ファッション

2017.04.18

〝ジャケパン〟をもっと女らしく着るには?|今っぽく着るためのDomani的新ルール5

Domani最新号の大特集テーマは、「大人の通勤は2パターンでいい!」

その2パターンのひとつである「ジャケット&パンツ」=通称〝ジャケパン〟のアップデート方法を5つのルールでご紹介します!

あなたの〝ジャケパン〟の残念度はこちらでチェック
〝ジャケパン〟
が今いち、パッとしないあなた、こんなことになっていませんか?

今までお届けした新ルールはこちら。
〝ジャケパン〟の古くさく見えるを解決する新ルール1「まずは〝今っぽいジャケット〟に買い替えて!」
〝ジャケパン〟に「ワイドパンツ」あわせて今旬にする新ルール2「セットアップ&フラットシューズが鉄板バランス」
〝ジャケパン〟の堅苦しさをやわらげる新ルール3「インナーにボーダー柄を取り入れると、簡単にこなれ度UP!」
脱・地味な〝ジャケパン〟が即叶う新ルール4「思いきってきれい色をプラスしてみて」

〝ジャケパン〟を今っぽく着るための新ルール5
「女めシックなインナーを投入するのがおすすめ」

生真面目でマニッシュになりがちな、「ジャケパン」スタイル。女らしさを強調したい日は、素材やカッティングで〝シックな女らしさ〟を引き出した、旬トップスを取り入れるのが正解です!

50r

優雅で色っぽいとろみブラウスで〝女〟を語る作戦

インナーに抜擢したのは、エレガントなオフ白ブラウス。形はシンプルでありながら、自然なツヤ感のあるしなやかな素材で、品のある色気が香り立つ。ジャケットはラインの美しい黒テーラードをチョイス。ストレッチがふんだんに効いているので、そでをたくし上げるのも楽ちん。華奢な手首をさりげなく見せることで、さらに女っぷりを盛って。パンツはライトグレーで中和すれば完璧。ジャケット¥29,000・パンツ¥19,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) ブラウス¥17,000(エポカ ザ ショップ丸の内〈イー・エポカ ザ ショップ〉) ピアス¥3,500(アビステ) 時計¥370,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥62,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉)

50l

ネイビーレースを一点効かせて奥行きのある女らしさを

ミニマルなデザインのノーカラージャケットは、ドラマティックなレース素材と好相性。ちなみにレースアイテムは、ネイビーなどシックな色味を選ぶと甘くなりすぎず、洗練された空気感にまとまる。パンツはセンタープレス入りの黒テーパードで、スマートに。こんなふうに女らしさを前面に出さず、ハンサムなマインドに〝女前〟ポイントを少々。これこそが今っぽくて女っぽい「ジャケパン」スタイルの秘訣。ジャケット¥27,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) カットソー¥21,000(エポカ ザ ショップ丸の内〈イー・エポカ ザ ショップ〉) パンツ¥18,000(オンワード樫山〈ICB〉) ピアス¥7,584・ネックレス¥20,417(アビステ) 時計¥990,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥42,000(CPR TOKYO〈フリン〉) 靴¥14,000(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

51

ジャケットとインナーの上質感をカギに〝記憶に残る〟女を目ざして

ショールカラーの白ジャケットは、ドレッシーさが魅力。インナーにもリッチ感がないとちぐはぐになってしまうので、しなやかな質感&ダスティピンクのブラウスを。さらにブラウンのワイドクロップドパンツで、トレンド感のあるシルエットをつくれば、初対面のクライアントにもイケメンの後輩♥にも好感度の高い、「ジャケパン」スタイルに。女性分/ジャケット¥29,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ブラウス¥5,990(ドゥクラッセ お客様サービスセンター〈ドゥクラッセ〉) パンツ¥21,000(PINKY&DIANNE) ピアス¥4,278・ブレスレット[手首側]¥9,528・バングル[ひじ側]¥5,250(アビステ) 時計¥370,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉) バッグ¥19,000(インターステイプル 京急上大岡店〈インターステイプル〉) 靴¥25,741(銀座かねまつ 6丁目本店〈銀座かねまつ〉) 大野さん分/すべてスタイリスト私物

後輩役で出演してくれたのは…大野拓朗さん

おおのたくろう 1988年11月14日、東京都生まれ。ドラマ『とと姉ちゃん』『三匹のおっさん』、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(小池修一郎演出/主演ロミオ役)などで、今話題の若手俳優! 5月20日には初主演映画『猫忍』が公開予定。

2017年Domani5月号「“ジャケパン”を今っぽくする新ルール5」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/平井敬治(人物) スタイリスト/山﨑ジュン(里海・碧分)、TAKAFUMI KAWASAKI(MILD/大野さん分) ヘア&メーク/森ユキオ(ROI/里海・碧分)、森岡真紀(BEAUTRIUM/大野さん分) モデル/里海、葛岡 碧、大野拓朗 構成/今村紗代子】

Domani5月号

ニッポンでいちばん元気な「30代の働く女性」を応援する月刊誌。センスがいい、肌や髪がキレイ、なおかつメークもうまい──でもそれだけでは満足しない、前向きで欲ばりな女性たちのための雑誌「Domani」の購入・ためし読みができます。

 
あなたにおすすめの記事