グルメ自慢

2017.04.10

お腹いっぱい食べて1人1000円以下♥「世界一安いミシュラン」店へ!|新・香港ガイド

スーれいな 香港在住エディター
これまでの記事

みなさんは、「食」に対してどんなこだわりを持っていますか?

珍しい食材を扱っている、和の味付けが好み、レストランの雰囲気重視…などなど、こだわりは人それぞれですが、私の場合は、「コスパ」ファースト♥

今回は、私が香港で大満足だったお店『添好運點心專門店』をご紹介します♪

今や世界各国に支店を持つ名店『添好運(Tim Ho Wan)』

『添好運(Tim Ho Wan)』は、点心のお店。香港のフォーシーズンズホテルにある三ツ星レストランで修行を積んだシェフが、2009年にモンコックに出店したのが始まり。その後、一ツ星を獲得し、オーストラリア、シンガポール、台湾、インドネシア、マレーシアなど世界10カ国に渡ってお店を展開しています。価格帯が低いため、「世界一安いミシュランレストラン」と呼ばれています。

img_7700

▲お店に示されたミシュランの証! 2015年、2016年と連続で受賞

この『添好運』、空港へ向かうエアポートエクスプレスが出るセントラル駅の構内にもお店があり、いつも長蛇の列を目にしていました。香港でもあまりに有名であり、混んでいるので、「まだ知られていないお店から試してみようかな♪」なんて探究心から、実は後回しにしていました。

しかし地元の友人と話していたときのこと。「地元の人に愛されてて、そんなに高くないけど、おいしいお店ってある?」と聞いたところ、「あー、ここ行ったことある? 有名店だけど、高くないし、本当に地元の人はよく行くよ!」とやはり『添好運』の名前が出てきたのです! それなら行列覚悟で行ってみようと、心は決まりました。

みんなでワイワイ飲茶する、それが香港の魅力

私が訪れたのは『添好運』の北角店。香港のランチタイムと言われる1〜2時を避けて、11時過ぎに向かいましたが、それでも並んでいました。お店の外にある受付に行って、人数を告げ、注文用紙をもらいます。並んでいる間に注文を考えられて効率的。

img_7731

▲ランチタイムは過ぎてているときでも、この行列。

img_7699

▲表記は広東語・英語ですが、ホームページに写真付きでメニューが載っているので、写真を見ながらも頼めます。右上の数字は、3が人数、98は受付番号です。呼び出しは英語でもしてくれます。

中に入ると、家族や、友人同士、4人以上で来ている人が多く、満席! 皆で点心をいろいろ頼んで、楽しく会話しながら食べています。実は「飲茶」は「お茶を飲みながら、点心をつつく」行為のことを表していて、表現としては「飲茶を食べる」というのは間違い。本当は「飲茶をする」というのが正しい言い方だと、以前地元に住む日本人に教えてもらいました。ここにはまさに飲茶をしている人がたくさん!

img_7702

▲賑わう店内。観光客では韓国、台湾などの若い人が多く、他は地元の人でした。

まずは欠かせないメニューとして、名物である「酥皮焗叉燒包(チャーシュー入りパイナップルパン)」を注文。そのほか、間違いないエビシューマイ、春巻きなど好きなメニューを頼みました。

img_7706

▲「酥皮焗叉燒包(チャーシュー入りパイナップルパン)」。外はカリカリ、メロンパンのよう。中には甘〜いチャーシューの餡が入っています。

img_7720

「写真晶瑩鮮蝦餃(エビシューマイ)」。安定のおいしさで、点心では必ず頼むメニューです。

img_7716

「古法糯米雞(ちまきのようなご飯)」。個人的にはこれがすごくヒット! お米は餅米で、日本のちまきのように馴染みのある味。

img_7721

「雜菜蝦春卷(エビの春巻き)」。素材の鮮度の良さに驚いた一品。

img_7725

「煎臘味羅白糕(大根もちのようなもの)」。大根ではなくカブでしたが、シャキシャキして食感が抜群。

img_7727

店内でせっせと作られる点心。満席でも頼んだ品はすぐ来ました!

大人2人で、5品頼み、お腹いっぱい。味もクセがなく、文句ナシ!でした。

注目のお会計は!?

(ダラダラダラダラ〜 ※ドラムの音のつもり)

なんと119HKD(約¥1,760)!!
1人につき¥1,000に満たないという衝撃の金額でした。 女子旅でワイワイしながら、ぜひ飲茶してみてほしいです!

ではまた、再見(ヂョイギン)♥

【名称】添好運點心專門店/ Tim Ho Wan, the Dim-Sum Specialists
【住所】Shop B, C, & D, G/F, 2-8 Wharf Road, Seaview Building, North Point
【TEL】(+852)2979-5608
詳細はこちらから

これまでの記事

スーれいな 香港在住エディター

モード系、コンサバ系のファッション誌の編集を経て、フリーエディターとして活躍中。国際結婚を機に香港に移住し、現地で地元フリーペーパーに執筆や、日本の女性誌のライター、翻訳を行う。只今、ノマド海外ライフを送りながら、二歳の娘の育児に奮闘する日々。

 
あなたにおすすめの記事