エンタメ

2016.12.07

松坂桃李&菅田将暉主演映画「キセキ ーあの日のソビトー」あなたは、本当のGReeeeNを知っていますか?

なでしこ試写室

あなたの夢は、何でしたか? その夢は、叶いましたか? その夢、今からでも間に合うかもしれません

『キセキ』や『遥か』など、誰もが知っているあの歌を歌っている覆面バンド、GReeeeN。恥ずかしくなるくらい熱くて、まっすぐで、でも聴き手は彼らのことを「青い」と言いながらも、本当は誰もが熱い思いを感じたいからこそ、聴き入ってしまう――。

GReeeeN
彼らはいったい何者なのか。これまで、彼らは歯医者が本業という理由で、素顔をまったく公開してきせんでした。公開をしない=露出がないということ。テレビにでることなく、ただ口コミだけで、曲の力だけで国民的アーティストになった彼らの半生を、なんと映画「キセキ ーあの日のソビトー」で、しかも松坂桃李、菅田将暉という豪華すぎるキャストで実写化するのです。

main

GReeeeNのリーダーであるHIDEを演じるのは、菅田将暉。そして、その兄であり、一度メジャーデビューを果たすも、音楽に挫折する兄、JINを演じるのは松坂桃李

PUB_SAS6829_3-2

実際にJINのバンドはブレイクすることなく、GReeeeNを結成した弟の才能を見抜き、プロデュースにまわるのですが、これが大当たり。プロの音楽知識を持つJINと、感性豊かな才能を持ち、まっすぐでピュアなHIDEという兄弟は、音楽という道を選ぶのですが、そこには、超えなくてはいけない大きな壁が――。そして、そこに覆面グループとして生きなくてはならない理由があったのです。

自分とは何か。夢とは。そして現実を生きるとはなにか

夢だけでは前に進むことはでいない。でも、夢は諦められない。そんなHIDEが選んだのは、歯医者と音楽、両方とも諦めないという道だったのです。

sub3

この映画では描かれていませんが、実際にGReeeeNのメンバーは、東日本大震災の遺体の身元を判明させるために、歯医者として現地に赴くなど、歯医者としてもしっかりと道を歩んでいます。その一方で、今でも良曲をずっと生み続けているんです。

sub2 Ltyt160623_3078

そんな「今」を生きている彼らは夢物語ではありません。本当の、物語なのです。

あなたの夢は、何ですか? あなたは、どんな夢を見ていましたか?
その夢は、叶いましたか? 諦めて、後悔はないですか?
その夢は、今からでも間に合いませんか?

そんな言葉を胸の奥にガシガシと届けてくれるこの「キセキ ーあの日のソビトー」、ぜひ、あなたに見てもらいたい作品です。(高橋あや)

『キセキ ーあの日のソビトー』
2017年1月28日(土)より全国にて公開。
【出演】松坂桃季、菅田将暉 ほか
【監督】兼重淳
【主題歌】GReeeeN「ソビト」(ユニバーサル ミュージック)
公式サイトはこちらから
©2017「キセキーあの日のソビトー」製作委員会

 
あなたにおすすめの記事