川村桃子大人婚

2017.01.23

お祝いギフトと内祝い|スタイリスト川村桃子の36歳大人Wedding計画 vol.11

スタイリスト 川村桃子
これまでの記事

スタイリストの川村桃子さんが春に行われる大人Weddingへの道のりを赤裸々に綴る好評連載。

▶第1回 キュンキュン♥の「プロポーズ」はこちら。
▶第2回 ルンルン♪の「式場選び」はこちら。
▶第3回 じ、実は…の「国際結婚」はこちら。
▶第4回 キンチョーの「両家顔合わせ」はこちら。
▶第5回 お・も・て・な・し・の「花嫁修行」はこちら。
▶第6回 目からウロコ!の「ドレス選び」はこちら。
▶第7回 ダメ恋続きだった「過去の恋愛」はこちら。
▶第8回 今ならわかる「彼との結婚の決め手」はこちら。
▶第9回 新妻らしい「結婚後初めて迎えたお正月」はこちら。
▶第10回愛の巣で事件勃発!?の「新居」はこちら。

今回は、「お祝いギフト」と「内祝い」のお話。

top

うれしかったお祝いギフトの一部をご紹介します!

結婚が決まって以来、たくさんのお友達にお祝いしてもらいました!!
自分も結婚が決まった女友達には数々のお祝いを贈ってきましたが…、いざ自分がその立場になると、こんなに嬉しいもんなんですね(笑)。
お祝いのギフトもいろんなことを考えて選んでくれたんだな〜と思うと、本当にありがたくって、感謝、感謝でございます。

今回はたくさんお祝いでいただいたアイテムの一部をご紹介。

これから花嫁さんになる人、友達へのウエディングギフトを探している人、ぜひ参考にしてみてください♪

中高時代の親友2人からは…「1616/arita japanのTYパレスプレート」

sara

「欲しい物をリクエストして!」と言われたので、図々しく(笑)。
パレスホテル東京のために作られた有田焼で、クリーンな感じが和洋関係なく使えていいな〜と。

短大時代の親友からは「Russell Hobbsの電気ケトル」

ketle

毎朝、紅茶を飲む私にとって、ありがたい便利アイテム。お湯を沸かすのが楽になるし、何よりスタイリッシュでお部屋の雰囲気の邪魔にならない! 毎日これで沸かして美味しい紅茶を飲んでます♪

仲良しお姉様方からは「作家物の鼠志野焼きのお茶碗」

chawan

毎日使うものだし、大人だからちゃんとしたお茶碗買わないといけないなぁ…と思っていたタイミングで頂いたのにはビックリ!! さすが一時期、週3で会っていただけの以心伝心感♥。なんでもお見通しです(笑)。

ダンナさんの会社の同僚の方からは「夫婦椀」

owan

贈ってくださった方とダンナさんは、彼らいわく似たもの同士。よく仕事終わりに2人で飲んで帰ってきます。どちらもお酒が大好き&強いので、二日酔いの朝はしじみのお味噌汁を作ってこのお椀で出してあげよーっと♡

短大時代の友人達からは「remy pan +」と「remyキッチンツール」

remipan

これ、リニューアルされたレミパンなんですよ! テレビで昔から平野レミさんのレミパンを見るたびに「便利そうだけど、色がポップ過ぎかも…」と思っていたのですが、リニューアルされたremy pan+はスタイリッシュだし、フライパンのハンドルにキッチンツールが磁石でくっつくんです!! まぁ便利だこと♪

プレス仲良しチームからは「SIDE SLOPEのニットクッションカバー」と「マグカップ」

kusho

さすがオシャレプレス! ニットブランドの「サイドスロープ」にクッションカバーがあったなんて知らなかった!! カシミア混で肌触りもよく、冬のソファ周りに温かみが出せました。

mug

毎朝、このマグでダンナさんはコーヒー、私は紅茶を飲んでいます♪

お世話になった編集の方々からは「錫のお箸置き」

hasioki

富山県高岡市の鋳物のブランド、「能作」の水引がデザインされているお箸置きで使いやすい!!
陶器製のお箸置きよりテーブルにヌケ感が生まれる感じで、いいんです。洋服のコーディネートもそうだけど、食卓にもヌケ感って大切です(笑)。

仲良し女子アナ夫婦からは「今治タオルのすごいタオル極み」

towl

その名の通りフワフワを極めております★★★ 今治タオルならではの吸水性のよさもあって、お風呂上がりは幸せな時間に。なんだったら、ブランケットにもなるんじゃないかってくらいの厚みがあるんだけどフワフワなんです♪

内祝いは…「京都 雲月の小松こんぶやじゃこ」に

uchi

みなさんセンスはもちろん、実用にも優れた素敵なお祝いで、日に日に内祝いに対するプレッシャーが(笑)。いろいろと考えたのですが、自他ともに認める“食いしん坊”な私らしく、自信を持ってオススメできる食べ物に決定!

それは、いつも行くネイルサロンのお向かいにある「京都 雲月」のもの。小松こんぶやじゃこだったら、日持ちするので、お返しする相手によって選べるのもいいな〜と。老舗だから、有名店だから、で選ぶのもいいとは思うんですが、やっぱり自分で食べたことがあるとないとでは、オススメ度に差が出るのではないかと…。
なーんて言ってますが、”京都”ってフレーズの力を借りたかったのも正直なところ(笑)。なんかほら、”京都”ってだけで一気にクラスアップする感じ…しますよね??笑

 

<この連載は毎週月曜日更新です>

これまでの記事

スタイリスト 川村桃子

1980年東京都出身。B型。
スタイリストの金子綾さんのアシスタントを経て、『CanCam』で独立。『CanCam』では主にえびちゃんOL企画などを担当し、その後は『AneCan』ほか女性誌、TV、WEB媒体などで活躍中。
instagram:@momo_k1014
▶️Blogはこちら

 
あなたにおすすめの記事