ファッション

2017.01.02

絶対失敗しないSALE買い【トレンドアイテム&小物編】アラサースタイリスト4人がレクチャー

「長く使えそう」と手に取った定番服、
「安いし買っておこう♥」とノリで買ったトレンド服、
結局たんすのこやしに(涙)…なんて経験ありませんか?

ディテールの見極め、ワードローブとの相性etc.正確な判断力を養うべく、徹底解説。

「絶対失敗しないSALE買い【ベーシックアイテム編】」はこちらから。

セール前の必読をおすすめします!

02

リアルOggi世代スタイリスト4人の冬セール攻略法、緊急座談会!

03

左から…

坂野陽子さん(30歳)
師匠・金子 綾氏譲りの辛口いい女系のスタイリング。冬のセールでは着太りして見えないかをチェックするためにも「試着は絶対にする」そう。

角田かおるさん(27歳)
ほんのりエッジの効いた辛口スタイルが得意。冬はワンツーコーデが多くなってマンネリしがちなので、「セールはトレンド小物狙い」とのこと。

城長さくらさん(27歳)
望月律子氏に師事し2016年に独立。シンプルなスタイリングに期待大。「定番もトレンドもバランスよくまわれるルミネ新宿界隈が庭(笑)」。

渡辺智佳さん(32歳)
某大手銀行で働いていた元OLスタイリストで、セールでも財布のひもが堅い堅実派。「ニットはカシミアより季節を問わないコットンを」。

長く着ることより着られる頻度で勝負!
《トレンド編》

角田 私がOggi読者にぜひトライしてみてほしいのは花柄! この秋冬はいろんなブランドから出ているから、セールにも登場しそう。ただし、黒ベースのヴィンテージ調のものだけ! ひと昔まえのかわいい系の代表のような淡い花柄は「懐かしい人」になるから要注意。
坂野 「ヴィンテージ」と「懐かしい」は間違えちゃいけないね(笑)!
渡辺 私は旬モノならコーデュロイ推し。大人系カジュアルブランドにあるようなブラウンコーデュロイの細身パンツはリッチ感が別格。
城長 私はタイトスカートでとりいれてみたい。フレアはカントリー調になりそうだからタイト限定で。
角田 春の抜け感トップスとしてワイドボートネックもいいよね。
坂野 うんうん。私はVネック好きだから、前後に開いているタイプもセールで狙いたいな。もちろん今の時期は厚手コートで防寒して(笑)。

SNS映えする旬柄NO.1!【花柄アイテム】

●ヴィンテージ風ワンピース

04

じわじわと流行中の花柄。Oggi世代なら、黒ベース×ヴィンテージ風の大きめの花柄を選ぶと◎。マキシ丈のシャツワンピースなどがオススメ。「黒ベース×大柄が絶対! 甘く着ないのが鉄則です」(角田さん)

●これはNG! 淡色ベース×小花柄

05

ベージュ×小花柄は甘い印象に。中途半端な丈も老ける原因に…。

トレンド感があるうえに暖かい!【コーデュロイ素材】

●くるぶしパンツ

06

細身のシルエットが絶対。モードすぎるフルレングスのワイドパンツは避けるほうが無難。薄手素材のタイプもリッチ感が漂わないのでNG。「太すぎず細すぎないうねを選び、いい女に着る、が肝」(渡辺さん)

●タイトスカート

07

スカートの場合も細身シルエットのタイトが◎。ミニ丈、コクーンやフレアシルエットはほっこりしてキレのないコーディネートになるので×。「大人っぽくはく最大のコツは細身&ひざ下丈!」(城長さん)

春は分厚いニットじゃ恥ずかしいから… 【肌見せニット】

●ワイドボートネック

08

肩がぎりぎり出ないくらいのデコルテラインが広く開いたボートネック。ヘルシーな肌見せでいやらしくないから、ギリギリ会社にも着て行ける。「オフショルダーより気恥ずかしくない。ニットなら今からOK」(角田さん)

●前後Vニット

09

背中が開いたニットも今季は多い傾向。薄手のリブニットではボディコンシャスすぎるので、モヘアやパステルカラーなどを選ぶのがちょうどいい。「アウターを脱いだとき、さりげなく色気が漂う。×デニムで着ても素敵!」(坂野さん)

定価ではなかなか…だから今がチャンス!
《インナー&小物編》

角田 セールではアクセサリー系も見逃せないよね。コートなどの大物を狙っている人が多いから敵が少なくて店内では穴場エリア。ここ最近イヤーカフとか耳に盛るのにハマっていたけれど、久々に首元が気になる! とはいえキラキラビジューは時代錯誤感が否めないから(笑)、シンプルなチョーカー限定。
城長 私はアクセサリーよりもスカーフがほしい。定価では手が出ないインポートに焦点を当てて。赤や青など、きれい色が入っているものなら老けないし、バッグの取っ手に巻いてアクセ感覚で使うと簡単よね。それとキャスケットもきれいめコーデにしっくり。ハットやニット帽よりトライしやすいはず。
角田 あとレースキャミソールもセール価格で出ていたら絶対に買いだよね。私たち世代だと、学生時代にニットやカットソーの上にキャミっていう重ね着ブームがあってその印象が強いから、個人的には一枚で着たいな〜
一同 わかるわかる!
坂野 バッグならダントツでバケツ形! ほっこりしないように、素材はレザーでね。
渡辺 ジャケットやきれいめのパンツスタイルに合わせて持っても素敵よね。もし今私がOLだったら会社に持って行っていただろうな〜♪

シルバーチョーカー

10

久しぶりに首元アクセが復活。首の後ろが開いた輪っかタイプのシルバーチョーカーは、着脱もラクでプレーンなニットのアクセントに。「初心者はひも状よりこちらのタイプを見つけたら買うべし!」(角田さん)

スカーフ

11

バッグや手首など巻くのに使い勝手がいいのはバンダナサイズの中判サイズ。柄に3色入っているとコーディネートとリンクしやすくて◎。「使い勝手がいいのは3色使いの大判すぎないタイプ!」(城長さん)

キャスケット

12

帽子慣れしていない人にこそ、一度手に取ってほしい。いつものタートルニット×パンツに合わせれば、冬マリンに。マンネリ打破に最適。「シンプルなワンツーコーデがこなれカジュアルに早変わり」(城長さん)

●これはNG! ニット帽

13

今季の女っぽいコーディネートにはカジュアルすぎるのでスルーしてOK。

レースキャミソール

14

サテン地やレース付きで肩ひもは細いタイプが女らしくて◎。肌の上に一枚で着てジャケットをはおる前提で、胸元のカットが深すぎないものを。「女っぽく着たいから、NOTレイヤード前提です」(角田さん)

バケツ形レザーバッグ

15

レザーのきちんと感と長財布が入るほどの収納力とで、休日だけでなく通勤にも対応可。フォルム自体がキャッチーなので黒でも地味にならない。「レザーならONもOFFも使えて便利」(坂野さん)

「絶対失敗しないSALE買い【スタイリストのリアルセール戦利品&SALE早耳情報】」につづく

2017年Oggi2月号「今度こそ、絶対失敗しないSALE買い!」より。
【本誌掲載時スタッフ イラスト/わたなべろみ 構成/小林 文】

Oggi2月号

アラウンド30歳からの働く女性に向けて、シンプルでセンスのよい、ベーシックなファッションを提案する月刊誌。トレンドを追いかけるのではなく、「着る人が素敵に見える」「本人も周りも心地よい」スタイルを追求している「Oggi」のためし読みと購入ができます

 
あなたにおすすめの記事