Domani

2017.01.01

年末年始の冬太りに地味に効く。こたつストレッチ【1月1日はうつ伏せストレッチ】

あけましておめでとうございます!

「元旦早々、勘弁してよ〜」と思ったアナタ!

あま〜い!! 脱・正月太りには、毎日のちょっとした積み重ねが大事なのです!

こたつに入ったまま、ぬくぬくゆる~くできるストレッチやってみましょ。人気&注目度上昇中の芸人、相席スタートのふたりがガイドします!

「仰向けストレッチ」はこちらを!
「横向きストレッチ」はこちらを!

02

急に体を動かすと怪我をする危険性も。必ず準備体操を!
仰向けで【準備体操】からSTART!

03

1.仰向けになり体の力を抜き、お腹に手をあて、ゆっくりと鼻から息を吸って口から吐く。吸う息でおへその下をふくらませ、吐く息で凹ませ、おへそを床につけるイメージ。この基本呼吸をストレッチ中も繰り返す。

04

2.足先を腰幅に開き左右にゆらゆら動かす。次にひざから動かして、最後は脚のつけ根から動かす。各10回ずつ。

05

3.つま先を左右交互にゆっくり遠くへ伸ばしたり引き寄せたり。足の甲側やアキレス腱をじっくり伸ばすイメージで。呼吸は止めないで。左右ともに10回ずつ。

06

4.両方のひざを軽く曲げ、ストンとひざの裏が床につくように降ろす。これをリズミカル&軽く脚を揺らすイメージで、両脚一緒に10回程。

1月1日(日)は…
運動が苦手な人でも無理なくできる【うつ伏せストレッチ】

「読書しながらでもできちゃうストレッチと、そのままうつ伏せ寝したくなるほど気持ちいいストレッチの2種」(すみよし先生)

07

【内ももと股関節】
腹ばいになり左ひざを直角に曲げ、左足首も直角に曲げる。両ひじは肩の下の位置につく。その状態から脚のつけ根を優しく床に押しつけるようにしながら基本呼吸を5回。反対側も同様に。

08

【脇腹から太もも】
両腕を組んだ上に顔を置き、右脚を伸ばして、左脚の上でクロスし足先を床に。その姿勢で基本呼吸を5回。反対側も同様に。

もっと頑張れるときは! ちょい足しトレーニング

「ストレッチでもやるとやらないでは大違いですが、もっと冬太り予防に向けて頑張りたいと思うなら、ストレッチの前後に筋力トレーニングを加えましょう。いきなり頑張りすぎは禁物。ストレッチ同様、毎日続けながら時間や回数を増やしていくことを目標にしてください」(すみよし先生)

09

【全身】
うつ伏せの状態からひじが肩の下にくるようにつき、胸を起こす。つま先を立てて体を持ち上げる。このときできるだけ体が一直線になるように。呼吸を止めないようにしながら10数えて。これを頑張れれば3セット。

10

【体の後ろ側】
うつ伏せの状態で、両腕は拳ひとつ分あけて床に。手のひらを床面につくように置く。両足を腰幅に開き、つま先を伸ばす。ひと息吐いた後、息を吸いながら、頭、腕、足を床から離して。この姿勢で基本呼吸を5回。

ものぐささん、寒がりさん、体ガチガチさんでも「余裕」でできる!
こたつがなくてもOK!「こたつストレッチ」

11

教わったのは…相席スタート
左/山﨑ケイさん・右/山添 寛さん
京都出身の長身男子、山添さんがツッコミ担当、「ちょうどいいブス」として注目を集める千葉出身の山﨑さんがボケ担当のコンビ。ふたりが放つリアルな恋愛ネタはDomani世代に刺さるものばかり! TV、ラジオはもちろん、全国のよしもと劇場に出演中。

教えてくれたのは…フィットネスインストラクター すみよしまり先生
全米ヨガアライアンス200時間インストラクター。オリジナルのメソッドによる「サンサーラストレッチクラス」を開講中のほか、関東各地のフィットネスクラブで活躍。「日ごろ運動をしていない人でも無理なくできるものばかりです。ゴロゴロしているとき、TVを観ているときなど思いついたときにやってみてください。一度だけ頑張るよりも、ゆるやかに毎日続けるほうが有効ですよ」

明日の「こたつストレッチ」もお楽しみに!

2017年Domani1月号「冬太りに地味に効く。こたつストレッチ」より。
【本誌撮影時スタッフ 撮影/トヨダリョウ スタイリスト/城長さくら(kind) ヘア&メーク/中西雄二(Sui) 構成/長谷川幸代】
【再構成/しごとなでしこ編集部】

 
あなたにおすすめの記事