エンタメ

2017.01.29

楽しみ方は人それぞれ! 映画『沈黙-サイレンス-』リピ観のススメ

奥村百恵 映画ライター

巨匠スコセッシ監督が28年の時を経て映画化

2017年1月21日に公開されたばかりの映画『沈黙-サイレンス-』。
みなさんはご覧になられましたか?

本作は、戦後日本文学の金字塔にして世界20か国以上で翻訳され、今も読み継がれている遠藤周作の「沈黙」を巨匠 マーティン・スコセッシ監督が28年の時を経て映画化したもの。

01

 

舞台は17世紀の江戸初期の長崎。
激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本に辿り着いたポルトガル人の若き宣教師は想像を絶する日本人信徒たちの苦悩と惨状を目にするー。

西洋と東洋の断絶を超え、人間にとって本当に大切なものとは何かを問いかけます。

マーティン・スコセッシ監督、来日インタビュー

先日行われたジャパンプレミアでは、スコセッシ監督が来日。
会見では「積年の思いでようやく完成させることができました。日本の皆さんにこの作品を受け入れてもらうことができて夢が叶った思いです。ありがとうございます」と感謝の言葉を延べ、「日本で原作を読んだのですが、その時に映画化したいと思いました。ところが、どう解釈して、どう作るべきなのかわからなかったのです。自分の宗教観や疑念、そして日本文化への理解がまだ足りなかったということもあると思います。試行錯誤しながら、学びながらこの作品と向き合っていきました。作品は完成しましたが、これで終わりとは思っていません」と、作品へのアツイ想いをお話されていました。

dsc02987
さらに、映画が完成するまでの期間を振り返ると共に現在の心境も。
「今もこの作品と共に生きている感覚。本作は信じることや疑うことの苦悩を描いています。そういった気持ちが創作意欲を掻き立ててくれました。この作品が弱さや懐疑心を抱く人に響いてくれれば幸いです。劇中でキチジロー(窪塚洋介)が『弱き者はどこで生きていったらいいのか?』と言います。それは今の時代と重なるところがあります。本作は弱き者をはじかず、招き包容することを語っているのです。人が人として生きることの真価は何かとということについて考えるきっかけになれば嬉しいです」

 

03

 キャストの萌えポイントを探しながら観るのも楽しい

本作、描かれているテーマの壮大さに敷居が高く感じられて劇場へ足を運ぶのを躊躇している方もいるかもしれませんので、私の超個人的な本作の楽しみ方もご紹介したいと思います。

ずばり申し上げると、「キャストの萌えポイントを探しながら観る」。それぐらい気楽な気持ちで楽しんで頂くのもアリなのではないでしょうか。

では具体的にどんな萌えを見つけたかといいますと、まず主演のアンドリュー・ガーフィールドに対しては彼が主演した『アメイジング・スパイダーマン』のスパイダーマン役でかなりキュートなイメージを以前からもっていました。ところが本作では笑顔を封印して宣教師として苦しむ表情ばかり…でも、チャーミングな彼ならきっと萌えポイントはあるはず!そう思いながら観ていると、劇中で窪塚洋介さん演じるキチジローと出会ったアンドリュー演じる宣教師のロドリゴは、ことあるごとに「キィチィジィロ〜!」と連呼するではありませんか!

04

 

そして同じく宣教師役を演じたアダム・ドライバー…そう、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でこじらせ男子カイロ・レンを演じていたあの彼です! 彼も同様に「キィチィジィロ〜!」と不安そうにキチジローの名前を何度も呼ぶんですよね。ハリウッド俳優の二人が微妙な発音で一生懸命「キィチィジィロ〜!」と発するたびに悶えるという本編には何の関係もないかなりマニアックな楽しみ方をしてしまいました。

05

 

だって、外国人俳優が話す日本語ってちょっと不器用で可愛く思えませんか?

というわけで、「敷居が高いかな」と思うような作品でも自分なりの楽しみ方を見つけて、観ているうちに気づけばどっぷりと作品の世界観に入り込んでいるぐらいのほうが最初から構えて観るより楽しめるような気がします。

「人間の強さ、弱さとは?」「信じることとは?」そして「生きることの意味とは?」と真面目に考えながら観るもよし、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也…実力派俳優たちの白熱した演技に注目して観るもよし、「ロドリゴかわいい! がんばれ!」と心の中で独り言をつぶやきながら観るもよし。

06

 

きっと、1度みたらリピ観したくなること間違いなし。あなたなりの『沈黙-サイレンス-』の楽しみ方で本作に触れてみてはいかがでしょうか。

『沈黙-サイレンス-』 絶賛上映中!
(c) 2016 FM Films, LLC.  All Rights Reserved.

 
あなたにおすすめの記事