開運

2017.01.06

1月7日は【七草がゆ】をいただいて今年の開運と健康を祈る

木村通子 神宮館社長

神宮館の木村通子です。私たち日本人はいにしえより、四季折々の変化を愛するとともに、季節ごとの行事や習わしを大切にしてきました。忙しく生きる現代のしごとなでしこの皆さんも知っておいていただきたい、また後世に伝え残していきたいものをお伝えしていきます。

01

1月7日土曜日は【七草がゆ】をいただいて2017年を素敵に過ごしましょう

1月7日は「七日正月」といい、朝食に七草を入れたおかゆを食べてお祝いします。
このお祝いは「人日の節句(じんじつのせっく)」といい、江戸時代には五節句のひとつとして重要な行事とされていました。1月6日の夜から7日の朝にかけては、元日から続いてきた正月の行事を終わらせる日、松の内最後の日として祝われてきました。
七草がゆは、正月のごちそうで疲れた胃腸を休ませるのにも都合がよく、理屈にかなっています。昔からの知恵を感じさせる行事のひとつですね。

おかゆに入れるのは、万病をよけ、邪気を払うとされる野菜や草。
芹(せり)、薺(なずな)、御行(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)の7種類です。

02

芹(せり):独特の強い香りが食欲をそそります。

薺(なずな):利尿、止血、解熱作用があるとされています。ぺんぺん草の別名です。

御行(ごぎょう):春に黄色の小さな花をつけます。母子草(ははこぐさ)の別名です。

繁縷(はこべら):山野に自生する越年草。利尿作用があるといわれています。

仏の座(ほとけのざ):田など湿地に自生します。別名をコオニタビラコといいます。

菘(すずな):蕪(かぶ)の別名です。

蘿蔔(すずしろ):大根の別名です。

03

野に芽吹く若菜を食し、自然界から新しい生命力を得ることで無病息災と長寿を願いましょう。最近は、スーパーマーケットなどで、七草がセットで販売されていますので、七草がゆをつくるのも難しくありませんね。

七草がゆのつくり方

04

〈材料/2膳分〉

・ご飯 1膳
・七草 適量(かぶや大根など手に入るものだけでもよいと思います)
・塩 少々
※本来おかゆは、お米を用いてつくりますが、今回は時短レシピとして炊いたご飯をつかいます。

〈作り方〉
1.七草は食べやすいよう細かめに刻んでおく。土鍋に水500ccを入れ、沸騰したらご飯をいれます。すぐにおたまなどを使い鍋のなかでしっかりほぐしましょう(お米に触るのはここまで)。
3.吹きこぼれない程度の強火をキープし、全体にとろみが出てくるまで煮ます(かき回すと、ドロドロし過ぎておいしくないおかゆになるので、かき回さないで)
4.とろみが少しでてきたら弱火にしてさらに煮ます(ここでも混ぜるのは禁止)。
5.水分が少なくなってきたら、刻んだ七草をいれさっとまぜ、火を消しふたをして3分ほど蒸らします。椀によそい好みで塩をふって食べます。

レシピを教えてくれたのは…
大人気企画 【21時以降食べても罪悪感ナシ! 働き女子のリアルに10分で作れる残業ごはん】でおなじみの佐藤明美さん。料理の腕はピカイチ。Instagram@sizukuishii)にアップする時短レシピ、〝残業ご飯〟が好評。

木村通子 神宮館社長

06

毎年シリーズ700万部を超える販売数で人気の神宮館高島暦(じんぐうかんたかしまれき)の出版社で社長をつとめる。「ストレスの多い現代女性が暦を使って幸せになる方法」、「日本に古くから伝わる行事や風習を後世に伝える」、「心得ておきたい冠婚葬祭のマナー」をテーマに各方面で活動中。プライベートでは二児の母であるワーキングマザー。趣味は日本のパワースポット巡りと料理。九紫火星。
※こよみ(暦)というのは、時の流れを、1日を単位として、年、月、週によって区切り、数えるようにしたもの。そのこよみに、九星別各人の運気の動向などを記載した神宮館発行の高島暦は、年齢、性別を超えて愛されている。

 
あなたにおすすめの記事