猫コラム

2017.05.09

ノラ猫と筋トレのいい関係・・・ネコテキvol.32

マツオアヤ ネコラムニスト

気になる「ノラお」「ノラこ」と仲良くなるための“散歩足”を鍛えよう

1

突然だが小生、急に筋トレに目覚めたのだ。

きっかけは青竹踏み。通ってる接骨院の先生に「姿勢も悪いし運動不足だしせめて青竹踏みくらいやりなさい」と言われ急遽姿かたちのいい“孟宗竹製・1200円”を購入したのだ。ただ踏み踏みするのではない。ひたすら竹の上に立つという苦行(個人的に)を行うのだ。

これにより腹筋及び足の筋肉が鍛えられるという。

初日は2秒くらいで竹から転がり落ちて、通りすがりの小鉄さん(小生宅猫)に怪訝な顔をされていたのだが3日もすると5秒、10秒と立てるようになってきた。

不思議なもので、足の筋肉がついてくると椅子にじっと座っていられなくなった。なんというか「足が勝手に歩きたがっている」のである。

とりあえずウォーキング用のスニーカーをはいて外に出てみた。歩きたいだけ歩いてみようと。結果6駅ほど先まで1時間の散歩になってしまったが道中新しい地域猫とたくさん出会えた。青竹踏みさまさまである。

2

▲今回の散歩で出会った屋根の上のネコーズ。

ただの散歩の話じゃないか!とお思いでしょうが、ただの散歩の話である。

いやいや、足の筋肉が正しくついた散歩は、ノラ猫好きにとってもとても有意義なのである。姿勢の悪い人、足の筋肉がない人(1週間前までの小生)はダラダラ歩いたり、足を擦って歩きがちである。だが正しい姿勢、正しい筋肉であれば足音がそんなにしないのだ。

そう、ちょっと前まではノラコたちの写真を撮ろうと近づいただけで足音で逃げられていたのだが、現在はすっと近づけるからか、逃げられずに済んだのだ。

これはノラ猫好きには朗報であろう!!

3

4

▲過去3回ほど見かけたが写真を撮る前に逃げられたノラおくんをとうとう激写。感動である。

まあ猫飼い様におかれましても、健康で長生きは猫のためでもある。

お出かけに最適な気候にもなってきたし、「ノラ猫が逃げないほど」の散歩足を鍛えてみてはいかがだろうか。

マツオアヤ

ライター/エディター/コラムニスト
こらえ性のない飽き症という特性を生かして、雑誌からカタログ、ウエブコラムまでつれづれなるままに活動中。夫婦料理ユニット「#サイトウのゴハン」ディレクター。ネコテキインスタグラムはこちら

 
あなたにおすすめの記事