山下マヌー

2017.02.15

山下マヌー Loose Traveler (28) もう一度行きたい場所、マルタ 4泊6日の旅 その3

山下マヌー
これまでの記事

旅行コラムニスト・山下マヌーさんから届く、世界からの旅お便り。今年もう一度行きたい場所の筆頭はMALTA! 4泊6日旅の最終日リポート。

死ぬまでに絶対行っておきたいデスティネーション=Destination you absolutely want to go by before you dieをデスノート呼ぶことにし、そのリストから外せないマルタ。初めてでもお腹いっぱいの国、リアルマルタ4泊6日旅の最終日はゴゾ島。

その1はこちら

その2はこちら

マルタ旅、ゴゾ島へ向かう

夜が明けて翌日。本日ゴゾ島へ向かう途中に立ち寄ったここは【POPEYE VILLEAGE】.

映画の撮影地によく使われるマルタで撮影された映画の一つ、ポパイ実写版の際に作ったセットを「壊すのがもったいないから」とそのままテーマパークとして利用。

m1

ゴゾ島へはチェルケウワからフェリーで約30分で到着。因みにブルーラグーンで有名なミコノ島へもここから(他の場所からもいけますけど)。

img_2246

img_2245

img_2250

フェリーはかなり大きなサイズで、揺れもほとんどなくゴゾ島到着。

img_2257

img_2259

img_2267

img_2269

真っ先に向かったのが、アズールウィンド&インランドシー。途中、町に立ち寄ったりしつつ来ても良かったのだけど敢えてそうしなかった理由、それはこれに乗るため。
もたもたしていると大型観光バスに乗って大量の観光客が来る。その前に並ばず乗船、ゆったり絶景鑑賞するため。

img_2271

hhh

船の乗り場のある入江と地中海を結ぶトンネルという崩壊した崖というか・・・を抜けると・・・・

img_2286

ドッカーン大海原出現! さらに続くパノラマ大絶景!
こ、これはたしかにアズールウィンド! まさしく青の窓!
自然の作り上げたアートの大感動!

img_2293

途中、洞窟なんかにも入ってみたりなんかして

img_2281

こんなに楽しませんてもらって4€、メチャ安!

で、さっきのアーチを陸側から見るとこんな。上の薄い部分が「そろそろ崩壊しそうだ」ということで一応立入禁止になっているようです。

img_2334

カッコつけて撮るとこんな・・・

img_2345

海と風と波が作った自然の脅威と美しさを感じたら、煩悩チックな場所、クラフトヴィレッジで土産物チェックなどしてみた。

ghgh

vbv

野っ原に突然現れた立派な教会、タピーヌ教会

img_2367

img_2369

こんな田舎の教会にわざわざローマ法王もやってきたことがるというそのわけは、ここが「奇跡の教会」だから。解説によると「1833年、この教会を通りかかった農婦が聖母の声を聞き、その後人々の病気を治した」と言われ、その後「奇跡の声を聞いて命を救われた」という人々が続出。御礼の手紙や写真が教会内に貼られているんです。

そうか奇跡を呼ぶんだな。ということなら
「これから先、ウハウハな人生が待っていますように」と拝んでおいた。

美しい要塞チタデルにも立ち寄った

島のほぼ中央の丘の上に建つのが、要塞チタデル。1533年、海賊に島を襲撃された際には避難場所として、攻防の場所としての役割を果たしたといいます。

img_2378

img_2376

img_2374

マルタのイムディーナと同じように美しく入り組んだ路地、町並みがナイスです。

bnbnn

途中、当時の囚人が使用していたと思われる拷問器具? もしくは市中引き回しの際にはめられていた器具?・・・のようなものを体験できる一角発見。

img_2403

囚人ごっこの先にレストラン発見。Ta’ Rikkarduでランチ!

lkl

昔の要塞の町並みの中で当時の暮らしのスタイルのままを活かしたインテリア。どこかのデザイナーが狙って仕上げたりするのではない、あるがまま。無茶苦茶シンプルなんだけど、それで十分。本物にまさるものはないんだぁと実感。

img_2405

img_2410

ゴゾ島の野菜たっぷりサラダ、ラザーニア、お菓子でお腹いっぱいであります。

mmmmm

再びドア萌え一枚

img_2418

vavavava

ドア好きな自分、ドア萌え一枚。

img_2397

チタデルから徒歩約5分。坂を降りたところにある町、ビクトリアでお土産チェック。ゴゾ島ソルト他を購入。

img_2421

img_2423

img_2428

お土産で買った塩が作られているのがこちら、ソルトバンの塩田。
ローマ時代から作られているというから驚きであります!

img_2442

ソルトバンはまた、波と風によっていわが削られた絶景ポイントでもあり。そういえばゴゾ島では海に入っていなかったことを思い出し、海に入って地中海にマーキング完了。

zxz

ゴゾ島最後はラムラベイPorto Vecchioで夕食。やっぱりシーフードということでゴゾ島ワインと一緒にムール貝、カラマリ、何かの魚のカルパッチョと魚介で〆たら撤収&最終フェリーでマルタに戻ります。

c11

bbb

4泊6日リアルマルタ実践旅も最終日の朝となりましたよ。

マルタ空港18時05分の飛行機出発時間までたっぷり遊べるスケジュール。

最終日も貪欲に遊ぶのもいいのだけど、せっかく海の真ん前のウエスティンホテルなので、最終日はホテルでまったり。レンタルしてきたルーターを使ってビーチサイドやプールサイドでカクテルなんかを飲みつつFBやインスタアップしたりしてまったり。img_2544

img_2553

img_2634

あー楽しかった!
4泊6日でも十分お腹いっぱいマルタ旅。
「絶対行くべきデスティネーションNOTE」略して「DesNote」にリストイン忘れずに!

ということで、
18:05 TK1372 便マルタ発イスタンブール経由で日本に帰ります!

img_2656

img_2657

img_2659

あばよ!

c86e77f4-3071-473e-9107-f1ccf01ac076

協力:マルタ政府観光局

logo

ターキッシュエアライン

これまでの記事

山下マヌー Manoue Yamashita

雑誌編集者を経て旅行コラムニスト/作家に。渡航回数300回超、現在60冊目の著作を執筆中!
Travel columnist&writer after a magazine editor.
Over 300 times to foreign travel, and over 50 books of the copyright so that work.

 
あなたにおすすめの記事