サロン

2016.09.12

高垣麗子さんと楽しく学んできました!【しごとなでしこサロンレポート】第1回ふるさと納税入門講座

01

9月2日(金)に開催された第1回しごとなでしこサロン。記念すべき第1回目のテーマは「モデル・高垣麗子さんと一緒に学ぶ、ふるさと納税」。当日は、お仕事帰りの「しごとなでしこ」読者のみなさん総勢30名と高垣さんが一緒に、美味しいご飯を食べながらふるさと納税について学びました。

意外に簡単!? ふるさと納税のやり方は?

しごとなでしこ編集長・加藤睦美からのご挨拶のあと、ふるさと納税の申込みやクレジットカード決済が簡単にできるサイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する、トラストバンク・角田明日香さんより、ふるさと納税についての説明がスタート。

02

▲しごとなでしこ編集長加藤睦美(左)と株式会社トラストバンク角田明日香さん(右)

角田さん:ふるさと納税とは自治体への寄附。個人が2,000円を超える寄附をすると、住民税の約2割程度が還付、控除される制度です。と言っても、いまいちピンときませんよね(笑)。まずは自分がどれくらい控除されるかを確認します。これは、その人の収入や家族構成などによって様々です。「ふるさとチョイス」のサイトでは、税理士法人監修のもと、シミュレーションできるページがあるので、ぜひ活用してくださいね。

ご自身の控除上限額がわかったら、全国どの自治体に寄附をするか決めます。生まれ育った故郷でなくても、応援したい地域や旅行で訪れた地域など、好きなところを選べます。ふるさと納税は、寄附に対する「ありがとう」という感謝の気持ちからお礼の品を用意している自治体もあります。全国のフレッシュな野菜や旬の果物、お肉やお米をはじめ、伝統工芸品や旅行・温泉のチケットなどバリエーションも豊富。お礼の品から寄附先を選ばれるのも1つの方法ですが、寄附金の使い道や過疎状況・地方交付税の割合など街の状況から応援したい地域を見つけるのもとても意義深いと思います。

寄附をすると、各自治体からは「寄附金受領証明書」が届きます。これを確定申告の際に添付して税務署に持って行く、または郵送して手続きをすることで税金控除、つまり税金が差し引かれるという流れになります。

03

角田さん:ふるさと納税は自分の意思で税金(寄附金)の使い道を決められる点も魅力。一生懸命働いて得たお金をどう地域に還元するか、税金に対する意識も高まりますよね。

角田さんの分かりやすい説明に、みなさんメモを取りながら真剣な面持ちで聞いている姿が印象的でした。

高垣麗子さんがいよいよ登場! 高垣さんのふるさとチョイスは…?

ふるさと納税について学んだ後は、おまちかね、高垣麗子さんが登場。客席とステージの近さにちょっとびっくりしていた高垣さんでしたが、なごやかにトークがスタート。

04

今回のしごとなでしこサロンに先立って、ふるさと納税を実際に体験した高垣さん。今回選んだのは3つ。

一つ目は高垣さんのおじいさまのルーツでもある、長崎県大村市の甘酒。料理も大好きでマクロビ料理を作るのが得意という高垣さんは、スイーツやお料理に使いたい、とこの甘酒「大村桜」をチョイス。

二つ目は犬の殺処分ゼロ計画の支援をする広島県神石高原町。高垣さん自身も犬を飼っているため、少しでも殺処分される犬が減るように、とこの活動に賛同しチョイスしました。

三つ目は食べる事が大好き! という高垣さんらしいチョイスの山形県のシャインマスカット。高級フルーツでもあるシャインマスカットは皮まで食べられて甘みもあり、高垣さんも届くのをとっても楽しみにしていました。

ちなみに今回のケータリングは、雑誌業界で話題のchioben

今回のサロンではおいしいケータリングも登場。作っていただいたのは、雑誌撮影用のロケ弁やケータリングとして大人気の「chioben」。今回のメニューの中には高垣さんチョイスのお礼の品、長崎県大村市の甘酒と山形県のシャインマスカットを使った特別メニューも。

05

▲(写真左上から)シャインマスカット&ローストビーフ、アボカド&ほたて&バジルの春巻(写真右上から甘酒ブラマンジェ、黒米おこわのムール貝詰め、自家製サーモンマリネと里芋のブルーチーズマッシュ

シャインマスカットはシンプルに塩味で味付けしたローストビーフでロール。香ばしい塩気がマスカットの甘さをよりひきたてる逸品です。そして甘酒を生クリームや牛乳などと混ぜて作った甘酒のブラマンジェは、粒の大きい甘酒の特徴を生かして、ゴロっとした食感を楽しめるスイーツ。ほかにも、黒米おこわのムール貝詰めや、アボカド&ほたて&バジルの春巻など、ヘルシーでおいしいケータリングを楽しみました。

高垣さんの寄附先&ふるさとチョイスはこれ!

高垣さんが事前にセレクトした寄附先は3つ。ご自身の身近な地域や気になるもの、好きなものからセレクトしました。

長崎県大村市 あまざけ『大村桜』 10,000円の寄附

06

詳しくはこちら

山形県 シャインマスカット 30,000円の寄附

07

詳しくはこちら

広島県神石高原町(ピースワンコ・ジャパン協働) 殺処分ゼロ1000日計画 5,000円の寄附

08

2011年度に犬猫の殺処分数が全国ワースト1だった広島県。そこで犬猫のかけがえのない命を守り、殺処分をゼロにすべく、神石高原町は認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンが運営する「ピースワンコ・ジャパン」とともに、2016年までに広島県内での犬の殺処分をゼロにする取り組みを実施。殺処分対象となった犬を引き取り、獣医師による診断やワクチン接種などの適切な健康管理、ドッグトレーナーによるしつけを行なったり、譲渡センターなどで新しい飼い主を探します。この取り組みで2016年4月からついに広島県内の犬の殺処分がゼロになり、新たな目標として2020年までに日本の犬の殺処分ゼロを掲げています。2016年9月中に新たなプロジェクトを立ち上げる予定ですので、ぜひご支援をお願いいたします。

サロンの最後のサプライズは…

お食事を楽しんだあとは、くじ引きで当選した11名の方が高垣さんと一緒にツーショット写真が撮れるサプライズが! 至近距離で見る高垣さんにみなさん「かわいいい!」と大興奮!

09

▲大日向久美子さん「今まで知らなかった日本の地方の魅力をどんどん見つけて行きたい」

10

▲木元 静さん(左)「ぜひ挑戦してみようと思いました」永田杏奈さん(右)「大好きなお肉のふるさとチョイスが気になります」

参加者にはうれしいお土産も♥

さらにさらに! 当日参加していただいた、しごとなでしこ読者の方にはお土産のプレゼントが。高垣さんセレクトの大村市の甘酒や、鹿児島県大崎町の「鹿児島伝統菓子 さつま芋あめ」、岩手県北上市より「カシミヤ天使の栞」(天使のストールと同じ素材・品質の温もりある栞です)、そして、ふるさとチョイスよりかわいい吹き出し型の付箋がお土産に。

11

▲高垣さんセレクトの大村市の甘酒などが入ったお土産セット。

いかがでしたか? 自分で好きな寄附先が選べて、さらに素敵なお礼の品までもらえることもある、ふるさと納税。参加されたみなさんは「こんな簡単にできるとは思わなかった!」と言われる方が多く、「ぜひやってみます!」という声もたくさんいただきました。

しごとなでしこは今後、不定期で「しごとなでしこサロン」を開催予定です。さて、次回のサロンテーマは何になるのでしょうか?こうご期待くださいね!

▶ふるさとチョイス公式サイトはこちら

▶しごとなでしこサロン会員登録はこちら

 
あなたにおすすめの記事