ビューティ

2016.12.06

年末年始の爪、大丈夫? 好感度を狙うなら「脱・地味」「長持ち」「ベージュ系」

ただでさえ仕事が忙しい時期なのに、やれ年賀状だお歳暮だ忘年会だ…。会社の行事も大切だし、クリスマスデートでだって、女子会でだって、冬休みの温泉でだって、そしてお正月の同窓会にだって、おしゃれでいたい! スマホを持つ手、お酒を注ぐ手。自分で思っているより見られています。クリスマスに指輪をもらったときに、爪が禿げていた…なんてことにならないように、今こそジェルネイルにトライ!

pimk_edited-1

(写真/大人かわいいアレンジなら好感度もアップ)

上司・彼・友達…そして実家にもOKなネイルって?

handfrench_edited-1

(写真/品よく見せるならフレンチネイルのアレンジが鉄板!)

handbege_edited-1

(写真/ベージュのフレンチネイルは大人な表情)

セルフネイルが上手にできない、乾かす時間がもったいない! という人は、やっぱりプロの手に任せるのが一番。ただ、ジェルにしてしまうと簡単にはデザインを変えられないし、爪の根本が伸びてきてしまうのが悩みどころ。せっかくだから、ちょっと凝ったデザインにもチャレンジしたいけれど、上司の目も気になるし、男のコはトゥーマッチなネイルが苦手という人も多いのが事実。年末年始に実家に帰ったときにも好感度が高いのは、やっぱり品よく華のあるバランスのいいデザイン。

ベージュ系でも華がある&爪が伸びても平気がベスト

shirokusa_edited-1

(写真/ナナメフレンチならピンクのネイルにシャープさが)

hanastaz_edited-1

(写真/小さなスタッズを効果的に配置して)

銀座で働くしごとなでしこ達に信頼を寄せられているネイルサロン「クチュリエール」主催の山本美樹さんに、特に年末年始におススメのデザインを聞いてみたところ…

「まずは少し短めに、丸みのあるラウンドカットにするのがおススメです。誰からも好感を持たれるし、手先の動きが女性らしくしなやかに見えますよ。爪が少しでも長く見えるように、色は肌色の延長で。ベージュ系の色を混ぜれば、ピンクでも、ちょっと冒険して水色を使っても、案外なじんで上品に仕上がります。フレンチかグラデーションをベースにすれば、1か月くらいは伸びても目立ちません。甘い色にしたいなら、スタッズを使うなど、どこかにクールさをプラスして」(山本さん)。

少しだけ華やかに「盛って」、女のコ心を満たすワザ

stazgreen_edited-1

(写真/ピンク・グリーン・白をネイルとストーン両方に)

「ストーンを使うなら、ネイルと同系色でまとめるのがコツ。描くとしたら、爪先と同じ白の線で、自然界にあるもの、たとえばお花や草をモチーフにすると、違和感なく華やかにまとまるんです。大人っぽさや落ち着きと、華やかさって裏腹なものと思われがちですが、コツさえつかめば難しくありません」(山本さん)

最近セルフネイル派に戻った、という人も多いけれど、時にはプロの手にまかせるのもアリかもしれません。

 
あなたにおすすめの記事