ リッチ>) ピアス¥29,000(フィガロ パリ 銀座店<カー&ロウ>)

問い合わせ:フィガロ パリ 銀座店 ☎03-3575-5020

撮影/寺山恵子 スタイリスト/渡辺智佳

『5 Stories~第3月曜日の女』は、毎月第3月曜日に更新!

キリコラウンジ
キリコラウンジは、東急プラザ銀座6階にある天井高約27mの大吹抜け空間。数寄屋橋交差点に面し、昼夜問わず銀座エリアの景色を一望できる。併設のカフェでドリンクや軽食を楽しむことができるほか、開放的なオープンスペースでは、定期的にアート&カルチャー/ファションなど様々な情報発信が行われている。

<関連リンク>

キリコラウンジ

数寄屋橋茶房

これまでの記事

今日からはじまる  明日が変わる ギンザで磨く 働く女性応援プロジェクト

2016年秋、東急プラザ銀座×Oggi×Domani×しごとなでしこがコラボレートし、働く女性を応援する企画がスタート。このプロジェクトは大人の街・銀座・数寄屋橋に今年の春誕生した注目のファッションスポット東急プラザ銀座を舞台に、働く女性に役立つファッション情報を中心に毎月イベント・オリジナル記事など様々な形で発信していく企画です。2016年10月から2017年3月にかけて続く一大企画に注目です。

 
あなたにおすすめの記事