エンタメ

2016.12.30

中島裕翔 壁ドンをうまくできるタイプではない|映画『僕らのごはんは明日で待ってる』インタビュー連載vol.1

映画「ぼくごは」は、うるキュンラブストーリー♡

bokugoha main

実力派俳優として様々な作品に出演しているHey! Say! JUMPの中島裕翔さん。主演を務める映画「僕らのごはんは明日で待ってる」では、初の本格派ラブストーリーに挑戦! 今作はネガティブな葉山亮太(中島裕翔)と、ポジティブな上村小春(新木優子)による7年越しの「うるキュン」ラブストーリー。

性格が反対でありながら運命で結ばれていた2人だったが、大学生になったある日、小春にいきなり別れを切り出されてしまう。実は小春は亮太には言えない、ある秘密を抱えていたのだった――。主人公・亮太は、その運命の恋に翻弄されながらも真実の愛を探し求めていくというストーリー。

今回は、3回に分けて送るインタビュー連載の第一回目。中島さんが演じる「亮太」の印象や、思わず「キュン」としたシーンなどについてたっぷり聞いてきました!

ラブストーリーをやると聞いて、「壁ドンが上手くできるタイプではないのでどうしよう」と悩みました(笑)

———最初にこのお話を受けたときのことを教えて下さい。

スタッフの方から『次はラブストーリーをやるよ』と言われた時点で、ドSの男子が女の子に対して何か仕掛けたりするようなものを想像したんです。僕は壁ドンとか上手くできるタイプじゃないし、どうしようと一瞬悩んだんですが、タイトルを聞いた時点でそのタイプの話ではないなと気づいたんです(笑)。まず、ごはんという表記がひらがなで書かれているだけで、やわらかさと温かさが伝わってきて、きっとステキなお話なんだろうなと想像できたんですよね。そのすぐあとに、脚本を読んで、僕が演じる亮太が、小春と出会って成長していく姿にすごく感動したんです」

bokugoha2

———演じていて難しいと思ったところは、どんな所でしたか?

「亮太は、兄を病気で失くしてから、自分の殻に閉じこもってしまい、人とのコミュニケーションをとらなくなってしまったんです。でも、小春と出会い、生きる上でのポジティブさを分けてもらうことで、生き方が変わっていく。最終的には、不格好に自分の想いのまま、がむしゃらに動いていくんですよ。そんな亮太の心情の変化を自然に演じるのは、すごく難しかったですね。というのも、亮太はやろうとしてそうなっているのではなく、心がそう動いたからやっているんです。僕は、周りの目を気にしてしまうタイプなので、こんな風に気持ちだけで純粋に動ける亮太に、すごく憧れました

ドS男子の役は、同じ中島でもSexyZoneの方が適役だと思います(笑)

———役作りはされたんですか?

「実は、監督が『亮太は中島君そのものだから、そのままでいい』って言ってくださったんです。そう言っていただいてからは、演じることがすごく楽になりました。これまでは、役に対して自分を近づけていくようなアプローチで演じていたんですが、今回は、自分のクセやどうしても作ってしまう表情などを削って、より自然な姿で演じることを心掛けたんです。それに慣れてくると、どんどん手ごたえを感じることができて、亮太に自分の経験してきた感情を乗せることが出来てきたんです。これは今までにない感覚だったので、すごく嬉しかったですし、楽しかったですね」

bokugoha3

———ちなみに、最初に想像した「ドS男子」は演じてみたいですか?

「う~ん(笑)。もちろん、機会があったら演じてみたいとは思いますが、そういうのは、Hey! Say! JUMPの中島ではなくてSexy Zoneの中島(健人)にお願いした方が適役だと思いますよ(笑)」

———あはは。今作では、「キュン」とするシーンもたくさんありましたよね。中島さんが心ときめいたシーンはどんな所でしたか?

「ふたりで米袋ジャンプをするときに、小春が紐を縛りながら、嬉しいような、恥ずかしいような何とも言えない表情をしているんです。そこが当時の2人の関係を上手く表しているようでキュンとしましたね。あとは、小春がケンタッキーのチキンを真似して亮太に作ってくれるシーンにも、ときめきました。このふたりは、兄を亡くしていたり、両親がいなかったりと、家庭の事情が複雑なんです。だからこそ、些細な出来事で笑い合ったりすることがすごく幸せなんですよね。もちろん、油がついたままの手なのに衝動的に抱きしめたりと、目に見えるようなときめくシーンもありますが、自然な中で生まれてくる会話ひとつひとつに、キュンとさせられました。おだやかなシーンのなかにも、そういったときめきが散りばめられているので、じっくり楽しんでもらえたらと思います」

bokugoha5

↑なぜ、亮太はカーネル・サンダースを持って走っているのか?!
次回は、このシーンの裏話や、Hey! Say! JUMPのメンバーとの絆についてうかがいます。お楽しみに♡

「僕らのごはんは明日で待ってる」は2017年1月7日(土)よりTOHOシネマズ新宿他全国ロードショー。

文/高橋あや

インタビュー vol.2はこちら

01

出演:中島裕翔(Hey! Say! JUMP) 新木優子 ほか
監督・脚本:市井昌秀
原作:瀬尾まいこ「僕らのごはんは明日で待ってる」(幻冬舎文庫)
配給:アスミック・エース
主題歌:『僕らのために…』ケツメイシ(avex trax)
公式サイト:bokugoha.com
(C)2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会

 
あなたにおすすめの記事