ユニクロ

2016.11.29

【ユニクロ裏技!】実験でわかった、ヒートテックで極寒に備える方法

20代から30代の女性、1,410人のヒートテック疑問を大調査!

2003年のデビュー以降、日本だけでなく世界を暖めてきた日本のテクノロジーが詰まったヒートテック。2014年にはヒートテックの約1.5倍暖かい「極暖」がデビューするなど年々進化を続け、今や私たちにとって、この時期なくてはならないインナーとなりました。

冬に出かける時、ヒートテックを着ているのと着ていないのでは、確実に体感温度が違いますよね。私ライターSも「今日寒いね~…。でも、インナーがヒートテックだから大丈夫♡」なんていうやりとりを毎年友達としている気がする。

01

冬の女性の強い味方のヒートテックですが、今回ユニクロでは20代から30代の女性1,410人にヒートテックの疑問があるかを調査! 調査の結果、約16.0%、226人の女性がヒートテックに対して疑問を持っていることが明らかに。

その中で多かったお悩みがこちら!

「ヒートテックを重ねて着ると、より暖かいの?」

極寒の日の冬のお出かけには、私もヒートテックを2枚重ねて外出した経験があります。暖かい気がするけれど、実際本当に暖かいのでしょうか…?

そこで! 寒さがきびしくなるこれからの季節に向けて、ヒートテックの効果的な重ね着の仕方を研究しました!

検証! ヒートテック2枚重ねはヒートテック1枚より暖かいの!?

今回の検証では、「ヒートテック1枚着」と、「ヒートテックの重ね着」の暖かさをサーモグラフィーで検証。ヒートテックの重ね着は、Mサイズの2枚重ねと、Mサイズの上にLサイズを着用する2パターンで検証しました。

▼まずこちらが、ヒートテックMサイズを1枚着用したサーモグラフィー

02

体温が、34,7度以上(オレンジ、赤色)ある面積ももちろんあるけれど、まだまだ温度が低い面積(緑、黄色、青色)が目立ちます。

▼こちらが、ヒートテックを2枚重ねしたサーモグラフィー

03

お! 右のほうが、赤色の面積が広い! 重ね着の2パターンを比較すると、Lサイズを上に着用した方(画像右)が、温度も低い面積も少なく、暖かい面積が多いことがわかります。

なぜLサイズを上に着用した方が暖かくなるの?

「ぴったりサイズを2枚重ねた方が、熱が逃げなさそう!」と考えてしまいがちですが、寒い冬に衣服で暖かくするためには「空気の層」をうまく活用することがポイント。空気の層を潰してしまうと、保湿力が低下してしまうので、程よく衣服間に空間を保つことは、保温効果のアップにつながるんです。

今回の実験での衣類の熱抵抗を表すCLO値を算出したところ…ヒートテック1枚着に対して、2枚重ね(上にLサイズ着用)は約2.2倍暖かいという結果になりました!

今度からヒートテックを買うときには、1サイズ大きいヒートテックも一緒に揃えると、冬の寒い日の外出の強い味方になりそうです♪

重ねるサイズに暖かさの秘密があったユニクロのヒートテック。あなたも、ヒートテックの正しい着方を身につけて、この冬の寒さも乗り切りましょう♡

▶️ユニクロ公式ホームページ

 
あなたにおすすめの記事