ファッション

2017.01.11

大人の余裕でこなしたい♡「ニアリーホワイト」リッチ配色レシピ

ウールやカシミアなど、上質な冬素材だからこそ楽しめるニュアンスのある白は、大人の余裕をスマートに演出できる色。

そんな「ニアリーホワイト」と合わせれば、ベーシックカラーのベージュ、グレー、カーキもよりリッチ&おしゃれに着こなせます!

大人の余裕が出せるニアリーホワイトがこの冬、気分♡

mtop

大人の品格漂うアイボリーホワイト
ジャケットとプルオーバーを同じウール素材、同じアイボリーで重ねることで、真冬でも温かみを感じるスタイリングが完成。どちらもダーツの入った立体的なパターンなので、Allホワイトでもハンサムな印象。ジャケット¥89,000・プルオーバー¥48,000・パンツ¥49,000(マディソンブルー ヘッドストア〈マディソンブルー〉) バッグ¥110,000(アンテプリマジャパン〈アンテプリマ〉)

wi1

01.ツヤ感のあるミルキーホワイトのシャツ。コートやニットなど重めなアイテムが多くなるこの時期、ブラウスのしなやかな素材感で色気を加えて。ブラウス¥21,000(ANAYI)

02.レザーグローブもアッシュホワイトなら上品さがUP。いつものコーディネートに、手元の「ニアリーホワイト」で、エレガントさを注入して。グローブ¥12,000(フレームワーク 大船ルミネウィング店〈イタルグアント〉)

w2

03.ハンサムさ漂う、落ち感あるウールのワイドパンツは、オンにもオフにも大活躍。パンツ¥34,000(Theory)

04.スクエアのころんとしたバッグで、クラシックな表情に。バッグ¥160,000(アンテプリマジャパン〈アンテプリマ〉)

w3

05.輝かしいニュアンスのあるパールの白は、まさに余裕を感じさせる「ニアリーホワイト」。ネックレス¥660,000(ミキモト カスタマーズ・サービスセンター〈ミキモト〉)

06.白初心者でも簡単に取り入れられるミルキーホワイトのカシミアストール。ストール¥62,000(ユナイテッド アローズ 原宿本店 ウィメンズ館〈ジョンストンズ〉)

07.ボリューミーなムートンファー×アッシュホワイトの贅沢なぬくもりで、一気に女性らしい着こなしに。ジレ¥130,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店〈イネス&マーシャル〉)

w4

08.オフ白のセルフレームで、凜りんとした顔映え効果を狙って。サングラス¥46,000(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)

09.通勤にもOKなグレイッシュホワイトのパンプスで、抜け感を。靴¥30,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

w5

10.流行のざっくりニットで、こなれ感をアップデート。ニット¥33,000(プルミエ アロンディスモン NEWoMan 新宿〈プルミエ アロンディスモン〉)

11.美しいレースのカットワークを味方に、色香を香らせて。スカート¥19,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈フィガロ パリ〉)

WHITE×BEIGE配色
ニアリーホワイト×ベージュ

アイボリーやオフホワイトなどニュアンスのある白が主役だからこそ、同じく黄みのあるベージュとの相性は抜群! 全身を自然にまろやかな配色にまとめられる。

m2

ジェーン・バーキンが着ていたようなムートンコートを通勤スタイルに落とし込むなら、太めのワイドパンツで洗練された大人の女性へ導いて。コート¥200,000(メゾン イエナ〈アンノウン〉) Tシャツ¥7,500(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉) パンツ¥32,000(レキップ) ピアス¥60,000・ネックレス¥75,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バッグ¥80,000(アンテプリマジャパン/ワイヤーバッグ〈アンテプリマ〉) 靴¥33,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

WHITE×GRAY配色
ニアリーホワイト×グレー

シックだけれど、華やかさに欠けがちなグレーは、ニュアンスホワイトで明るさを加えると洗練度がアップ。アイシーな白がグレーと品よく調和して。

m4

流行アイテムのジレも、着慣れたタートルとなら難易度がぐっと下がって。細パンツよりもワイドパンツの体が泳ぐシルエットで優雅さを演出すれば、リッチに仕上がる。〝VONDEL〟のジレ¥50,000・〝CHEMBUR〟の靴¥35,000(FUN Inc.) ニット¥24,000(MOGA) パンツ¥20,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) バングル¥14,500(フィガロ パリ 銀座店〈メゾン ボワネ〉) バッグ¥102,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)

WHITE×KAHKI配色
ニアリーホワイト×カーキ

カジュアルさやメンズっぽいタフさが持ち味のカーキ。ベーシックになりつつあるこの色もニュアンスのある「ニアリーホワイト」と合わせると、たちまち女性らしさや気品が加わる♥

m8

こっくりカーキは、黄みの濃度を上げた温かみある白で受け止めて
レザートレンチ×ゴールドのボタン付きワイドパンツで、真冬のマリンスタイルに。コートをトレンチの王道ベージュではなく、オリーブカーキにすることで、着こなしに深みが生まれて。胸元に挿したサングラスもレンズをカーキでリンクさせ、大人の遊び心を添えたい。コート¥185,000(マディソンブルー ヘッドストア〈マディソンブルー〉) ニット¥33,000(八木通商〈ルトロワ〉) パンツ¥27,000(アルアバイル) サングラス¥21,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) バッグ¥35,000(ANAYI) 靴¥29,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

m7

カジュアルさの強いカーキも深めスリットのスカートで女っぷりを上げて。肌の色に近い淡いベージュ小物で、ヌーディ感を出し色っぽさを加えて。ニット¥22,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) スカート¥24,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店〈ジェーン スミス〉) イヤリング¥158,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) バングル¥23,000(アパルトモン 青山店〈ザ ミドル〉) 〝キャッシュ ストール〟のストール¥28,000・〝ペリーコ〟の靴¥46,000(プラージュ 代官山店〈キャッシュ ストール〉) バッグ¥20,000(Tiara〈ローレンズ〉)

m6

ワークっぽい濃いめカーキのニットワンピース。カジュアルなPコートと合わせても、オフホワイトをセレクトすると、リッチな雰囲気にシフト。ブーティやモヘアニットのレディな黒をちりばめれば、きちんと感も加わり仕事モードが高まる。コート¥49,000(アルアバイル) ワンピース¥37,000 (FUN Inc. 〈VONDEL〉) ニット¥21,000(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈フィガロ パリ〉) バッグ¥27,000(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉) 靴¥69,000(MOGA) タイツ/私物

2017年Domani1月号「大人の余裕でこなしたい♡“ニアリーホワイト”のリッチ配色レシピ」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/坂根綾子(静物)、金谷章平、トヨダリョウ スタイリスト/石毛のりえ ヘア&メーク/森ユキオ(ROI) モデル/絵美里、望月芹名 構成/菅 博子】

 
あなたにおすすめの記事