おでかけ

2017.01.29

【潜入レポ】りぼん×東京スカイツリーコラボイベント! 地上450mで空キュンしてきた

しごとなでしこ編集部

しごとなでしこ読者の皆さん、学生時代は何の少女漫画雑誌を読んでいましたか?

少女漫画に育てられたと言っても過言ではない私ライターS、小学生時代はちゃおに掲載されていた「ミルモでポン!」でファンタジーの世界にのめり込み、りぼんに掲載されていた「ママレード・ボーイ」を読んではダブル離婚・ダブル再婚などがありながらもこっそり恋愛していくというトレンディさに憧れ…。

お小遣いを貯めては毎月1冊ちゃおを買って、友達が買っていたりぼんと交換しながら読んでいたな〜♥ しみじみ。

そんな多くのオトナ女子たちを育てた恋愛バイブル「りぼん」が創刊60周年! それを記念して、ドキドキが期待できる東京スカイツリー(R)とのコラボレーションイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE(R)」が地上450mの高さで行われています。

少女漫画 りぼん 東京スカイツリー

この60年で数多くの作品がりぼんに連載されてきましたが、今回は80〜90年代の人気作品からセレクトした、あ・の・漫画作品たちにフューチャー☆

展示やフォトスポットなどを通して当時の甘酸っぱい気持ちやドキドキ感、展望台での高揚感を同時に体験できる「空キュン♥」イベントのリアルレポートをお届けします!

東京スカイツリー・天望シャトルの扉が開いたら…恋がはじまる予感♥

少女漫画 りぼん 東京スカイツリー

天望廊へ向かうエレベーターには、作品の名場面が壁にずら〜り! 一気にマンガの世界観に引き込まれます。2台あるエレベーターは、それぞれ中の装飾が違うんですって♪

外の景色を見ながら登っていくタイプのエレベーターで、ビビリ症の人(私です)にはさっそく“空キュン♥”ポイントがやってきます…。気になる彼と行く方! 勢いで彼の手をにぎれる最初のチャンスはここです!

少女漫画 りぼん 東京スカイツリー

到着すると、どどーん!と大きい表紙のフォトスポットがお出迎え♥

実はちょっとした仕掛けがあって…

少女漫画 りぼん 東京スカイツリー

定価が、東京スカイツリーの高さ“634メートル”をもじって634円になっているんです♥ 思わず見逃してしまいそうなところまで、芸が細かいっ!

450mへ向かう天望回廊内は、「天使なんかじゃない」、「姫ちゃんのリボン」、「ママレード・ボーイ」の印象的なシーンと、窓辺にある“恋する望遠鏡”を覗くとそこには…各作品のキスシーンが! きゃー! こんなシチュエーションでのキス、憧れる〜! と乙女心がくすぐられました。キスシーンと空色とを重ねながら見ることができるこの望遠鏡で、あの頃感じたドキドキに浸ることができます♪

さらに、創刊から60年分の「りぼん」の表紙デザインを並べた「りぼんライブラリー」は圧巻! 「あっ!あの漫画読んでた〜!」という懐かしさとともに、当時の思い出がよみがえってきました。

東京スカイツリー りぼん イベント

80〜90年代の付録や応募者全員サービスのアイテムの一部を展示する「ふろくコレクション」もずら〜り展示。

少女漫画 りぼん 東京スカイツリー

この時代の、紙を組み合わせてつくる付録、大好きだったな〜。そのレトロなかわいさは今見ても胸がときめくものばかりでした♥

ライターSの一番のお気に入りポイントはこちら! 天望回廊にある451.2メートルの最高到達点「ソラカラポイント」に設置されたフォトスポット「イケメン☆カーニバル」

少女漫画 りぼん 東京スカイツリー

ちなみに私は、ご近所物語のツトムくんが大大大好きでして…人目を気にせず、ツトムくんと一緒に自撮りをしてキャピキャピしていました。あなたもお気に入りのキャラクターの隣に並んで思い出を残してくださいね♪

最高到達点の「ソラカラポイント」から見た夜景がこちら。

少女漫画 りぼん 東京スカイツリー

もう言葉はいらない美しさですね…。

スカイツリーカフェでは、漫画作品の名シーンのお皿でスイーツを提供!

このイベントに来たら絶対に立ち寄ってほしいのが「天望デッキフロア340 SKYTREE CAFE」。

少女漫画 りぼん 東京スカイツリー

ここでしか食べられない限オリジナルカフェメニューは全4種類! 各作品の名シーンを描いたオリジナルプレートにのせて提供されるメニューは、絶対に写真を撮りたくなるキュートさ♥

skytree12

おやつタイムに利用するなら、左上「晃と翠のマーブルチョコパフェ」¥950(天使なんかじゃない)がオススメ。見た目以上にボリュームがあるので、友人や彼と半分こしても◎。

軽食で利用したいなら左下「チキン・ママレード・サンドイッチ」¥1,200(ママレード・ボーイ)を! ママレードの甘酸っぱさとチキンと塩っぱさが絶妙なバランス♪

東京スカイツリー イベント りぼん

店内はほのかに薄暗く、夜景も見えるこのカフェはほんとにおしゃれな雰囲気。デートにもピッタリです♥ しかしこの「天使なんかじゃない」の晃と翠がキスしているプレート(写真右)と夜景を見ながら過ごす時間…すごくすごく、ムードがでます。私も、こんな甘酸っぱい気持ちでキスがしたいな〜とひとり物思いにふけながらもぐもぐ一人でパフェを完食。満腹です。

その他にも、各作品の表紙に入り込んだような写真が撮れる「なりきり! フォトスポット」や、AR(拡張現実)を活用したアプリで「ご近所物語」、「ときめきトゥナイト」、「姫ちゃんのリボン」のヒロインになりきれる仕掛け、スタンプポイントを5箇所回ってスタンプを集めたら、オリジナルシールがもらえたり♥ 体験型の演出が盛りだくさんです。

おうちに帰ってからも甘酸っぱい気持ちが冷めなかった私は、「ご近所物語」の漫画を読みながら寝落ちをするという、幸せな時間を過ごしました。

彼と行っていいムードを楽しむもよし、女友達といって、少女漫画話に花を咲かせるもよし。思い思いの過ごし方で、地上450メートルで“空キュン♥”してみてくださいね。

なつかしい! りぼん付録風オリジナルグッズ付きチケットを前日までに購入するのがおすすめ

東京スカイツリー天望デッキと天望回廊がセットの入場券に、なつかしの「りぼん」付録風のオリジナルグッズ(特製カレンダー&オールスターシール)が付いたスペシャルチケット¥3,700(税込)も販売中で、入場日の前日まで購入可能です。このグッズはこの特典でしか手に入らない貴重なものなので、絶対前日までにチケットを購入してから行くべし♥

skyfuroku

チケットは、東京スカイツリー®公式ホームページ、チケットぴあ販売サイト、全国のセブン-イレブン、 サークルK・サンクス店頭等で購入することができます。詳しくは、公式ホームページをチェック!

「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE(R)」
期間:開催中〜2017年3月31日(金)

▶️東京スカイツリー公式ホームページ

©彩花みん、池野恋、一条ゆかり、小花美穂、高須賀由枝、水沢めぐみ、矢沢あい、矢沢漫画制作所、吉住渉/集英社・りぼん

文/サワダユキコ

 

 
あなたにおすすめの記事