PROMOTION

銀座小説

2016.12.19

5 Stories~第3月曜日の女 Vol.2『ギラギラとキラキラ』

I(Inoue Shihoko)12月の女。

01

井上志保子は、デートのときに気をつけていることがある。

『楽しい』というより『嬉しい』と言ったほうが、男性は喜ぶ。『楽しい』には、即時的な匂いがして、『嬉しい』には、家に持ち帰り思い出にしたいというニュアンスが加わるような気がする。

東急プラザ銀座の6階にあるキリコラウンジから数寄屋橋の交差点の夜景を見ながら、彼女は思っていた。

「まさか、38歳まで結婚していないとは思ってなかった」。

不動産会社の同期で会社に残っているのは、あと二人。後輩の結婚披露宴にいくらご祝儀を払ってきたか・・・。

大学時代から、「結婚がいちばん早いのは、志保ちゃんだよね」と言われてきた。

大学三年のときからつきあってきた坂井場 聡と33歳で別れてから、うまくいかない。聡と結婚すると思ってきたので、婚活のノウハウがまるでないのがわかった。いわゆる女子力は、零点に近かった。

エステに通う。ファッション誌を読む。飲む美容液、ビタココ・ココナッツウォーターやスーパーフードで体の中から綺麗を意識する。

セミナーや合コンにはできる限り参加する。機会(チャンス)を多くして確率をあげることは、あらゆる賭け事の鉄則だ。

婚活に、3つの法則を発見した。

ひとつ、言葉にすること。男性は言葉を欲しがっている。「ありがとう」「こんなの初めて」「うれしい」。

ただの笑顔だけでは足りない。男性の脳に刻まれるためには、言葉だ。

ふたつ、デートはいちばん楽しい瞬間で帰ること。もっといたいと思っても、あえて帰る。男性にはいつも「次」を予感させなくてはならない。彼らにはひとによって量に差があっても、狩りのDNAが生きている。

みっつ、男性の左側に座る。男性は本能が強い。自分の心臓側に座るひとに心を許す習性がある。このひとを守らなくてはならないと思い込む。

この私なりに獲得した三つの法則を信じ、婚活に余念がなかった。

02

でも・・・。このところ、様子が変わってきた。

会社での部署異動。事務職から営業に回された。最初は嫌で嫌で仕方なかった。部長には露骨に嫌な顔をされる。

「ったく素人がきやがって」そんな視線を感じた。

ある分譲住宅物件の担当になった。土日は展示会。休みはなかなかとれない。うんざりだ、そう思っていたとき、いきなり契約が立て続けに決まった。

正直、嬉しかった。部の打ち上げで表彰された。

賞状をもらうのは、高校のときの陸上の県大会以来だ。

「いやあ、井上のおかげだよ」

部長に言われて、いい気持ちになった。

密かに勉強する。不動産は学ぶべきことが多い。知識をつければつけるほど、お客様と話すのが楽しくなった。

「ありがとう」。この言葉が志保子にはどんなエステより、効いた。

もっともっと仕事を頑張りたい、そう思うようになった。

03

『働く女性の本音』というトークショーに参加したのは、剛塚さんというイベントプロデューサーに誘われたから。都内にマンションを買おうかどうしようか悩む彼女にいろいろアドバイスをした。

「井上さん、よかったら、キリコラウンジに来ませんか?」

トレンドの最先端にいるような綺麗な女性に誘われて悪い気はしなかった。

今、志保子の目の前に拡がる銀座の夜景は自分への祝福に思えてきた。

この場所に立っていることが、どこか誇らしい気持ちを生んだ。

「あれ、あのひと・・・」

志保子の視線の先に、この間の合コンで知り合った男性がいた。

役者をやっていると言っていた不思議な空気感をまとったひと。確か、名前は、渡瀬さん。

「どうも、あの」話しかけた。

「ああ、井上さん」

名前を覚えていてくれたことが嬉しかった。

「どうして? ここに?」

志保子が尋ねると、

「いや、知り合いがね、ちょっと関わってて。なんかさ、井上さん、雰囲気、変わったね」

渡瀬はふわっと微笑みながら言った。

「そうですか」

「なんだか、目がキラキラしてる。この前会ったときは、ギラギラしてたのに」

「キラキラとギラギラ?」

「その差はね、大きいんだよ。男はね、キラキラが好きなんだ」

ラウンジ内に拍手が響いた。いよいよショーが、始まる。

 

作/北阪昌人

撮影/蓮見 徹

井上志保子’s Coordinate

04

コート¥59,000・ブラウス¥21,000・スカート¥29,000・ネックレス¥12,000・バッグ¥42,000・¥34,000(ANAYI) スカーフ¥26,000(essence of ANAYI<ALTEA>)

問い合わせ:ANAYI ☎03-5739-3032

撮影/SHINTARO

スタイリスト/渡辺智佳

『5 Stories~第3月曜日の女』は、毎月第3月曜日に更新!
Vol.1『銀座と深海魚な私』はこちら

キリコラウンジ
キリコラウンジは、東急プラザ銀座6階にある天井高約27mの大吹抜け空間。数寄屋橋交差点に面し、昼夜問わず銀座エリアの景色を一望できる。併設のカフェでドリンクや軽食を楽しむことができるほか、開放的なオープンスペースでは、定期的にアート&カルチャー/ファションなど様々な情報発信が行われている。

<関連リンク>
キリコラウンジ
数寄屋橋茶房

これまでの記事

今日からはじまる  明日が変わる ギンザで磨く 働く女性応援プロジェクト

この秋、東急プラザ銀座×Oggi×Domani×しごとなでしこがコラボレートし、働く女性を応援する企画がスタートします。このプロジェクトは大人の街・銀座・数寄屋橋に今年の春誕生した注目のファッションスポット東急プラザ銀座を舞台に、働く女性に役立つファッション情報を中心に毎月イベント・オリジナル記事など様々な形で発信していく企画です。2016年10月から来年3月にかけて続く一大企画に注目です。

 
あなたにおすすめの記事