グルメ

2016.12.03

21時以降食べても罪悪感ナシ! 働き女子のリアルに10分で作れる残業ごはん【vol.4】

「残業後の夕飯もおいしく、太らず、それでいて簡単なメニューが食べたい!」
ーという、働く女子のリクエストに応えた『残業ごはん』レシピをご紹介するこの企画。

今まで紹介したレシピはこちらから。
Vol.1 「焼き玉ねぎのかつお節まぶし」
Vol.2 「温奴のごまねぎソースがけ」
Vol.3 「キャベツの浅漬けと納豆の炒めもの」

今回は…家がレストランのにおいで満たされる♪ ちょっとリッチな残業ごはん。

簡単なのにレストランの味!「鶏肉の豆乳マスタードスープ」

煮込んでるときから本格的なレストランの香りが漂い、食欲をそそります! 豆乳は火を止めてから加えると、分離してモロモロすることなく、なめらかに仕上がります。

recio4

〈材料/1皿分〉
・鶏もも肉 1/2枚
・マッシュルーム 4個
・にんにく 1片
・白ワイン 約200ml
・ローズマリー 1枝

〈作り方〉
1.鶏もも肉をひと口大にカットして塩胡椒し、フライパンで表面をカリカリに焼く。
2.鍋にカットしたマッシュルームと鶏肉、潰したにんにくを加え、白ワインを肉がかぶるくらい入れる。
3.ローズマリー、コンソメキューブを加え、中火で煮て、スープが半量ほどになったらマスタードを加える。
4.火を止め、最後にかき混ぜながら豆乳を加える。

レシピを教えてくれたのは…AneCan編集長 佐藤明美
料理の腕はピカイチ。Instagram@sizukuishii)にアップする時短レシピ、〝残業ご飯〟が好評。

「料理上手な働き女子のリアルな残業ごはん【前編】」を読む。
「料理上手な働き女子のリアルな残業ごはん【後編】」を読む。

2016年AneCan12月号「レディの口福」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/野呂美帆 構成/一寸木芳枝】
【再構成/しごとなでしこ編集部】

 
あなたにおすすめの記事