グルメ自慢

2017.04.07

アンチとろとろプリン派に朗報! ベトナムのしっかりプリンが絶品すぎる!

市川歩美 ショコラコーディネーター® 

ショコラコーディネーター®市川歩美がスイーツにまつわるNEWSや甘く美味しいお話をお届けします!

昭和な雰囲気漂う、味わい深いベトナムの卵プリン

ベトナムへ行ってきましたよ~! 3月末でしたが、私はTシャツとサンダル。真夏の装いで街を闊歩していました。チョコレート関係で訪れたものの、やっぱり食べたいのはローカルフード。色々気に入ったものがありましたが、その中から、私が特に気になって2日間通って食べて続けた「バインフラン」、つまり、プリンを紹介します。

p3

▲あーもう写真を見直しているだけで、あの美味しさがよみがえります!

英語表記では「Flan Cake」とありますが、要するにプリン、です。昭和な感じの、現代風にとろとろしてない、はい、ザ・プリン。
ベトナム語では、BANH FLAN(バインフラン)。
高さのない、小さめサイズがふたつです。そして氷がのっていて(3月末でもTシャツとサンダル、ここはホーチミンであることをお忘れなく)つめたいキャラメルソースがさらりとスープのように。

濃厚な味わいが魅力。ベトナムプリンは100円で買える幸せ!

私が訪れたのは、ホーチミンのベンタイン市場内にある人気店「ベ チェー」です。市場の中の食堂街の一角。カウンターと呼べないくらいの狭いスペースに女性たちがひしめきあって、デザートを食べています。

2

▲ベンタイン市場内の人気店「ベー チェー」

ここを教えてくれたのは、ホーチミンで話題の、モダンなフラワーショップ&カフェを経営している女性です。センスのよい方が教えて下さったので即足を運びました。が、訪れてびっくり。教えられなければ絶対辿り着けない、広大な市場の、僅かな一角です。

4

▲2日通ってしまった、2日目のプリン(前日との違いや細かいことはもう、ここではどうでもいい感じ♪)

それにしても、私の心を捕らえて離さなかった、小さくて冷たい、なんてことはないこのプリンちゃんたち。2日通いましたが、2日目もやっぱり好きなんですよね~。プリンのコクとソースと氷と、もっというとこの場所と気候のバランス。長くて軽い、このスプーンもいいです。これは、本来、ベトナムのローカルスイーツ「チェー」を食べるためのスプーン。このお店では色々な「チェー」も味わえます。

bb

▲ベンタイン市場内。この看板「Be Che(ベー チェー)」を目指して!

オーダーすると、はいそこ座って、とか指さされて、狭いスペースで食べる事になりますが、お店の人との距離が近いというより、もはや一体感、オープンキッチンとかいうレベルではないテンションです!最初はおずおずしていても、だんだんとこのテンションと一体化していくんですよね、小さなプリンを食べながら。味だけでなく、ホーチミンを感じられる場所ともいえると思います。

お値段はプリンが2つのって、2万ドン(約100円)。いいでしょう?
元気なお店のお兄さんがメニューをみせてくれるので、元気に「バインフラン」と言いましょう!

ショコラコーディネーター® 市川歩美

チョコレートのジャーナリストとして最新のチョコレート情報に精通。おすすめ・注目のチョコレートの紹介ほか、関連情報を雑誌、テレビ、ラジオ、WEBなどのメディアに提供しながら、メディア・チョコレートブランド・消費者をつなぐ、日本唯一のショコラコーディネーター®として活動。フランスの上質なショコラに1990年代前半に出会って以来、チョコレート愛好家歴は25年以上。「ショコラのある生活」を豊かにするべく、チョコレート関連イベント、トークショーへの出演、テレビ番組、記事の監修、商品企画なども行う。

 
あなたにおすすめの記事