有名人インタビュー

2017.04.09

内海桂子さんから働く女性へ応援メッセージ(後編)【1万人白書#02】

【働く女性1万人白書】実行委員会

utumikeiko01

今を生きる女性へのアンケートを元に、時代を読み解くレポート『働く女性1万人白書』。みなさんのご協力もあり、目標の1万人目前です! ありがとうございます!

アンケートについてはこちらをチェック!

今回は、同じアンケートを著名人の方々にもお答えいただき、キャラ診断をしていただきました! その結果と共に、働き方に対する考え方や、同じ働く女性として日々仕事と戦っているみなさんへの応援メッセージをお届けします。

御年94歳! 漫才師の内海桂子師匠へのインタビュー後編では、90歳を越えてもずっと舞台に立ち、輝き続ける彼女らしい力強いエールをいただきました! 前半のインタビュー記事もあわせてチェックしてくださいね。

内海桂子師匠の働く女性の7キャラ診断の結果は…

●働く女性の7キャラ診断とは

今回の1万人アンケートに答えると性格診断が行えます。診断では働く女性を仕事への考え方や恋愛観などで7タイプに分けていて、そのイラストはなんと人気マンガ家・北川みゆき先生の特別描き下ろし!

診断の結果で、普段は気付いていないような働き方に関する真相心理が見えるかも!?

内海桂子師匠は【キラキラ女子】でした!

utumikeiko02

イラスト/北川みゆき

働き方/自分が中心となって仕事を回していくよりも、補佐として支えるほうが好き
おしゃれ/かわいいディテールのある服、スカートをこよなく愛す
恋愛・結婚/素敵な旦那さまと出会って寿退社したい
休日/時間ができたら料理やお菓子作りに没頭

キラキラ女子のくわしい説明はこちら

では、インタビュー後編スタートです。

同じことだけやってちゃ、だめ。
常に新しいことを取り入れて

utumikeiko04

あと5年で100歳。
キャリアを維持するのは自分の心しだい!

—— 桂子師匠のように現役を長く続けていくためには、どんな心構えが必要ですが?

内海 自分の置かれた場所で、役に立つことです。うぬぼれかもしれないけど、私の代わりに舞台をやれる人なんて、いないんだからね。

ただ、昔と同じことだけやってちゃダメなの。私なんて、漫才の相手も毎回違う。そして、“今の時代をつかんで、新しいことを取り入れる”のが漫才なんですよ。それを膨らませて、相手にぶつけて、弱みをついたり、面白くしたりする。時代がわかんなくちゃダメだし、いろんなことを経験してないとできないの。あと5年で100歳だけど、基本的な動きはそう変らないんじゃないですか。それができなくなったら、あたしも終わり。ただのババアで見向きもされませんよ。ババアだけど、よくあんなことやるねーって言われ続けてないと。それを維持していくのはね、自分の心しだいですよ。

—— とはいえ、避けることのできない病気や年齢とは、どんなふうにつきあっていらっしゃるのですか?

内海 85歳のとき、階段から落ちて右手首を骨折したり、その入院中には乳がんが発見されて手術をしたり。でも、気持ちが落ち込むことはなかったわね。
右手を骨折したときは、三味線はお囃子(はやし)さんに助けてもらって、舞台に立ちました。その後、腰をひねったとき、漫才番組の収録は椅子に座ってこなして、結局休みませんでした。終わって緊急入院って言われたけど、病院はイヤだからそのままうちに帰ってきちゃった。そしたら自然に治ったの。

今年、95歳になるんですけどね、あたしと同じように舞台立ってる人は、いなくなっちゃったわね。90過ぎても、元気な人はいっぱいいるのよ。でも、周りが働かせなくなっちゃう。老人扱いするから、よくないんです。

今回(2017年1月)の骨折は腰をやっちゃって、1か月も入院したのは初めてでした。歩けないのは辛かったけど、焦ったってしょうがない。誰が悪いわけでもないんだからね。幸い、しゃべることはできますから、入院中も看護師さんとおしゃべりして、退屈はしませんでした。できるだけ車いすは乗らないで、毎日のリハビリで頑張って治してます。退院してすぐ、2月にテレビ『徹子の部屋』の収録があって、4月からは寄席に出てほしいって言われてるんですよ。

—— 100歳になっても、舞台には出続けていてください! そしてもちろん、100歳のお祝いも実現してください。そのときまで、どうか「キラキラ女子」で!

撮影/ミズカイケイコ
取材・文/南 ゆかり

1万人アンケートに答える

 
あなたにおすすめの記事