40代ガチ婚活

2016.12.15

40歳で一念発起!運命の相手に出会ったエディターTのガチ婚活レポート8

エディターT
これまでの記事

結婚はしたいけれど、なんとなく日々を過ごしていた私エディターT。40歳で捨て身の婚活の末、まさかの結婚(!)に至りました。実際にやったこと、リアルに感じたことをくまなくお伝えします。真剣に婚活をお考えの方に、少しでも参考になれば幸いです。

ガチ婚活レポート1はこちら

01

40歳からの本気婚活:NGその3 キラキラSNS女子はコワイ

突然ですが、皆さん、耳アカってどうしてますか?

無事、挙式&披露宴も終わり(迷える40代のドレス&会場&引き出物選びについても、いつかちゃんと書きたい)、ホッとしたのもつかの間、突然耳が腫れ、耳鳴りや耳痛が激しく、さすがにまずいと思って病院に行ったところ、

「耳かきしすぎの外耳炎です」と。

…え。私、めったに耳かきしないのに(すみません)、花嫁だからって張り切って耳かきしすぎたんでしょうか。疲れのために免疫力が落ちていたのもあって、菌も入ったらしい。

余談ですが、日本人は耳かきしちゃダメだそうですよ。

日本人の耳アカはもともと渇いているので勝手に外にポロッと出るんだそうです。それを無理して搔き出すと、逆に守るものがなくなって余計なゴミが入るらしい。ほっとけばいいらしい。逆に欧米人は、ねちょねちょしてるので定期的に耳掃除しないとふさがれちゃうとのこと。

「今後、耳かきはしないでください! それ、欧米人の習慣ですから」って叱られました。

あ、また話がそれました。

 

さて、これまで“本気婚活行動”として、結婚する気のない男との縁を切り、周囲に結婚したい宣言をし、リア充からの誘いを断らず片っ端から参加したことはお伝えしました。

中でも、30代リア充の集いに参加したことで【私がいちばん変わったこと】は何か?

それは、【急激にSNSを使い出した】ってこと。

それまで、フェイスブックやインスタ、ラインなどアカウントはもってるけれど、ほぼ無発信。そもそもアナログ派なので(こんな仕事してるのに)、まったく使いこなせてなかったんです。

でも、30代リア充の集いのお誘いは、フェイスブックかラインが基本。イベントが終わった後も、写真のアップや感想のやりとり、ぜーーーんぶ、SNSなんですよね。

仕事中に、ブーブーブーブー、バイブする携帯。ラインにしてもフェイスブックにしても、誰かが何かコメントする度ブーブーブー。……まあ、それは仕方ない。

それよりなによりビビったのは、タグ付けやらグループ機能やら、何がなんだかわからないまま、私が若い男女に囲まれてワーキャー♥ ウェイウェイ♥ やってる写真が全世界にさらされているっ!!

02

ひいぃいいーっ!(これ、40代アナログ派SNSあるあるじゃないですか?)

それだけではありませんでした。

行動その2で、周囲の先輩女性に「独身男性を紹介してください」ってお声がけしたじゃないですか。その効果もあって「いい男性がいるわよ」って言ってくださった方がいたんです。

ですが…、その方が私を紹介するのに、あろうことか私のフェイスブックを見せたらしいんです。そしたら

「なんか…とても華やかな方ですね…僕にはちょっと……

辞退されたとのこと。会ってもないのに振られてる…。

はい、ここで教訓です!

使い方によってはとっても便利なSNSですが、40代本気婚活女性は要注意!

03

キラキラ★SNS女子はコワイ! 男は確実にひく!(40代以上の男性は特に)

365日のうち、たった数日ウエイウエイ♥ しただけなのに、楽しげな写真がたった1枚あることで、「リア充してんな~」「このノリ無理だな~」「毎日遊んでそうだな~」「お金かかりそうだな~」「ホントに結婚する気あるのかな~」って風に映ります。特に40代以上の独身男性には。

04

あ、旬のレストランの料理(高そうなやつ)やハワイ旅(高そうなホテル)やキューバやアルゼンチン旅(僻地すぎる)の写真も要注意。もちろん、自炊写真もほどほどに(理由はレポート6参照)。

05

経験値も度胸も経済力も、なんなら語学力もある40代独身女性の「人生謳歌力」に、独身男性は怖気づいてしまうようです。

【本気婚活メモ】

・SNSも、ある種の婚活プロフィール(意図してなくても)

・人生を謳歌している(ように見える)写真はSNSに投稿しない

⇒40代独身女性の「人生謳歌力」を無意味にさらさない

▶レポート8へつづく

イラスト/小池アミイゴ

これまでの記事

エディターT

仕事も遊びも忙しく、40歳までシングルを謳歌。数々の女性誌で、お見合いパーティや合コンなど、婚活企画を担当するも成果はナシ。しかしこのたび、本気の行動でついに結果が出ました(びっくり)。いくつになっても、好きな相手と結婚できるんだなぁ〜と実感中です。

 
あなたにおすすめの記事