Domani

2016.06.27

光でポロリ!? 薄いもやもやシミも濃いはっきりシミも焼けば取れる!?〜「美療の森」の歩き方 

やってみたい! でも、コワい!? 高そう!? 最新の美容医療を知りすぎる〝鏡の精〟が、ネットでも漁れないレベルまで鬼レクチャー。35歳〝しらゆきちゃん〟の体当たり取材では、もうキレイになる予感しかない! 今回のターゲットは気になる”シミ”。

02

しらゆき ねぇ、鏡。顔全体の薄くてぼんやりとしたシミと、こめかみのちょっと濃くなってきたシミを取りたいの。美白コスメも使っているけれど、美容医療なら一発クリアでしょう?

 シミは化粧品でのケアが基本じゃが、確かに美療もアップデートしている。

しらゆき でも、種類もいろいろあるみたいだし、どれを選択すればいいか、わからないのよ。

 シミの種類にもよるが、薄くてぼんやりとしたシミなら、「ライムライト」&「アキュチップ」がトレンドじゃ。

しらゆき 私のシミはまさにそれだわ! 全体に薄くてぼんやりしたのが広がっている状態よ。

 「ライムライト」&「アキュチップ」はどちらも、米国キュテラ社のIPLマシーン「フォトブライト」による施術。顔全体の薄くぼんやりとしたシミのための施術が「ライムライト」、もう少し濃くはっきりとしたシミのための施術が「アキュチップ」じゃ。ヘッドと設定を変えることで、目的を変えることができるため、名前も変わっているというわけじゃ。そういうことが、わかりにくい理由のひとつだな。

しらゆき なんだ、同じマシーンなんだ。

 もちろん、もっと濃いシミや、ホクロやアザなどは、レーザーなどの強力なマシーンが使われる。レーザーのような強いマシーンでなければ取れないシミもあるのじゃ。

しらゆき どんなシミを取るかによって、使うマシーンが変わるわけね!

 いかにも。まず、幅広い波長の光を当て肌表面に優しく働くIPLか、短い波長の光を肌の奥まで入れ強力に働かせるレーザーか。その大きな違いを頭に入れたうえで、あとはどの施術を選ぶかじゃ。狙いのクリニックがどんなマシーンをもっていて、どんなシミにどんなマシーンをおすすめしてるか、くらいはあらかじめ調べておきたいところだな。

しらゆき よし! じゃ、「ライムライト」&「アキュチップ」で、一気に消しちゃうぞっ!

 まてまて。話は最後まで聞け。「ライムライト」は、顔全体の薄くてぼんやりとしたシミのための施術なので、1回に照射できる範囲は1×3㎝と大きめ。範囲が大きいほど威力は弱まるので、一度でシミが取れるというわけにはいかない。最低でも3~5回はやるようにすすめられるはずじゃ。ずっとお手入れ感覚で通い続ける者も多いのじゃ。「アキュチップ」は、スポット的な施術なので、1回に照射できる範囲は、5㎜×5㎜と小さめ。もちろんこれも1回できれいさっぱりとはいかん。これも数回はやるものだと思っておいたほうがいいな。

しらゆき 1回で消えるわけじゃないんだ…。期待した分、なんかがっかりしたな。

 シミも含め人の肌はそんなに簡単に操れるものじゃないぞ! ただし、直後はいったんほぼ完全に消えるし、そこからまた浮き上がってくるが、施術を繰り返せば、徐々に薄くなるのは確実。

しらゆき そうなんだ!

 それに、直後の一瞬だけ体験できる、シミのないパーフェクト美肌は、人生が変わっちゃう級にスゴイから一度体験する価値はアリ!

しらゆき そういわれると、やっぱりやってみたいな。一度でいいからシミのない顔を見てみたいもの!

 ま、モノは試しにやってみることじゃな。

しらゆき だよね。

 最後に、コレだけは、いっておくぞ。いくら美容医療をしておっても、日焼けをしてしまったらオジャン! つぎ込んだ大金を捨てるのと同じじゃ。だから、普段から紫外線カットは絶対! 毎朝晩の美白ケアも絶対じゃ!

しらゆき 今日から日焼け止めガッツリ塗るわ。とにかく早く行ってきます!

 

鏡のアドバイス

03

夏は日差しが強く、せっかく施術してもシミができやすいし、施術直後は紫外線に注意する必要があるので、夏前の今すぐやるか、急いでいなければ秋以降のトライがおすすめ。施術後1週間前後で〝一瞬〟シミひとつない完璧な美肌を体感できるため、結婚式などイベントに合わせて最高の肌を準備するのもおすすめじゃ。

Let’s Go シミを消す!

04

1.メークを落としすっぴんになり、カウンセリングを受けた後で、さっそく施術スタート! 熱によるダメージを防ぐための〝ひんやりジェル〟を塗られ、目を保護するためのゴーグルがかけられる。

05

2.まず、「ライムライト」。顔全体をかなりのスピードでガンガン照射。時間にして10分ほど。ビギナーにはパワーを弱く設定するので痛みはそれほどでもない。パワーを上げればもちろんかなり痛くなる。

06

3.つづいて、「アキュチップ」。ざっくりいうと、「ライムライト」は大きなヘッドで広く浅く。「アキュチップ」はもう少し小さなヘッドで狭くちょい深く、ってイメージ。こちらも痛みは同じくらい。

07

4.「光」は肌の中でイロイロな影響を及ぼすとされる。メラニンを焼き殺すだけでなく、肌の奥のコラーゲンを収縮させてハリを出す、血管を収縮させて赤みを減らす、など。「ライムライト」&「アキュチップ」にも、多少はその効果があるとされる。もちろん、たるみやシワの解消を第一の目的にするなら、違うマシーンの「タイタン」や「テノール」などを選ぶのがおすすめ。

08

5.施術後、シミがあった部分が、焼けこげたように、黒いかさぶた状に…。それが、1週間くらいでポロポロ取れてきて、全部取れるとシミひとつない完璧な肌に。それは人生変わるほどの体験! だけど、シミは再び浮き上がってくる…。これを何度か繰り返せば、きっと☆

 

●今回うかがったクリニック

お会計

ライムライト1回¥35,000

アキュティップ1打ち¥2,500
(ワイエス美容外科クリニックの場合)
「ライムライト」は、クリニックによって差が大きいが、およそ¥20,000~50,000。最低でも3~5回でシミが薄くなる効果を実感できる。「アキュチップ」は、1打ち¥1,000~3,000。1か所に1回3~5打ちはする。これも3~5回繰り返すことで効果を実感できる。

ワイエス美容外科クリニック
クリニックというよりエステのような気軽な雰囲気が魅力。タレントやモデルも多く通う。話しやすいスタッフが多く悩みを相談しやすい。長く通うリピーターがほとんどというのも安心。住所/東京都渋谷区恵比寿1-13-1 鈴木ビル2F ☎️0120・956・099 受付時間/11:00~20:00 休/火 ▶公式サイトはコチラから

 

Domani6月号「『美療の森』の歩き方Vol.3」より

【2016年Domani6月号掲載時スタッフ イラスト/白ふくろう舎 取材・文/下河辺さやこ(Domani)、木更容子】
●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

 

 
あなたにおすすめの記事