もうりメーク

2016.11.27

ラフに散らした毛先がおしゃれ!「簡単ヘアアレンジ講座」おだんごくずし編

ヘア美人 ヘアアレンジ

冬は、マフラーやタートルネックの服など、首周りが詰まったものを着る機会が多くなりますよね。そんな日はくるくると巻いておだんごにしたいけれど、おだんごヘアってラフ感をつくるのが難しい。そこでヘア&メーク毛利仁美さんに、おしゃれなおだんごヘアのつくり方を教えてもらいました。

「おだんごくずし」をマスターすれば簡単!

「『おだんごくずし』とは、その名の通り、おだんごの毛先をまとめずに散らしたアレンジです。海外セレブなどがよくやっている、ざっくりまとめたスタイルですね。襟足はすっきりまとまっているのに、仕上がりはカジュアルなので、今っぽい。全体的に透け感もあるので、ボリュームのあるトップスとも相性抜群です。なによりもまとめるだけでサマになるので、働く女性の強い味方!」。
※写真は、おだんごがしっかり見えるように、肩のラインが見える服を着ています。

POINT1
トップとサイドはラフ感を残して

おだんごくずし ビューティ ヘア美人

手グシを使って後ろの低い位置でひとつにまとめます。そのとき、トップの髪はつぶれないよう軽く浮かせ、サイドの髪は軽く耳にかかるよう引き出して。すっきりまとめすぎないのがポイント!

POINT2
おだんごのベースをつくる

ヘア美人 ビューティ おだんごくずし

まず、根元をゴムで2回ぐらい(直径8cmぐらいのゴムの場合)結んだら、結んだ毛束をくるんと返して輪をつくり、さらに根元をゴムで1回結んで固定します。

POINT3
毛束をねじっておだんごに

まとめ髪 おだんごくずし ヘア美人

2でつくった輪を時計と反対方向にくるんくるんと2回ぐらいねじったら、根元のゴムを引っ張り出して、さらび結びます。このとき、しっかり結んでしまうと、ゲンコツのようなかたまりになってしまいます。ねじった毛束の一部に軽く引っ掛けるような感じで結ぶだけで十分固定されます。

POINT4
仕上げに毛束を散らしてふわふわに

ヘア美人 まとめ髪 おだんごくずし

最後におだんごの表面の毛束を指でつまんでニュアンスを。バランスを見ながら、上下左右に広げるようにくずすと、毛束がいろんな方向に動いて、今っぽい無造作感が出ます。

撮影&取材/若松真季(instagram/@maki_wakamatsu_neroli)

これまでの記事

ヘア&メーク 毛利仁美さん

原宿の美容室『Tierra』所属。
簡単なテクニックで10倍かわいく見える「もうりメイク」が人気となり、数多くの女性誌で活躍中。
流行をほどよく取り入れたメークは、「薄づきなのに肌がキレイに見える」「マンネリになりがちなオフィスメークがおしゃれになる」と大評判!

 
あなたにおすすめの記事