グルメ

2016.12.30

簡単アレンジ! ワンプレートおせち|あなたでも「おせち料理」つくれます【5】

アラサー世代は、おせちづくりデビュー世代。日本人女性のたしなみとして、そろそろ覚えてみませんか?

「覚えておきたい【基本のおせち】といわれ」はこちらから。

とはいえ、一度に全部つくるのはちょっとハードルが高いから、まずは基本の3品、「煮しめ」「紅白なます」「栗きんとん」のつくり方をご紹介しました。

そして最後は…「おいしくできても、毎日おせちだとちょっと飽きる…」というときのために、パパッと洋風にアレンジをご紹介!
基本の煮しめにスパイスをふったり、買ってきた黒豆を和えてお皿に盛るだけと、どれも簡単。今どきおせちはカジュアルにワンプレートで楽しんで。

ワンプレートおせち

kansei_edited-1

紅白なますをナンプラーで和えてブルスケッタに!
Aなますブルスケッタ

バケットにはさめばベトナム料理の「バインミー」に!
●つくり方
1.紅白なます(つくり方はこちら)にナンプラーを少量入れて和える。
2.バゲットを1cm厚さに切り、好みの量の1と鴨のロースト(または生ハムなど)1枚をのせ、ミントの葉をのせる。

栗きんとんにシナモンをかけて洋風アレンジ!
Bおしゃれきんとん

生クリームやブランデーを混ぜるとよりリッチな味に!
●つくり方
栗きんとん(つくり方はこちら)にシナモンパウダーを好みの量かける。

Cえびナンプラー

えびのうま煮をナンプラーやパクチー、レモンでエスニックにアレンジ。
●つくり方
1.フライパンにごま油大さじ1、おろしにんにく1/2かけ分、ナンプラー大さじ½を入れて中火にかけ、さっと混ぜ合わせる。
2.えびのうま煮4尾を入れて全体にからめる。
3.1尾ずつ器に盛り、レモンとパクチー各適量を添える。

D煮しめ

好きな具をちょこっと盛りで。
●つくり方
煮しめ(つくり方はこちら)にガラムマサラをふる。

買ってきた黒豆をフェタチーズと和えるだけ!
E洋風黒豆

市販の黒豆で簡単に。シャンパンによく合います。
●つくり方
市販の黒豆とフェタチーズのハーブ漬け各適量を和える。

ミックスナッツたっぷりの田作り。おやつにもおつまみにも!
Fミックスナッツの田作り

ミックスナッツ効果で箸が止まらない!
●つくり方(4人分)
1.市販の田作り80gをフライパンに入れ、弱火で乾煎りする。
2.別のフライパンに砂糖大さじ4、しょう油大さじ3、みりん大さじ3、酒大さじ1を入れて中火にかける。煮詰ま ってきたら弱火にし、焦げないようにときどきかき混ぜながら糸をひくくらいまで煮詰める。
3.2をごく弱火にし、1とミックスナッツ(味付き)100gを加え、手早くからめる。
4.バットにオーブンペーパーをひいて、3をくっつかないように広げ、冷ます。

Gいくらと長芋のカクテル

めでたい紅白カラーをグラスに盛ってカクテル風に。
●つくり方
1.いくら適量と、皮をむいて5mm角のさいの目切りにした長芋(いくらと同量)を和える。
2.器に盛り、芽ネギ適量を添える。

教えてくれたのは…料理家 真藤舞衣子さん

山梨のカフェ「my-an」店主。会社員、禅寺での生活、パリでの修業などを経て料理家に。ほっとできる家庭料理が評判。『煮もの 炊きもの』(主婦と生活社)など著書多数。

2017年Oggi1月号「あなたでも「おせち料理」つくれます!」より
【本誌掲載時スタッフ 撮影/長谷川 潤 料理/真藤舞衣子 スタイリスト/洲脇佑美(静物) 構成/松田亜子】

Oggi1月号

アラウンド30歳からの働く女性に向けて、シンプルでセンスのよい、ベーシックなファッションを提案する月刊誌。トレンドを追いかけるのではなく、「着る人が素敵に見える」「本人も周りも心地よい」スタイルを追求している「Oggi」のためし読みと購入ができます

 
あなたにおすすめの記事