グルメ

2017.01.28

チョコッと豆知識! 今年度の「受賞」チョコとは?【2017バレンタインチョコまとめ4】

羽佐田瑶子

悩ましくも楽しい、この季節がやってまいりました。ふだんお世話になっている人、大切な人へ、今年はどんなチョコレートを贈る?

ライバルと差を付ける「和」チョコ【2017バレンタインチョコまとめ1】はこちら
おしゃれなあの人に「こだわり派」チョコ【2017バレンタインチョコまとめ2】はこちら
本命の彼に「本格派」チョコ【2017バレンタインチョコまとめ3】はこちら

45416_02

毎年フランス・パリで行われる「サロン・デュ・ショコラ」は、世界最大級のチョコレートの祭典。パティシエ、ショコラティエたちが腕をふるった絶品チョコレートが、世界中から一堂に集まる夢のような催しです。そんな「サロン・デュ・ショコラ」では、C.C.C.(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ=フランスのショコラ愛好家の団体)が主催するショコラ品評会があり、最高峰のチョコレートに賞を授与します。今回は伝統あるC.C.C.の賞を受賞したチョコレートたちをご紹介。毎年の世界的なショコラの動向を知っておくことは、バレンタイン前、大人のたしなみのひとつ!?

6年連続最高位を受賞!
日本を代表するショコラティエといえばサダハル・アオキ

【パティスリー・サダハル・アオキ・パリ/AOKI 2017】

45416_01

▲AOKI 2017 ¥3,348

C.C.C.で6年連続最高位を受賞したサダハル・アオキ氏。品評会に出品されたワサビ、バンブー、ヴァランシア、ミルティーユ、4種類全てが楽しめる新作アソートがこちら。ショコラとユニークな素材の組み合わせは、今まで出合ったことのない味覚のトビラを開いてくれるかも!? ぜひ一度味わってみて♪

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
渋谷ヒカリエ ShinQs 地下2階
http://www.hikarie.jp/

C.C.C.金賞受賞! 辻口博啓シェフの新作テーマは「発酵」

【ル ショコラ ドゥ アッシュ/C.C.C. CHOCOLAT REVOLUTION】

45416_02

▲C.C.C. CHOCOLAT REVOLUTION ¥1,901

2016年「C.C.C. CHOCOLAT REVOLUTION」をC.C.C.に出品し、4年連続の最高位を受賞!
そして2017年、辻口シェフが1年間考え抜いたテーマは「発酵と発酵のマリアージュ」。マルコメ株式会社が全面協力のもと、9年間熟成・発酵された味噌とシークワーサー、ライチ果汁と米糀など今年も新しい素材をカカオ豆と組み合わせた今までにないひと品が誕生しました。カカオ豆の発酵による味わいの広がりと、液状の素材そのものを発酵させガナッシュにした深い味わいのボンボン・ショコラは、日本を代表するショコラティエならではの発想ですよね!

ル ショコラ ドゥ アッシュ
渋谷ヒカリエ ShinQs 地下2階
http://www.hikarie.jp/

C.C.C.で“殿堂入り”を果たしたパリの人気ショコラティエ、アルノー・ラエール

【アルノ-・ラエ-ル/コフレ・アーウィッチ“ジョンヌ・ソレイユ”】

45416_03

▲コフレ・アーウィッチ“ジョンヌ ソレイユ” ¥2,916 (6個入・500個限定・松屋銀座限定)

パリの人気ショコラティエ、アルノー・ラエールは、ピエール・エルメ氏に師事した後、独立し、2007年にフランスの最優秀職人賞であるM.O.F.を取得。2015年にはC.C.C.にて“殿堂入り”を果たし、パリで絶対に訪れたいパティスリーとして数々の著名人が名を挙げる名ショコラティエとして知られています。
カカオの原産地ごとの味わいや香りなどの個性にこだわり、それぞれカカオのアロマの違いを楽しめるショコラが特徴。今季、日本では松屋銀座店限定の「コフレ・アーウィッチ“ジョンヌ ソレイユ”」の販売決定。そば粉やパッションフルーツなど意外な素材とチョコレートのマリアージュが楽しめる名品は、実食必須です!

アルノー・ラエール
松屋銀座8階 イベントスクエア「GINZAバレンタインアベニュー」(1/25~2/14まで)
http://www.matsuya.com/m_ginza/

自分へのご褒美に、タラレバ女子会への手土産に、もちろん大好きな彼に。世界が認めた最高級のチョコレートを手に入れてはいかがでしょうか。
1年に一度しかないバレンタインのこの時季だからこそ、ショコラの世界の見識を深めるのもいいですよね♪

(最新「バレンタインデート」を盛り上げるレストラン【2017バレンタインチョコまとめ5】へ続く)

文/羽佐田瑶子

 
あなたにおすすめの記事