丸林広奈のmy addict

2016.12.18

美し過ぎるクリスマスの街並(パリの旅 後編)|丸林広奈のmy addict…vol.9

丸林広奈 CanCamスタイリスト
これまでの記事

しごとなでしこ読者のみなさん、こんにちは! CanCamスタイリストの丸林広奈です。

前回に続いて、今週もパリを旅したお話を。

実は、この旅はヨーロッパのクリスマスマーケットに魅了された旅でもありました。もともと好きだったクリスマスが、この旅を通してさらに大好きになったんです♥

ちょうど1週間後は12月25日…まさにクリスマス当日ということで、今回はクリスマスにまつわるエピソードからお話ししていきたいなと思います。来週に向けてクリスマス気分が盛り上がっちゃう!そんな回になったらいいな♫

ヨーロッパのクリスマスの雰囲気が伝わるように、いつもより写真多めにお届けしますっ!

何度行っても飽きない…!
パリのクリスマスマーケットの虜に♥

凱旋門から伸びる、あの有名なシャンゼリゼ通りもイルミネーションが施されてひときわ美しくなるパリのクリスマス。イルミネーションを見ているだけでもうっかり時間を忘れてしまいそうになるくらい素敵なのですが、通りの両側にはズラリと屋台小屋が。この屋台を覗くのもまた楽しくて、もう歩いても歩いても歩き足りない!

maru_parii

maru_paris1

屋台ではクリスマスにちなんだ雑貨がたくさん売られています。おしゃれなリースやオーナメント、オブジェなどなど…あれも可愛い!これも可愛い!と思わず目移り♥ 海外の人たちはクリスマスの飾りを毎年変えるので、こういったマーケットをチェックして飾りたいと思うものを調達していくんだとか。

雑貨だけではなくホットワインやソーセージなどの食べ歩きグルメも屋台で売られている…というのも大切なポイント。キラキラとした通りを眺めながらのホットワインは格別の美味しさなんですよね♥

maru_paris2

ホットワインを片手に体を温めつつ、私はこのクリスマスマーケットを何往復したんだろう…もはや数えられないくらい毎日のように通い詰めていました(笑)。

そんなパリのクリスマスマーケットでGETしたもの。それがこのトナカイの置物。日本でよく見るトナカイとは少し違ったレトロさやどこかとぼけた表情が可愛くて思わず日本に連れて帰ってきました♥

maru_paris

この写真ではそれ程大きく見えないのですが…これが結構大きくって。帰国するときのスーツケースの半分はこのトナカイが占めていたのではないかという、まさかのサイズです(笑)。

去年のおうちクリスマスの飾りはこのトナカイ1匹だけ…と寂しい思いをさせてしまったので、今年は同じサイズ感のサンタクロースの置物を我が家にお迎えしました♫音楽が鳴りながらくるくると回る、賑やかでチャーミングなサンタです。クリスマスツリーも購入して、トナカイ&サンタコンビと一緒に飾っています♡

まるで絵本の世界みたい!
ベルギーのクリスマスも素敵でした♥

パリでクリスマスマーケットの美しさと楽しさにすっかりハマってしまった私。「ベルギーはクリスマスマーケットが有名!」と聞いて、パリで仲良くなった友人と一緒にベルギーへ。

maru_beru1

maru_beeru

テーマパークに迷い込んだのかな? 絵本の世界に入り込んでしまったのかな…? そんな錯覚をしてしまうような、非日常的な雰囲気とヨーロッパならではの可愛らしさが堪能できるところでした。とても大きな街ではないけれど、その分街全体がクリスマス一色に! だからこそ、日常とは違う特別な雰囲気がより強く感じられたのかな。

朝は10時くらいまで暗いのに、夕方16時くらいには日が落ちてもう暗くなってしまうという、明るい時間帯が本当に短いところですが、それも全く苦になりません。だってほら、こんなにも幻想的だから…♥

maru_beru2

あ、ムール貝とベルギービールもプチ・ベルギー旅の大切な目的でして♡ こちらもちゃんと堪能して帰ってきました。

maru_beru4

ロンドンにも行ってきました♡
自分へのお土産は…湯たんぽ!

パリを拠点にベルギー以外にもいろんな国や街へ足を伸ばしましたが、その中で特に印象深いのはイギリス・ロンドン! パリでの住まいを提供してくださったご夫婦の奥様がロンドン出身なので、帰省に同行させてもらいました。名所などを案内してもらう時もあれば、それぞれ自由行動をする時も。

maru_lon5

ロンドン滞在中、頻繁に足を運んでいたのが「ハロッズ」や「リバティ」といった老舗のデパートです。外観はもちろん、デパートの中までもクリスマスムードで華やかな心躍るディスプレイが♥ もちろん可愛いお洋服や小物もたくさん!……とあっては、どうしようもありません。パリでのクリスマスマーケット同様に、ロンドンでは毎日のようにデパートに潜入していたのでした(笑)。

maru_lon3

maru_lon4

ロンドンでは自分へのお土産を購入。それは、湯たんぽです。

maru_lon2

「え? どうして湯たんぽ?」という疑問が浮かぶ方も多いのではと思うのですが、ロンドンって街の至るところに湯たんぽが売られているんです。薬局とかだけではなく街角のコンビニにもあるからびっくり。

それならば!と私も「リバティ」で見つけたニット地カバーの湯たんぽをGET。こんなおしゃれな湯たんぽ、日本にはなかなかないですよね。今年の冬もおうちで大活躍。冷え性な私を助けてくれています♥

私にとって旅はインスピレーションの源

不安を抱えながら決心した、冬のパリ3ヶ月滞在。素敵なご夫婦との出合いあり、一生モノアイテムとの出合いあり、美しいクリスマスの風景との出合いあり…とたくさんの出合いに恵まれた、濃い長旅でした。

この中で得た経験や見た景色が、今しているスタイリストの仕事の土台となっているように、私にとって旅はインスピレーションの源! これからも国内・国外問わずいろんなところへ出かけて、新しいものを見て吸収して、同時に今までの自分を振り返って…どんどん自分自身をアップデートしていきたいな。

また、おすすめの旅プランやお気に入りの旅先についてもお話ししていきますね!では皆さん、素敵なクリスマスを♥♥

これまでの記事

丸林広奈 CanCamスタイリスト

1992年生まれ、福岡県出身。2012年、CanCamスター読者として誌面に登場すると瞬く間に読者から圧倒的な人気を集め、2013年にはなんとCanCamの表紙モデルに抜擢され大きな話題を呼ぶ。そのファッションセンスをかわれ、現在はCanCamスタイリストとして活躍中。誌面コーディネートはもちろん、本人の私服スタイリングにも多くのファンが。ファッションだけでなく、ビューティやライフスタイルまで注目を集めている。Instagram→@hironamarubayashi

 
あなたにおすすめの記事