しごとなでしこ - SHOGAKUKAN

今夜もボナペティート【3】イタリア人は人生3倍?!

イタリア人の昼休みって?

遠い遠い昔の、新入社員だった頃の話。
クリエーティブ局に配属される新人たちは多忙を極める先輩たちに放置され、かといってまだ何の役にも立たず、とにかく「待ち」が仕事という時期があった。
隣の部の男子同期とランチに行き、どうせすることもないしと、つい二時間ほどゆっくりしちゃった時のこと。
デスクに戻ると、その男子のホワイトボードに「イタリア人のようなお昼休みですね」と書かれていた。
直属の上司のウイットの効いたジャブに背筋を凍らせる彼を尻目に、私はふと「長〜い休憩の代名詞に使われるほどのイタリア人の昼休みって、どんなんだろう」と無邪気に思い巡らせたのを覚えている。

さて、そんな私がイタリアに通うようになって体感した昼休みというのは、確かに長い。
二時間どころの騒ぎではない。イタリアの北と南で多少の差はあるものの大抵の店は午後1時にシャッターが閉まってしまい、うっかり買い物しそびれるとそのあとは午後4時まで待たないと店が開かない。
オフィスだってそう。最近でこそ、大都市の若い世代の間にはランチはその辺のバールでちゃちゃっと済ませるそれこそ日本人的なビジネスマンも増えているけれど、街の中心部から車で15分くらいで家に帰れるようなサイズ感の都市だったら、昼は一度家に帰ってゆっくり休むという風習は根強く残っている。
我が家がモデナに行くと必ず泊まらせてもらっているパオロもその一人。
朝は必ず「じゃ、お昼はうちに集合ってことにしよう」と言い残して出勤していき、午後は1時半くらいに、ごめんごめん会議が長引いてさ、と疲れて顔して帰ってくるけど、ゆっくりとみんなでランチをし、たっぷり昼寝して、優雅にシャワーを浴び、そしてまた午前中とは別人のようなすっきりとした顔をして第2ラウンドへと出かけていくのだ。

01

イタリア人は人生3倍!?

しかし彼らが一日のほとんどを怠けて過ごしているかというとそうでもなく、オフィスの朝は日本より早いくらいだし、店だって昼休み後は夕方からたっぷり夜8時や9時まで開けているところも多いし、つまり実働時間は実は日本と大して差はない。
ただ昼休みが長い分、生活配分は夜に大きくずれ込んで、夕飯は8時、9時が当たり前。
リストランテの営業時間も8時からが一般的で、地元民たちはこれまた一度帰宅してからおしゃれして、第3ラウンドへと繰り出すのだ。
だからイタリア人の夜は長い。深夜まで飲んで食べて盛り上がって、でも昼にシャワーは済んでいるから家に帰ったらベッドに直行、はい、ボナノッテというわけ。

そんな彼らの生活サイクルに合わせていると、たとえば前の日の出来事を「あれ?それって、おとといの話じゃなかったっけ?まだ一晩しか経ってなかったっけ?」と錯覚を覚えることがよくある。
それもそうだ、だって一日がものすごく長いのだもの。
昼休みでいったんリセットして、午後4時からもう一度朝を始め、午後の仕事が終わったらもう一回リセットして午後8時からまた朝が始まるようなものだけど、考えてみたらそれってものすごくお得な話じゃないだろか。
だって一日の中に「一日が3回」ある、つまり人生が3倍ってわけだ。

かたや日本にいるとなんだかんだ時間に追われて気がつけば日が沈んでいて、一週間が、一ヶ月が、一年が、あっという間に過ぎ去って行く。
人生が3倍のイタリア人に対して、長寿大国ニッポンのその実は、彼らの寿命の3分の1しかないのかもしれない。
と思ったら、なんというか、ものすごく損をしている気がして、自分なりに一日の中でイタリア人的リセット方法を試みることにした。
もちろん昼休みに家に帰るなんてできないけれど、せめてひとりで心を解き放ち妄想の中だけでもシャワーを浴びれるように会社の人とはランチにいかない。
退社後は保育園に行く前にほんの15分、いや、たったの5分しかなくても店に入ってコーヒーを飲んでいく。
さて、その効果のほどはといえば….
今のところ会社の友達はどんどん減って、サンマルカフェのスタンプがどんどん増えていくことくらいしか目立った変化はないのだけど、イタリア人の3倍速だった毎日が、2.5倍速くらいにはなってるかな。と信じたい。

そんな私の「ひとりイタリア人活動」、時間の過ごし方以外にも実は他にもいろいろ試みているのだけど、その話はまたいつかの回で。
(つづく)

書き手|山中律子 イタリア家庭料理研究家

慶応義塾大学法学部政治学科卒。
電通にてコピーライターとして勤務の傍ら、イタリア家庭料理研究家として活動。
毎年、子連れでイタリア各地の田舎を旅し、アグリトゥーリズモや農家のマンマに料理を習う。
自宅で料理教室や料理イベントを主催。
著書に「トルテリーニが食べたくて」。

あなたにおすすめの記事

アクセスランキング
  1. 1000人前以上のカレーを泣きながら捨てた

    1000人前以上のカレーを泣きながら捨てた…【神田カレーグランプリ決定戦2018】感動の裏話

  2. 「早生まれ」って、いつからいつまでに生まれた人? 社会人なら正確に知っておきたい!

    「早生まれ」って、いつからいつまでに生まれた人? 社会人なら正確に知っておきたい!

  3. 女医に聞く「腹痛だけあって生理がこないのはどんな時?」

    女医に聞く「腹痛だけあって生理がこないのはどんな時?」

  4. 昨年1週間で完売した伝説のコート♡ 新色はさらに着回し力が高くなって帰ってきた!

    昨年1週間で完売した伝説のコート♡ 新色はさらに着回し力が高くなって帰ってきた!

  5. 天才100均!【ダイソー】2019年度手帳・スケジュール帳、今年はどれにする?

    天才100均!【ダイソー】2019年度手帳・スケジュール帳、今年はどれにする?

人気のキーワード
LIKEランキング
  1. たった2分でツルツル卵肌…!? 本格的な「金箔美容」が自宅でできるマスクは究極の時短美容♡

    たった2分でツルツル卵肌…!? 本格的な「金箔美容」が自宅でできるマスクは究極の時短美容♡ ビューティ

  2. 前髪アレンジで簡単イメチェン!のばしかけでもトレンドヘアに!

    前髪アレンジで簡単イメチェン!のばしかけでもトレンドヘアに! ビューティ

  3. 【元CAのポーチの中身】まるで救急箱⁉︎ メーク直しを時短化、超ミニマル精鋭アイテム

    【元CAのポーチの中身】まるで救急箱⁉︎ メーク直しを時短化、超ミニマル精鋭アイテム ビューティ

  4. 疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】

    疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】 グルメ

  5. 【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見

    【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見 グルメ

編集部のオススメ記事
  1. 爆売れ中の新顔フード・タクロ。味も食感も日本人にウケそうなので日本販売を希望します♡

    爆売れ中の新顔フード・タクロ。味も食感も日本人にウケそうなので日本販売を希望します♡

  2. 【結婚♥お金】結婚したいけどお金がない! お金がなくても結婚できる?

    【結婚♥お金】結婚したいけどお金がない! お金がなくても結婚できる?

  3. 東京の【手土産】9選、一目置かれる大人の一品まとめ【保存版】

    東京の【手土産】9選、一目置かれる大人の一品まとめ【保存版】

  4. 【結婚♥ 両家の顔合わせ】服装・手土産・場所・費用負担って、どうするの?

    【結婚♥ 両家の顔合わせ】服装・手土産・場所・費用負担って、どうするの?

ピックアップ記事
  1. 肌触り最高!贅沢な素肌時間が過ごせるラグジュアリーなインナー&アンダーウエア4選【PR】 precious

    肌触り最高!贅沢な素肌時間が過ごせるラグジュアリーなインナー&アンダーウエア4選【PR】

  2. ナデシカ毎日占い nadeshiko

    ナデシカ毎日占い

  3. 【しごとなでしこ】Webエディター、ライター、アシスタント、オペレーター大募集! nadeshiko

    【しごとなでしこ】Webエディター、ライター、アシスタント、オペレーター大募集!