ファッション

2017.04.20

毎日一緒のキャリアBAGを更新しましょ【A4の書類やPCを持ち歩く荷物多め派】編

通勤バッグは女性にとってパートナーのようなもの。A4書類やPCマストの「荷物多め」派、お財布とスマホとポーチが 入ればいい「荷物少なめ」派、両方で探しました。

デイリーに使う通勤バッグだからこそ旬のデザインのものに替えるだけで、スタイル全体に今っぽい雰囲気が高まります。普段持ち歩く荷物の量に合わせて、自分のライフスタイルにフィットした使い勝手のいいパートナーを見つけて。

※文中の[ ]内の数字は、縦×横×マチを表します。単位はcmです。(編集部調べ)

A4の書類やPCを持ち歩く「荷物多め派」のあなたにオススメ!

仕事のファイルやガジェットもガンガン入れられる大きめサイズなら、縦長フォルムが今季の新顔として気になる存在。また働く女性の強い味方、万能なトートも軽量になって進化。

112

J&M DAVIDSON[ジェイアンドエム デヴィッドソン]
マチがしっかりあるシンプルなフォルムが使いやすい『オリヴィア』シリーズ。サワーな色味のイエローが鮮度をもたらし、軽やかなアクセントに。バッグ[27×32×16]¥195,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) ブラウス¥16,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) パンツ¥15,200(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) リング¥10,000(アガット) ブレスレット[右手]¥16,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) ブレスレット[左手、ゴールド]¥210,000・[左手、シルバー]¥314,000(ベルシオラ) 靴¥56,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)

pellico

PELLICO[ペリーコ]
スタンプクロコダイルの風合いがシックに映える深いネイビー。仕事ができるキャリア感が際立って。[24.5×48×22]¥45,000(ユナイテッドアローズ 銀座店〈ペリーコ〉)

great

Great by Sandie[グレート バイ サンディー]
かっちりしたスクエア型のスエードがモードっぽさ抜群。休日にはデニムのインディゴに合わせるのも素敵。[38×34×12]¥38,000(ル タロン 丸の内店〈グレート バイ サンディー〉)

anayi

ANAYI[ アナイ ]
白、黒、ネイビー、ブラウン系…どんなベーシックカラーの服とも好相性なピンクベージュ。肩にかけやすいワンハンドルでこなれた雰囲気。[28.5×24×13.5]¥42,000(ANAYI)

long

LONGCHAMP[ロンシャン]
マットな白に映えるスタンプクロコダイルがリッチな印象。ダークカラーの装いでも、明るく新鮮に仕上げてくれる。[26×35×11]¥63,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)

113

FURLA[フルラ]
最愛3カラーをミックスさせたモダンなデザインは、通勤服に合わせやすく重宝。ふたがかぶせになったクラシカルなハンドバッグ型は今春のトレンド。バッグ[27×30×14]¥78,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) ジャケット¥20,000(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉) Tシャツ¥8,000(オンワード樫山〈ICB〉) パンツ¥39,000(ロンハーマン〈マディソンブルー〉) スカーフ¥8,800(フラッパーズ〈マニプリ〉) バングル¥5,700(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 2連リング¥23,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) ベルト[参考価格]¥15,000(アマン〈アンボワーズ〉)

gianni

GIANNI CHIARINI[ジャンニ・キアリーニ]
華やかさを放つメタリックゴールドは、大きめサイズでも軽やかに見える。軽量なのも働く女性にとってうれしい。[31×53×12]¥36,000(エス.アイ.エム〈ジャンニ・キアリーニ〉)

vasic

VASIC[ヴァジック]
艶のある黒の牛革に、同素材でスタッズ風の飾りがあしらわれた辛口デザイン。流行の縦長フォルムも、この春〝真っ先買い〟のポイント。[35×32×12]¥48,000(コード〈VASIC〉)

ost

ORSETTO[オルセット]
昨年、日本人女性デザイナーが立ち上げたブランド。マルチなオフ白、背面にポケット付き、ストラップは取り外し可能と、使いやすさが凝縮。[33×34×11.5]¥43,000(フラッパーズ〈オルセット〉)

(「毎日一緒のキャリアBAGを刷新しましょ【お財布とスマホ、ポーチが入ればOK!荷物少なめ派】」につづく)

2017年Domani4月号「毎日一緒のキャリアBAGを刷新しましょ」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/須藤敬一(人物)、小林美菜子(静物) スタイリスト/角田かおる ヘア&メーク/森野友香子(Perle management) モデル/渡辺佳子 構成/佐野有紀】

 
あなたにおすすめの記事