CanCam

2017.04.09

パリへ旅立つスタイリスト丸林広奈の旅バッグの中身、全公開!

CanCamスタイリスト 丸林広奈のmy addict…vol.25
これまでの記事

ただいま、パリに滞在中です!

s__6357278

みなさん、ボンジュール!
CanCamスタイリストの丸林広奈です。

突然ですが、私、今パリにいます!!
大学4年のときに数ヶ月滞在して以来の念願のパリ再訪♡(以前の連載で当時のことを振り返っています)

パリに到着して2日目。
今日はどこへ行こう、何をしよう、何を買おう…とワクワクが止まる気配がありません。これから約3週間パリで過ごすので、今週・来週・再来週は「my addict in Paris」

パリで行った場所、買ったもの、旅の必須アイテム…などなど、今回のパリ旅にまつわるアレコレをお話ししていこうと思います!

さて、今こうして何食わぬ顔でパリにいるのですが、空港に向かう直前まで「やばい、準備が終わらない…!!」ともうドタバタで。空港に向かう当日ですら、まだ買い出しをしているというありさまでした(笑)。フライト、間に合ってよかった……(ふぅ)。

s__6430773

そんな波乱とともにスタートした2017パリ滞在。「my addict in paris」の第1弾は「旅アイテム」について。パリまでのフライトをともに過ごした機内グッズなど、旅の相棒たちを紹介します♪

▶️冬のパリで出会ったもの(パリの旅 前編)|丸林広奈のmy addict…vol.8
▶️美し過ぎるクリスマスの街並(パリの旅 後編)|丸林広奈のmy addict…vol.9

旅アイテムは、機能性&使い心地重視です!

今回の機内バッグの中身はこんな感じ♪

2

バッグは最近ブーム再燃中の「ルイ・ヴィトン」のスピーディ。
寒さ対策用にストールを持って………とここまではオシャレっぽいですが、中身は「これがかわいいっ♡」というものはほとんど入っていません(笑)。

羽田からパリまでは12時間超のロングフライト。なるべく快適に過ごせるように、とにかく機能性&使い心地を重視したセレクトになっています。

1 潤い度の高いマスク
絶対に欠かせないのがマスクです。しかも普通のマスクではなくて、ウェットフィルターがついている、潤い力高めのものをチョイス。マスクの内側を加湿状態にしてくれて喉を乾燥から守ってくれます。マスクって喉だけじゃなく、肌の乾燥も防いでくれるからフライト時は絶対に手放しません!

2 好きな香りのハンドクリーム
パスポートの左下にあるゴールド×ライトブラウンの筒にはハンドクリームが。シアバターやココアバターが配合されていて、かなりしっとり感アリ◎。しかもとにかく香りがよくて…。このハンドクリームは、アルコールや水を一切使わずに作られているパフュームオイル専門店「The PERFUME OIL FACTORY」が手がけているものなんです。ムスクとホワイトグレープフルーツの優しくって爽やかな香りがとってもお気に入り。大好きな香りを感じるだけで、すごく癒されますよね…♡

3 じんわり眠りを誘うホットアイマスク
ホットアイマスクも大切な癒しアイテム。これも必ず持って行く旅の必須アイテムです! じんわりと蒸気を使って目元を温めるから乾燥対策にもぴったり。これを使うか使わないかで目元のしっとり具合が変わってきます◎。しかも目の周りを温めてあげると、体がリラックスモードに入るので眠りに入りやすくなるそう。体力温存のためにも機内ではゆっくり眠る時間も作りたいので…ホットタイプのアイマスクは欠かせません!

4 無印良品の微粒子ビーズのネッククッション
そして“眠り”に欠かせないのがネックピロー。今までは空気を入れるタイプを使っていたんですが、なんだかしっくりこないときもあって…。「ビーズタイプの方が気持ち良く眠れるよ!」と聞いて、今回「無印良品」でGET。首へのフィット感抜群で、しかも肌触りがいいのもうれしい〜! 新調してよかった♪ かさばるように見えるけど、ストラップが付いているから形もストレートにできるし、キャリーケースの持ち手に引っ掛けたりもできます♪

5 パリ特集の雑誌
そして、パリ特集が組まれている雑誌をじ〜っくりと読み込んで情報収集。今回はとにかくいろんなお店を回ろうと思っているので、事前情報はひとつでも多く仕入れておきたくって。「早くパリに着いてほしい〜早くココに行ってみたい〜」って雑誌を見ながら何度思ったことか。行きたいところは全部網羅するぞっ!!

防犯意識はかなり高め。大事なものはウエストポーチにIN!

海外ひとり旅。私はとにかく用心に用心を重ねる派です。私はこれが普通だと思って当たり前のようにやっていたことに対して、「え! そこまでしてたの!?」って驚かれることも。アメリカやヨーロッパなどなど、何度もひとりで海外に足を運んできたけれど、これまで大きなトラブルに巻き込まれずに済んでいるのはこの防犯意識のおかげだと思います。

1

1 スキミング防止のパスポートケース
この赤いケースがパスポート入れ。ICパスポートやICカードに入っている個人情報が流出してしまわないように、スキミングガードフィルムが内蔵されているものを使っています。パスポート以外にカードやチケットとかも入れられるようになっているマルチケースタイプです。ここもやっぱり使い勝手重視! でもカラーは気分が上がるレッドで♡

2 極薄のウエストポーチ
パスポート、現金、カード…大事なものはインナータイプのウエストポーチに入れて、服の中に! バッグの中に入れておくのも怖いので、自分の体に巻きつけて服で隠します。これは本当に薄いのでコーデに全く響かないんです。これもスキミングガード機能が搭載されてます。念には念を…! ちなみにこのポーチは、世界中のガイドブックを発行している「地球の歩き方」のオリジナル商品。旅のプロ達がつくるものは、やっぱり頼りになりますね。

3 荷物まとめベルト
バッグをふとどこかにポンと置いた隙に…なんていうケースも心配! ということで、スーツケースと機内バッグをつなぐベルトも付けています。防犯の意味もありますが、単純にこれがあるだけで移動がかな〜り楽になるんです。荷物を一つにまとめることができちゃうので、その分手が空いて快適です!
こんな風にアイテムも使いますが、あとはスマホもポケットに絶対入れないとか日本では無意識的にしちゃうことも海外ではしないようにかなり気をつけてます。

前回パリに行った時に聞いたのですが、ひとり旅の時は気を張っている人も、誰か知り合いと二人になった途端に「誰かが一緒にいるから大丈夫」とつい安心しがち…。なので、ひとりでいる旅行客よりも複数でワイワイしている旅行客の方が狙われてしまうこともあるんだそうです。

とはいえ、どちらもケースバイケース。ひとり旅もお友達と行く旅も、トラブルに巻き込まれずに旅行を充実させるためには、やっぱり“気をつける”に越したことはないと思うんです。楽しく過ごして、楽しく帰ってこれるのが一番ですもんね♡

今回のパリでは、とにかくいろんなお店に沢山入って、いろいろなものを見てきたいと思っています。インテリアも、雑貨も、服も、パン屋さんにも! 自分の足で歩いて、パリの街並みを存分に眺めてきたい。その場所に行かなければわからない街の雰囲気やムード、そして“流れ”を、思いっきり感じ取りたいな。

さて、今日も元気に出かけてきます♪
来週もまたパリから「my addict in Paris」お届けする予定です。お楽しみに〜!

これまでの記事

丸林広奈 CanCamスタイリスト

1992年生まれ、福岡県出身。2012年、CanCamスター読者として誌面に登場すると瞬く間に読者から圧倒的な人気を集め、2013年にはなんとCanCamの表紙モデルに抜擢され大きな話題を呼ぶ。そのファッションセンスをかわれ、現在はCanCamスタイリストとして活躍中。誌面コーディネートはもちろん、本人の私服スタイリングにも多くのファンが。ファッションだけでなく、ビューティやライフスタイルまで注目を集めている。Instagram→@hironamarubayashi

 
あなたにおすすめの記事