結婚あれこれ

2016.12.18

今どきの結婚紹介所についてお話しします|本気の婚活道場Lesson8

石川未樹  結婚アドザイザー

01

本気の婚活道場連載を担当している「楽天オーネット」結婚アドバイザーの石川です。

私が勤めているのは、いわゆる結婚相談所と呼ばれる会社。年代問わず、結婚を希望される男女が会員にいらっしゃいます。でもしごとなでしこの皆さんの中には、結婚相談所ってどんなところ?って訝しげに思っている女性も少なくないと思います。そこで今回は今ドキの結婚相談所のこともお伝えします。

結婚を考える前に、ときめく人と出会い、恋愛をはじめること

結婚相談所と聞くと、モテない男女が相談に行くところと思っていませんか? 実はそんなことないんですよ。また私たち結婚アドバイザーは、いくら条件が折り合っても好きでもない人との結婚はすすめません。

職場で出会う、友人の紹介で出会う、と同じように出会いの場として捉えていただければいいんです。どんなシチュエーションで出会ったとしても、ときめいたらまずは恋愛! これって当たり前のことですよね。でも考えてみて。職場にもときめく人がいない、友人に紹介してもらってもうまくいかない…そんなしごとなでしこさんてたくさんいらっしゃるのではないかしら?

そんな人たちのための出会える大人の社交場と考えていただければいいかもしれません。

だって、結婚というのはひとりで考えることではありません。相手がいてはじめて考えるべきもの。まずときめく人と出会って、また会いたいなとお互いが感じ、もっと一緒にいたい、この人の前だと自然体でいられる、離れがたい、ずっと一緒にいたい…という段階を経て、はじめて「この人と結婚するのかな?」となるんです。

だから恋人のいない状態なのに「私、結婚どうしよう…」って悩んでいるのっておかしなことなんですよ。まだそう思える人と出会ってないのであれば、自分が人生において結婚という選択をするかどうかもわからない状態なんです。

結婚相談所に相談にいらっしゃる方は「親や友人などから結婚についてあれこれ言われているし、いずれしたほうがいいかなと思って…」「恋愛をしたことがないので、まずは恋愛をしてみたい」「仕事もプライベートも充実している今の状況に不満はないけれど、自分自身が結婚したいのかどうかわかりたくてきました」など、いろいろな思いをもっています。

でも全員に共通しているのは、結婚に少なからず興味があるということ。自分の人生の中に結婚する、結婚しないの選択肢の中で迷っている人なんです。私はね、迷うくらいなら本気で婚活をしてみればいいと思うんです。やってみないとわからない、見えないことって人生にはたくさんありますから。

婚活のスタート。まずは自分の求める相手を考えてみて!

では婚活の第一歩。自分の理想の相手を具体的に想像してみてください。

あなたの身の周りにその理想の相手はいますか?
仕事先で恋愛に発展しそうな方がいますか?
休日は異性に出会うような場所に出かけていますか?

もしいずれの答えもNOの場合は、あなたのこれまでの生活テリトリーには出会いがないということになります。でももし今生活する範囲にいないのならば、一歩外に出てみたらいいと思うの。一度、テリトリーの外へ出てみて、いなかったらまた別方面に行く、そんな感覚でやってみたらいいんです。

02

よく私が魅力的な女性に言うのは、「砂漠の真ん中で自分という花を咲かせていても誰にもみてもらえないでしょう? でも街中ならば、あなたは1本3千円のバラなんです。でも砂漠にいたままでは、ひとりで枯れていくだけなのよ」と。

あなたは今誰一人いない砂漠で花を咲かせていませんか?

反対に男性には婚活とはマーケティングであるとお伝えします。「どの層にどのようにアプローチすれば成果が出せるのか。勝てる土壌の中に入っていくのだから、やるしかないでしょう?」と。これは男性たちが日頃から仕事として行っている得意分野ですから、このように説明すると腑に落ちるみたい。

頑張っている男性って、とにかく忙しい時代。さらに彼らの中には社内恋愛はご法度と考える人も多いんです。うまくいけばいいですが、うまくいかなかったときにリスクが高いからでしょうね。そういう意味では学生時代の友人以外、彼らにもまた出会いがないんです。

結婚相談所は、社会の縮図そのもの

実際にね、来ていただければわかるのですが、結婚相談所は電車に乗っているのと一緒です。あら素敵という人もいれば、いやー近寄らないで!と思う人もいます。つまり社会の縮図のまんまということ。だから、決してがっかりするばかりではありません。

とはいえ、結婚相談所というのは有料サービスです。ですので、無理強いするつもりは毛頭ありません。

婚活で大事なのは、たった一人の人と出会うこと。そのために今のテリトリーから一歩外へ踏み出すこと。その方法のひとつとして結婚相談所という選択肢もあると考えてくださいね。

03

石川未樹 結婚アドザイザー

2003年楽天オーネットに入社。銀座支社長を経て、現在は北海道から関東甲信越地区まで14支社を統括するエリアマネージャー。 ロジカルでありながら優しさのあふれるアドバイスと母、妻としての見地からの鋭い視点で、これまで1000名以上の会員を成婚に導くカリスマアドバイザーとして活躍。 新人育成支社も兼務しており、多くの新人アドバイザーが彼女のもとで研修を受け現場へと巣立っており、社内でも信頼が厚い。

 
あなたにおすすめの記事