エンタメ

2017.04.21

「昆ちゃんはエマ・ワトソンさんにそっくり」【美女と野獣 山崎育三郎&昆 夏美】仲良し対談(前編)

しごとなでしこ編集部

映画『美女と野獣』は本日公開!

魔法の力で野獣に変えられてしまった王子と、家族を愛する聡明なヒロイン・ベルが惹かれあっていく姿を描いた、ディズニー・アニメーションの不朽の名作『美女と野獣』が実写化で生まれ変わります。

本作のプレミアム吹替版で野獣とベルの声を担当するのは、ミュージカル界のプリンス&プリンセス、山崎育三郎さんと昆夏美さん。以前から良く共演していたというだけあって息はピッタリ。

今回はおふたりが野獣とベルの役に決まった時の心境や、ディズニー映画に対しての印象を聞いてきました!

ok2_mg_5296

「今まで受けたオーディションで一番楽しかった」(昆さん)

――名作『美女と野獣』に出演すると決まった時の心境を教えて下さい。

昆:小さな頃から、『美女と野獣』の大ファンだったんです。だからこそ、実写化するというニュースを聞いたときは、純粋に楽しみな気持ちで注目していたんですよね。まさか自分が関わることができるとは思ってもいなかったので、オーディションのお話をいただいたときは、「あの『美女と野獣』ですか!?」と驚いたくらい(笑)。こんなチャンスはもう二度とないと思い、言葉では表せないくらいの熱量で挑ませていただきました。

山崎:ちょっと落ち着こうか!

昆:思い出したらテンションが上がってきてしまいました(笑)。

――オーディションは緊張しましたか?

昆:緊張よりも、楽しさの方が大きかったですね。大好きな作品をイメージしながらだったので、すべてが楽しかったんです。今まで受けたオーディションのなかで、一番楽しかったです。

Belle (Emma Watson) comes to realize that underneath the hideous exterior of the Beast (Dan Stevens) there is the kind heart of a Prince in Disney's BEAUTY AND THE BEAST, a live-action adaptation of the studio's animated classic directed by Bill Condon.

「僕のルーツは、ディズニー映画」(山崎さん)

――山崎さんは、ディズニー映画に対してどんな印象を持っていましたか?

山崎:僕も子供の頃からディズニー映画が大好き。最初に見たのが『アラジン』だったのですが、劇中歌の『ホール・ニュー・ワールド』に圧倒されて、何度もビデオを巻き戻しながら見ていたんです。

――山崎さんのルーツはディズニー映画なんですね。

山崎:そうですね。“ミュージカル”を知ったのは、ディズニーがきっかけ。ディズニー映画に出会わなければ、ミュージカル俳優にはならなかったと思うんです。だからこそ、そのディズニー映画に携わることは大きな夢。これは絶対に僕がやりたいと思って、オーディションを受けるときに、自分なりの野獣を作りこんで挑みました。

――山崎さんが想像する野獣はどんなものだったんですか?

山崎:やはり、ガタイがよくて、バリトンの低い声が響くようなイメージでした。僕の普段の声ではダメだと思い、とにかく低い声をだすようにしていたんです。でも、いざオーディションに行ってみたら、「王子様が魔法の力で野獣になっているのだから、そのままの声でいい」と言われたんです。たしかに、王子が野獣になってどう感じているのか、どう自分と向き合っているのかを出すのが一番大事なことですよね。そこで心をリセットして、あらためて自分が思う、“魔法にかけられ、野獣になった王子”を表現したんです。

ok2_mg_5321

「服を着ていない状態で、合格報告を受けました(笑)」(昆さん)

――ちなみにおふたりが合格の報告を受けたのはどんなシチュエーションだったんですか?

昆:実は、合格の連絡をいただいたその日に、プライベートで温泉に行っていたんです。お風呂からあがって、ロッカーをあけてケータイをみたら、マネージャーから何件も電話がかかってきていたんですよ。まさかベルの役に合格するなんて思ってもいなかったので、「何か悪い事でもしたかな…」と不安なままかけなおしたら、「ベル役に決まったよ!」と言われ、何も服を着ていない状態で「えぇーーー!」って叫んじゃったんです(笑)。あまりに驚いて、細胞から喜んでいる感覚でした。

山崎:あはは。僕は逆に冷静でしたね。すごいことだとはわかるんだけど、実感がなくてすごく冷静に「そうですか」って返事をした気がします(笑)。きっと、大人は冷静になる人の方が多いと思うよ(笑)

「相手役が昆ちゃんでよかった」(山崎さん)

昆:え~!? 私も大人なんですけど!(笑)。でも、野獣の役を山崎さんが演じられると聞いて、すごく安心しました。

山崎:本当は、新しい素敵な出会いを期待したでしょ?

昆:いやいやいや(笑)。私がミュージカルに初めて出演させていただいた『ロミオ&ジュリエット』で共演してから、何度も一緒に舞台に立たせていただいていたので、すごく安心したんです。それに、山崎さんを心から尊敬していますし、なにより頼もしいですからね。ふたりで『美女と野獣』のすばらしさを伝えられたらいいなと思いました。

ok_mg_5340

山崎:僕は昆ちゃんがベルに決まったと聞いて、“ぴったりだな”と思ったんです。この若さで実力もありますし。それに、一緒に何百ステージも演じてきたミュージカルの仲間だからこそ、お芝居をしているイメージがしやすかったので、アフレコがやりやすかったです。それに、昆ちゃんはエマ・ワトソンさんにもそっくりだしね!

昆:もう、やめてくださいよ(笑)! いつもこうやってからかってくるんですよ。

山崎:いやいや、昆ちゃんはミュージカル界のプリンセスですからね。そんな僕らが演じる、新しく生まれ変わった『美女の野獣』を、ぜひ楽しんでもらえたらと思います。

後編 coming soon

<PROFILE>
山崎育三郎 1986年1月18日生まれ。2007年にオリジナル演出版ミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役に抜擢。甘く気品のある歌声、確かな演技力で多くの観客を魅了。『エリザベート』『ロミオ&ジュリエット』『プリシラ』など、ミュージカルを中心に数多くの舞台に出演。近年はドラマ出演やカヴァーアルバムリリースなど、活動の場を広げている。

昆夏美 1991年6月28日生まれ。大学在学中にプロ作品で初めて挑んだ『ロミオ&ジュリエット』のヒロインオーディションを勝ち抜き、ジュリエット役でメジャー作品プロデビュー。『ミス・サイゴン』『レ・ミゼラブル』『グランドホテル』『アダムスファミリー』などのミュージカルに出演。

文/高橋あや 撮影/渡辺まりこ

映画『美女と野獣』は4月21日(金) 全国ロードショー

監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
原題:Beauty and the Beast
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 
あなたにおすすめの記事