グルメ

2016.12.03

クリスマスギフトに「健康」を。低糖質ショートケーキでMERRY CHIRISTMAS!!!

明瀬文子 読者モデルライター

体型維持とアンチエイジングには、「糖質制限」が有効

すっかり定着した「低糖質」「糖質オフ」「糖質制限」という言葉。ダイエットのひとつの方法として認識されている方も多いと思いますが、元は糖尿病の食事療法として生まれたもの。

糖質制限は血糖値の急激な上昇への対応策で、糖尿病をはじめとしたあらゆる生活習慣病の予防につながります。血糖値の上昇が急激であると様々な病気へとつながりますし、老化へも直結。いま病気でない方も、糖質制限は体型維持とアンチエイジングのためにとても有効なのです。

糖質制限で大敵なのは、ごはん・パン・うどん等の「主食」と甘~い「スイーツ」

自称健康オタクの私は、おいしいものを少しの工夫で健康的に食べられる糖質制限メニューを実践しています。

01

糖質が1/10もカットできる
大豆パウダーの「ショートケーキ」レシピ

ちなみに、「スイーツ」系は、砂糖以外の甘味料と小麦粉以外の粉を使えば「主食」系と比べて糖質制限しやすいんです! ということで、今回は、クリスマスやお誕生日などのお祝いに欠かせないショートケーキのレシピを紹介します。大豆パウダー(最近は普通のスーパーでも購入可)を使うことで、1/10も糖質カットできます

普通のショートケーキは1/4カットで糖質40~50gと言われていますが、今回紹介するレシピは、1/4カットで糖質5g程度。つまり、1/10も糖質カットできるるんです。

02

使用するのは、糖質制限の強い味方大豆パウダー。100g中糖質7.9gなので、小麦粉の糖質73.4g比べると、大幅カットできるのが一目瞭然です。大豆パウダーはふんわりとしたシフォンケーキのような食感で、小麦粉で作ったものとは違いますがとてもおいしく仕上がります。

材料(12cm型1台分 約4~5切分)

■スポンジ
■大豆パウダー 10g(★)
■アーモンドパウダー 5g(★)
■ベーキングパウダー 2g(★)
■卵2個分
■ラカント 20g(カロリーゼロの甘味料)
■溶かしバター 8g
■バニラエッセンス 少々
■生クリーム 150cc
■キルシュ(ラム酒でも可)小さじ1
■いちご 10個
■シロップ
☆水 大さじ1
☆ラカント 小さじ2
☆キルシュ(ラム酒でも可)小さじ1

作り方

①:卵を卵黄と卵白に分け、卵黄は室温、卵白は冷やしておく。★の粉類をすべて合わせてふるっておく。
②:型にオーブンシートを敷く。
③:卵白にラカントの半量を加え、ピンと角が立つまで泡立てる。

03

④:卵黄に残りのラカントを加え、もったりするまで泡立てる。

04

⑤:④に溶かしバターとバニラエッセンスを加えて軽く混ぜ、ふるっておいた粉類を加えて馴染むまで混ぜる。

05

⑥:この辺でオーブンを160℃に予熱しておく。
⑦:卵白の1/3を加え、混ざったらゴムベラで残りの卵白を加えて切るようにさっくり混ぜ合わせる。(多少混ざりきっていなくてもOK)

06

⑧:型に流し、10cm程度上から数回落として内部の空気を抜き、160℃に予熱したオーブンで25分焼く。

07

⑨:焼けたら、10cmの高さから数回落とした後に、逆さにして粗熱を取る。粗熱が取れたら、型から外し、ラップで包んで冷ます。(しっとりします)

08

⑩:☆の材料を全て小鍋に入れてよく煮とかし、冷ましておく。イチゴは、3個を薄くスライスし、他はヘタをとっておく。
⑪:スポンジを3枚に切り分ける。上部は切り取り、平らにしておく。スポンジの片面に刷毛でシロップを塗る。
⑫:生クリームにラカントとキルシュを加えて8分立てに泡立てる。(ゆるいかな?と思う程度で大丈夫です。)
⑬:1枚目のスポンジに、生クリームを適量のせてならし、スライスした苺を並べる。上から更に生クリームをのせてならす。2枚目のスポンジをのせ、同様に生クリームと苺をのせ、3枚目をのせる。

09

⑭:生クリームせ上面・側面をナッペする。(ナッペは意外と簡単です。たっぷり塗るのがポイント。生クリームを惜しみなく使いましょう!)

10

⑮:苺をのせて完成!!

11

※デコレーションが得意な方は生クリームを200ccに増やし、絞り袋で行ってみてください。
※キルシュはラム酒、ラムダークでもOK。苦手な方は生クリームへ入れなくても大丈夫です。

クリスマス、お誕生日など、大切な方とのお祝いに「健康」をプレゼントしてみませんか? ぜひ試してみてください♪

12

明瀬文子 読者モデルライター

大分県生まれ。現在、金融関連会社に勤務するかたわら「CanCam」や「AneCan」などで読者モデルとして活躍。趣味はジム通い、料理、絵を描くこと。読書家の一面もあり、読んだ本は自身のインスタグラムなどでレビューを公開している。インスタグラムアカウント@ayako_myose

 
あなたにおすすめの記事