Oggi

2017.03.30

エディター三尋木奈保 コラボ【襟抜きシャツ】が今すぐ買える!

edit store

発売のたびに完売続出の【三尋木さんコラボ】エディットストアに登場です!!

働く女性のための24時間オンラインショップ〝editstore〟で今すぐ買える、三尋木さんのこだわりが詰まった人気ブランドとの最旬コラボアイテム「好印象ベーシック」を全4回でご紹介します!

エディター三尋木奈保コラボ 「好印象ベーシック」の最旬アイテム、完成!

mihi

「欲しいものばかりで、毎回発売が楽しみ」「三尋木さんコラボなら間違いがない」と、毎シーズン読者から大反響のこの企画。人気の秘密は、三尋木奈保の〝確かな審美眼〟――これに尽きます。敏腕エディターならではの旬をとらえる感性と、彼女が本来もつブレのないベーシックへの視点。ふたつのアンテナがシンクロして、読者の「今、欲しい」に応えた魅力的な服をつくりだしています。三尋木流の上質なこだわりを、ぜひ体感して。

【三尋木奈保 Naho Mihirogi】
メーカー勤務後にエディターへ転身。ベーシックを洗練させる等身大のリアルな提案に、働くOggi世代から多くの支持が。自身のおしゃれルールをまとめた著書『My Basic Note』(小学館)は12万部に迫るベストセラーに。

〝デミルクス ビームス〟コラボ1
【襟抜きシャツ】

「大人が着られる上品なラフ感を目ざしました。単なるカジュアルに終わらないこだわりが満載です」

shirts

そではたくし上げたときに収まりがいいよう、短めの八分そでに設定。

(写真左)デニムシャツは淡い色のほうが、大人の女性がきれいに着こなせる。まろやかな水色になるまで洗いをかけた上品なトーン。

(写真右)「カーキだと私的には辛口すぎる気がして、ベージュをセレクト」と三尋木さん。赤みのある浅すぎない色味で、肌映りがいい。

各¥15,000
ベージュ/デニム フリーサイズ
素材 コットン100%

editstoreで詳しくチェック

三尋木’s コーディネート

きれいめシャツにはない、タフでドライなニュアンスにワクワクするはず

「襟を抜いて着るオーバーサイズのシャツ。大好きなんだけれど、最近なぜかマンネリぎみ。――そうか、手持ちのものは全部、薄手でパリッとしたきれいめ素材だからだ、と気がついて。地厚素材のカジュアルなタイプ、つくっちゃいました。大人が着るからには、ウォッシュ加工の本格感がとにかく大事。洗いの工程を何度も試作して、納得のいく風合いが出せました。一方、カラートーンはあくまで女性らしくまろやかに。この感じ、すごく新鮮です!」

50m

(写真左)Aラインスカートとも好バランス
手持ちのコンサバスカートも、これを合わせるとこなれ感がプラスされて新しい雰囲気へ。

(写真右)水色デニムにライトグレーが品よくマッチ
ウールのワイドパンツできちんとシックに。

editstoreで詳しくチェック

Check!

(写真左)本体の素材感がカジュアルだから、ボタンは上品なホワイトシェルに。この「白」がクリーンな印象に効いてます。

(写真右)縫製後に洗いをかけているので、ステッチ部分に自然な色ムラが。本格的な味わいのある風合いに。

editstoreで詳しくチェック

※この特集内の着用アイテムで、クレジット表記のないものは本人私物です。

2017年Oggi5月号「エディター三尋木奈保コラボ“好印象ベーシック”の最旬アイテム、完成!」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/勝岡ももこ(人物)、佐藤 彩(静物) ヘア&メーク/神戸春美 撮影協力/城長さくら(kind) 構成/高橋香奈子、三尋木奈保】

小学館女性誌・公式オンラインショップ editstore(エディットストア)

CanCam、Oggi、Domani、美的など小学館女性誌の公式オンラインショップ。働く女性が「今欲しい!」と思うアイテムを揃えて24時間365日OPEN中。

Oggi5月号

アラウンド30歳からの働く女性に向けて、シンプルでセンスのよい、ベーシックなファッションを提案する月刊誌。トレンドを追いかけるのではなく、「着る人が素敵に見える」「本人も周りも心地よい」スタイルを追求している「Oggi」のためし読みと購入ができます。

 
あなたにおすすめの記事