Oggi

2016.12.26

覚えておきたい、基本のおせちといわれ|あなたでも「おせち料理」つくれます【1】

アラサー世代は、おせちづくりデビュー世代。日本人女性のたしなみとして、そろそろ覚えてみませんか?おしゃれなアレンジも教えます!

おせち料理は、お正月に食べるお祝いの料理。〝めでたいことを重ねる〟という願いを込めて、重箱に詰められます。おせち料理には、日本の食文化と和食の基本が満載。おせちをつくると女っぷりも上がりそうだし、一年の節目に手づくりすれば、新年もきっと、幸せいっぱい! そんなおせち料理を料理家の真藤舞衣子さんに教えてもらいました。

一の重

「祝い肴」(田作りや黒豆)、「口取り」(昆布巻き、かまぼこ、伊達巻き、栗きんとん)、「酢の物」(なます)などを。品数は奇数で入れます。

02

【伊達巻き】
巻物に見立て、学問や習い事の成就を願う。名称は江戸時代の伊達者(しゃれ者)の着物からとも。

【紅白かまぼこ】
半円形は「日の出」を象徴するおめでたい形。紅は慶びと魔除け、白は神聖や清浄を表す。

【黒豆】
まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせるように無病息災を願う。黒は魔除けの色ともいわれる。

【昆布巻き】
「よろこぶ」にかけた縁起物。健康長寿や、「子生婦(こんぶ)」の字をあて子孫繁栄を願う。

【紅白なます】
お祝いの水引を模しためでたい一品。大地に根をはる根菜のように家がしっかり安定するようにの意味も。

【田作り(ごまめ)】
名称は小型のイワシを田の肥料にしたことに由来。五万米(ごまめ)の字をあて、五穀豊穣を願う。

【いくら】
その見た目から子孫繁栄を願う。近年になってよく用いられるようになったもの。

【栗きんとん】
「金団」と書き、財宝にたとえて富を呼ぶ縁起物。「勝ち栗」とも言われる栗で勝負運を願う。

【えび】
長いひげや腰が曲がった形を老人にたとえ、長生きできるよう日々の健康を祈願。

二の重

煮しめや焼き物を。三段重の場合は2段目に酢の物や焼き物、3段目に煮しめ。正式な五段重の場合、最後の段は空にするか、好きなものを詰める。ローストビーフやハムなど好きなものを入れて和洋折衷にしてもOK。盛り付けの際は、光沢がある椿の葉をアクセントに飾ると盛りつけも華やかに。

03

【煮しめ】
にんじんなど「ん」のつく食材は「運」がつくとされる。食材を合わせて家族が〝結ばれる〟意味も。
・昆布…「よろこぶ」にかけた縁起物。
・れんこん…穴があいた形は「先を見通せる」の意味が。
・里芋…小芋が多くつくことから子宝を願う。
・ごぼう…その形のように細く長く、幸せに。
・こんにゃく…結び目から「良縁を結ぶ」。
・しいたけ…縁起物の亀甲に見立てて切ることも。
・にんじん…梅の形にしてめでたさUP!

いわれを知れば、しみじみおいしい幸せ「おせち」

おいしくない、栗きんとん以外に食べたいものがない…。子供のころの思い出から、積極的に食べたいものではなかったりするおせち。でもおせちは、幸せを願ってつくられる、おめでたい料理です。
おせちとは暦の上での節句を指し、一年の最初の節句であるお正月に食べる料理をおせち料理と呼ぶようになったとか。正月三が日分をつくるのは、家事で忙しい女性や「かまどの神様」に休んでもらうためです。
料理は大きく分けて、田作りや黒豆などの「祝い肴」、伊達巻きやかまぼこなどの「口取り」に、「焼き物」「酢の物」「煮物」の5種類。料理家の真藤舞衣子さんは毎年、新年1週間前から準備するそう。
正式には五段重ですが、今は二〜三段重が一般的。一年を振り返りながら料理するのは、意外と楽しいものです。毎年ひと品ずつつくってみるのもいいかも!」
地域ごとに料理に違いはあれど、それぞれ縁起をかつぐいわれがあり。知ると、食べるのもより楽しくなりそう!

教えてくれたのは…料理家 真藤舞衣子さん

04

山梨のカフェ「my-an」店主。会社員、禅寺での生活、パリでの修業などを経て料理家に。ほっとできる家庭料理が評判。『煮もの 炊きもの』(主婦と生活社)など著書多数。

(あなたでも「おせち料理」つくれます【2】に続く)

2017年Oggi1月号「あなたでも「おせち料理」つくれます!」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/長谷川 潤 料理/真藤舞衣子 スタイリスト/洲脇佑美(静物) 構成/松田亜子】

Oggi1月号

アラウンド30歳からの働く女性に向けて、シンプルでセンスのよい、ベーシックなファッションを提案する月刊誌。トレンドを追いかけるのではなく、「着る人が素敵に見える」「本人も周りも心地よい」スタイルを追求している「Oggi」のためし読みと購入ができます

 
あなたにおすすめの記事