グルメ

2017.02.02

コンビニ食材とラップで! 10分でカンタン恵方巻!節分に作ってみよう♥

しごとなでしこ編集部

大人気企画【21時以降食べても罪悪感ナシ! 働き女子のリアルに10分で作れる残業ごはん】でおなじみのエディター・佐藤明美さん(Instagram@sizukuishii)に10分でできる恵方巻きを教えてもらいました!

Processed with VSCO with f2 preset

▲お上品にお茶と写真を撮ってみましたがビールにも日本酒にもぴったりです(笑)

10分でできる恵方巻を食べて運気をあげてこ!

恵方巻、すっかり市民権を得てますよね。コンビニでもフツーに売ってますけれど、自分で作るのも実はカンタン。好きな具材だけで作れるし、上手く負けると地味に嬉しいラップ巻き。会社帰りに試してみてくださいませ。

10分でできるカンタン恵方巻の作り方

まず準備。海苔は大判1枚を半分に切って使うと食べやすいし巻きやすいです。

ご飯にはごま油と鰹節、塩少しを混ぜ下味をつけて置く。(酢飯はちょっと難易度高いので、残業帰りにはお酒に合うこの混ぜご飯が美味!)

ラップの上に海苔を置いたら、海苔の半分くらいまでご飯を。その上に胡麻と刻み葱をパラパラ。

Processed with VSCO with f2 preset

その上に、海苔の幅に合わせて具材をのせます。今日は近所のローソンにあったきゅうり、厚焼き卵、たくあん、明太子にしましたが、あとは納豆でもツナでも美味しいかと。

Processed with VSCO with f2 preset

具材をご飯にギュギュっと押し付けるように乗せたらサランサップの手前を持ち、思い切ってグルっとゆっくり巻いていきます。

Processed with VSCO with f2 preset

この時、ゆるっと巻かずにギチギチな感じで巻くのがコツ。

ここまで巻いてしまえば、あとはラップをズラしながら海苔の最後まで巻きつけ少しギュギュっと握って馴染ませたら完成です。

恵方(今年は北北西)を向いて食べましょう!

ご飯の下味と明太子&たくあんの塩気でお醤油いらず!

佐藤明美 元AneCan編集長

社内外での打ち合わせで残業が多く、ときには深夜になることも。それでも家に帰ってからのお酒一杯、おつまみ一皿料理は欠かせない食いしんぼうでお酒好き♡ 料理上手と評判の腕前!

 
あなたにおすすめの記事