もうりメーク

2017.01.15

カーキを取り入れて、いつものブラウンメークをぐっとおしゃれに!【もうりメーク】

ひと塗りで女性らしく見せてくれるカーキは、使わにゃ損!

ビューティ もうりメーク

「寒中お見舞い申し上げます。ヘア&メークの毛利仁美です。今年もよろしくお願い致します。さて、今年初の〝もうりメーク〟は、カーキ(グリーン)を使ったアイメークです。昨年の秋からジワジワきているカーキですが、オフィスで使うとなるとモードぽくなりそうで難しいですよね。でも実はこのカーキ、まぶたに深みを与えてくれる魔法の色。オフィスの定番、ブラウンにちょい足しするだけで、今っぽい雰囲気にしてくれます。しかもパールが入った明るいグリーンには、疲れた目元を若々しく見せてくれる効果もあるんですよ。今回は3テクニックでできる基本の使い方をお見せしますので、ぜひトライしてみてください!」

使うのはグリーン系のパレット

もうりメーク ビューティ ブラウンメーク

濃淡4色のグリーンがひとつのパレットに。異なるテクスチャーと絶妙なカラーを重ねることで、美しいグラデーションと立体感がつくれます。繊細で深みのある色だから、大人っぽい目元に。

クレ・ド・ポー ボーテ
オンブルクルールクアドリn
315 ¥5,000(レフィル)、¥2,500(ケース、チップ2本付き)

PROCESS1
プラチナグリーンをアイホールに入れて透明感アップ

ビューティ ブラウンメーク もうりメーク

まずアイホールにいちばん左のプラチナグリーンをぼかします。ピュアなゴールドが配合されているので、まぶたに自然な立体感が生まれます。

PROCESS2
モスグリーンで目元を締める

a5

いちばん右のモスグリーンを上まぶたの目尻から1/3のところに入れます。目を開けたときにもカーキが見えるよう、目尻側をやや広めに入れるのがポイント。綿棒を使うと入れやすい。

PRPCESS3
下まぶたに明るいグリーンを入れてヘルシーに

ビューティ ブラウンメーク もうりメーク

綿棒に右から2番目の明るいグリーンを取り、下まぶたの目尻から1/3のところにぼかします。この部分にパールがかったグリーンを入れると、白目がきれいに見えます。

PROCESS4
チークはオレンジが相性◎

チーク エレガンス

グリーンの目元にしたらチークはオレンジがベター。まず、チップにチークを取ったら頬骨のライン沿って色をのせ、その後、指でポンポンとたたくように広めにぼかしていきます。薄く広くぼかすことで、ポッと上気したような仕上がりに。

乾燥する季節もしっとり仕上がるリキッドチーク

エレガンス チーク

頬にのせるとパウダリーに変わる新感覚のリキッドチーク。ふんわりつくのにしっかり発色するので、メーク直しがなかなかできないオフィスで大活躍。

エレガンス クルーズ
サンディカラー
OR201 全5色 各¥2,000
(右から3番目を使用)

クレ・ド・ポー ボーテ
エレガンス クルーズ

撮影&取材/若松真季(instagram/@maki_wakamatsu_neroli)

ヘア&メーク 毛利仁美さん

原宿の美容室『Tierra』所属。
簡単なテクニックで10倍かわいく見える「もうりメイク」が人気となり、数多くの女性誌で活躍中。
流行をほどよく取り入れたメークは、「薄づきなのに肌がキレイに見える」「マンネリになりがちなオフィスメークがおしゃれになる」と大評判!

 
あなたにおすすめの記事