グルメ自慢

2017.01.17

今こそ毎朝の新定番に!「1杯のみそ汁」が働く女性にマッチする嬉しい理由3つ

広木こころ writer

働く女性にとって、朝は嵐のようなもの。少しでも睡眠時間を長くとり、朝の支度はスピーディに効率よく済ませたい、という方は多いはず。そうなると、朝食はどうしてもおろそかになりがち。ご飯を炊いてみそ汁を作って…なんてハードル高いなぁ、というあなたにこそおすすめしたいのが「朝1杯のみそ汁」。

ちょっと古臭いイメージすらあるみそ汁ですが、じつは嬉しいことがいっぱいなんです。

01

 

みそ汁が女性に嬉しい理由1:女性の敵! 冷え対策にもってこい

女性にとって、冷えは大敵。肩こりや肌トラブル、婦人科系の不調の原因にも。温かい汁ものは、すするだけでも身体を内側からポカポカさせてくれ、女性にとってはそれだけでも嬉しいものです。
でも、みそ汁のパワーはそれだけではありません。
みその発酵の過程で、大豆の持つ良質なたんぱく質や脂質、糖分などの栄養素が微生物によって分解されます。すると、ぐんと身体に取り込まれやすくなって代謝がよくなり、身体に熱を作り出してくれるのです。

みそ汁が女性に嬉しい理由2:1杯で幅広い栄養素をカバー!

みそ汁は具材を選びません。冷蔵庫の中にあるものを使えば、オリジナルのみそ汁が出来上がり。野菜やキノコを入れればビタミンや食物繊維、肉を入れればたんぱく質が手軽に摂取できるというわけです。
スープ仕立てにすることで野菜のカサが減ってたくさんとることができるのも魅力的。汁に溶け出した栄養分も一緒に飲めて安心です!

みそ汁が女性に嬉しい理由3:手順は3つ!意外とカンタン♪

みそ汁の作り方は案外カンタン。ダシをとったら好みの具を軽く煮て、火を止めてみそを溶くだけ。ざっくりいえば、この3つで完成です! しかも、ダシは前の日に準備しておいたり、顆粒だしを使う工夫で時短可能。手早くやれば10分もかからずできてしまいます。それなのに、肉や野菜をたっぷり入れればそれだけで立派な1品に。汁ものなのでさらさらっと飲めるのも嬉しいポイントです。

モノグサさんも大丈夫! みそ汁は「まずはカップから」という選択も

でも自分で作るのは時間も手間もちょっと…とおよび腰の方は、まずはお湯を注ぐだけのカップみそ汁で習慣をつくることから始めてはいかが?
先日モーニング娘。’17が、マルコメとコラボした「モーニングみそ汁」(4種類)を発表しました。13名のメンバーがそれぞれイメージカラーやキャラクターから連想された具材を担当し、4つの組み合わせでカップにIN!

02

 

メンバーと具材の組み合わせ&具になりきったキャッチコピーはコチラ。

「譜久村+佐藤+尾形+飯窪Ver.」

とうふ:譜久村 聖「押しも押されぬ(みそ汁具材の)リーダー!」
オクラ:佐藤優樹「あとひく天然癒し系!」
とろろ昆布:尾形春水「汁上に舞い踊る食物繊維!」
たまご:飯窪春菜「美味しさ引き立て包み込む!」

「生田+石田+牧野+羽賀Ver.」

ほうれん草:生田衣梨奈「サブにおさまらない出しゃばり具材!」
青ネギ:石田亜佑美「小さいけれど、切れ味ばつぐん!」
おふ:牧野真莉愛「LOVEりんなふわふわ食感!」
油あげ:羽賀朱音「旨み吸い込む伸びしろNO.1!」

「小田+工藤+野中Ver.」

わかめ:小田さくら「汁にゆらめくビブラート!」
かぼちゃ:工藤遥「ほくほく感どぅ~!」
揚げナス:野中美希「ワールドワイドな香ばしさ!」

「横山+加賀Ver.」

えのき:横山玲奈「華奢だけどしっかり旨味!」
肉そぼろ:加賀楓「パワフル&エネルギッシュ!」

この具材の多彩さこそが“新”定番たる所以。みそ汁の具といえば「ワカメ+豆腐」、「大根+油揚げ」など1~2種類が定番ですが、モーニングみそ汁はバラエティ豊か、かつボリューミーな1杯を提案します。

03

 

なかでも注目は、新メンバー2人が担当する【えのき+肉そぼろ】。ビタミンB群や食物繊維をしっかり持つえのきとタンパク源となる肉そぼろの組み合わせで朝からしっかりと栄養補給でき、食べごたえも十分。

実食した新メンバーの加賀さんも「えのきと肉そぼろのおみそ汁は初めて食べたのですが、これだけでご飯3杯いけちゃいそうです!」とにっこり。「モーニングみそ汁」は3月下旬から発売。ほかの3バージョンも、1杯で食物繊維+たんぱく質など複数の栄養素がしっかりとれる設計で、働く女性の忙しい朝をがっちりサポートしてくれそうです。

「モーニングみそ汁」が新たな定番に!

’98年1月にリリースされたモーニング娘。のメジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」発表から20周年となることし。モーニング娘。’17が同曲をリメークした新曲「モーニングみそ汁」を引っ提げ、日本の朝=モーニングにみそ汁の風を吹き込みます。

04

 

衣装も「モーニングコーヒー」当時のものをイメージした白いセーター+赤いチェックのミニスカート。この感じ…アラサー・アラフォーの多くの女性が懐かしさを感じるのではないでしょうか。まるで、子どものころ食卓に流れていたみそ汁の香りのように。

カンタンに始められて栄養たっぷり、身体もポカポカの「朝1杯のみそ汁」習慣、まだまだ寒~い今こそスタートしてみてはいかが?

モーニングみそ汁飲もうよプロジェクト(マルコメ)公式サイトはこちら

文/広木こころ

 
あなたにおすすめの記事