Oggi

2017.05.08

ジャケットマストな会議の日は【タンクワンピ】|楽だし女らしい“ビズワンピ”が欲しい!

楽だし女らしいし、働く意欲も気分もアガる!

仕事のあるあるシーンに合わせて、6つの〝ビズ・ワンピ〟を紹介します。

ONE-PIECE 01
ジャケットマストな会議の日は…
肩回りがもたつかない「タンクワンピ」

ジャケット合わせを念頭に置いて、鎖骨がきれいに見えるネックラインや春らしいレース使いなど、どこか女らしさが香るデザインを選びたい。

60m

上品なベージュワンピをノーカラージャケットで今っぽく!

ベーシックなデザインながら、繊細な織り柄が洗練された雰囲気。キャップスリーブが肩を覆ってくれるので、ジャケットを脱いで1枚で着ても、オフィスで浮かないきちんと感。ワンピース¥26,000(ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館〈ユナイテッドアローズ〉) ジャケット¥15,000(PLST) スカーフ¥11,000(フラッパーズ 〈マニプリ〉) ピアス¥8,750(アビステ) 時計¥370,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) メガネ¥9,000(ゾフ カスタマーサポート〈ゾフ〉) バッグ¥33,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈キャロルジェイ〉)

60s

VARIATION

601

モノトーンの大人チェック

幼く見えがちなチェック柄も、細いラインで描かれているので、シックに着られてビズシーンでも活躍。ウエスト付近の横縞を密にし、白の分量を減らすことで、スリムに見える視覚効果も! ワンピース¥27,000(22 オクトーブル)

602

立体感のある華やぎレース

前身ごろにだけカットワークレースをあしらっているので、目立ちすぎず好印象。肩の露出が少ないキャップスリーブもうれしい! ワンピース¥26,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈ユニバーサルランゲージ〉)

603

バックシャンな黒ワンピ

ストンと着られるⅠラインシルエットと、浅いV開きネックがスタイリッシュ。前から見るとシンプルな黒ワンピだが、後ろは大きなひとつボタンをアクセントにしたラップ風デザイン。ワンピース¥39,000(Theory luxe)

「週1ワンピ」で気分転換!ランチミーティングの日は…【シャツワンピ】につづく

2017年Domani5月号「“週1ワンピ”で気分転換!」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/平井敬治(人物)、寺山恵子(静物) スタイリスト/山﨑ジュン ヘア&メーク/シバタロウ(P-cott) モデル/加納奈々美 構成/木戸恵子】

 
あなたにおすすめの記事