しごとなでしこ - SHOGAKUKAN

【妊活に入るその前に】自分の体を総点検! やっておくべき婦人科検診リストまとめ

「私、健康だから全然大丈夫!」と、自覚症状がない人ほど根拠のない健康自慢しますよね?

そんな思い込みは、あてになりません!

これから妊活を始める人も、将来的には子供が欲しいと思っている人も、まずは自分の体を総点検から始めましょう。

特に婦人科トラブルを早めに回避するためにも、女性なら絶対にしておくべき婦人科検診リストをまとめました。

やっておくべき婦人科検診リスト1
【乳がんのチェック】

30代前半の有名人の乳がん公表はDomani世代の私たちにとって衝撃的だったけれど、乳がんは年々増加しているという。

top-3

「乳がんは女性のがんの中で最も多く、年々増加しています。特に多いのは40代以降ですが、若年性乳がんは進行が早いことも多いので要注意です」(濱岡 剛先生)
「日本は先進国で唯一、乳がんの死亡率も増加中です。乳がんは早期発見できれば90%以上、命が助かるがん。でも欧米の乳がん検診受診率70〜80%に対し、日本は約30%。そのため見つかったときに進行がんである場合が多く、死亡率 が減らないのです」(増田美加さん)

乳がん検診の詳細は体験レポートをチェック!
初めての女性検診虎の巻1【乳がん検診】35歳を過ぎたら、自分の体にも優しくしなくちゃ!

22

初めての女性検診 虎の巻2「乳がん検診受けてみました」

waka

「マンモグラフィで乳がんが見つかりにくい「高濃度乳房」って? 自分の乳腺濃度を知ろう」

やっておくべき婦人科検診リスト2
【子宮・卵巣のチェック】

子宮頸がんは若い女性にこそ多いがん。子宮頸がん検診は、20歳以上なら多くの自治体で、無料または安価で受けられることが多いんです。でも、婦人科検診って痛いの? 恥ずかしさは? かかる時間は?と不安も多い検査です。そこで、Oggi世代代表のイラストレーター・ヤマサキミノリさんが体験レポート!

3-2-1

婦人科検診を受けるのは4年ぶりというヤマサキさん。「金属の器具で無理に広げられている感触が苦手なんです」と最初は不安顔。しかし検査後は「久しぶりの受診だったからか、ブラシが入ってくると思わず構えてしまったけれど、痛みはそれほどありませんでした」とホッとした表情でした。

子宮・卵巣検診の詳細は体験レポートをチェック!
婦人科検診って何をする? アラサーの不安解消をするリアルルポ公開です

33

こちらもあわせてチェック!
初めての女性検診 虎の巻3「子宮・卵巣の検査 受けてみました!」

検診に行くその前に…きちんと知っておこう!
アラサーの「婦人科トラブル」

今さら誰にも聞けない…だから行くのが億劫で…なんて人は、検診に行く前にしっかりおさらいを。

top-8

なんと、子宮頸がん検診 受診率42.1%!(OECD, OECDHealth Statistics 2015)
日本での検診率は年々上昇しているものの、「受ける時間がない」などという人も多く、アメリカ84.5%、イギリス77.5%などに遠く及ばない

その他詳細を読む。
アラサー世代の婦人科データ公開! 知っておきたい平均値や割合をまとめました

zu

不安解消! アラサーの「婦人科トラブル」を図解した。Oggi編集部がお医者様に聞いてきました

「よい病院選びは?」「がんが見つかったら?」まだまだ知りたい!
お医者さんに聞いたQ&A集

女性検診を受けたいけれど、まだまだ不安がいっぱいという人のために、さらに気になる疑問にお答え!

Q.検診さえ受けていれば大丈夫ですか?
A.検診で見落とす可能性も。定期的に受けるようにし、セルフチェックもこまめに
「一回検診を受けても見落としがないとは限らないので、定期的に受けることが大切」(増田さん)。「乳がんは、自分でもこまめにセルフチェックをすることがおすすめ。お風呂で体を洗うときに、指でのの字を描くように乳房からわきの下までなでて、しこりなどがないか確認を」(濱岡先生)

初めての女性検診 虎の巻4「よい病院選びは?」「がんが見つかったら?」etc.もっと知りたい!女性検診Q&A

qa2

Oggi編集部がお医者様に聞きました。アラサーのための婦人科に関する素朴な疑問と最新事情Q&A!

将来、産みたくなったときのために
アラサー世代のための“妊活”の基本

ninkatsu

出産の予定がなくても、これだけはおさえておきたい! 女性の妊娠する力と、タイムリミットについて、〝妊活〟の心構えを解説します!

“妊活”の基本とは? アラサー世代の「産みたくなったら」に備えて

あなたにおすすめの記事

アクセスランキング
  1. 「ゆで卵の殻が一瞬で剥ける」簡単な方法とは?

    「ゆで卵の殻が一瞬で剥ける」簡単な方法とは?

  2. 【映画館の座席】結局、どこがいちばん見やすいか知ってる?

    【映画館の座席】結局、どこがいちばん見やすいか知ってる?

  3. 今、なぜ「ほうじ茶」が人気? 調べてみると良いことだらけだった!

    今、なぜ「ほうじ茶」が人気? 調べてみると良いことだらけだった!

  4. この子はナシだな…「ワンナイトおブス」がやりがちな3つのこと【脱・2回目がない女】

    この子はナシだな…「ワンナイトおブス」がやりがちな3つのこと【脱・2回目がない女】

  5. ズボラ女子が大絶賛!【ロフト】が教えてくれた「今年バカ売れしたもの」を総ざらい!

    ズボラ女子が大絶賛!【ロフト】が教えてくれた「今年バカ売れしたもの」を総ざらい!

人気のキーワード
LIKEランキング
  1. 【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見

    【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見 グルメ

  2. のばしかけヘアOK! 前髪アレンジで簡単イメチェン

    のばしかけヘアOK! 前髪アレンジで簡単イメチェン ビューティ

  3. 【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.1

    【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.1 ファッション

  4. 疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】

    疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】 グルメ

  5. 【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.2

    【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.2 ファッション

編集部のオススメ記事
  1. 時短で巻き髪美人に! モッズ・ヘア独自開発のヘアアイロンがスゴい

    時短で巻き髪美人に! モッズ・ヘア独自開発のヘアアイロンがスゴい

  2. トランプ大統領へのお土産にも選ばれた「箔一」の金箔配合マスクってなに?

    トランプ大統領へのお土産にも選ばれた「箔一」の金箔配合マスクってなに?

  3. 毛穴から美肌に! 毛穴ケア専門店の人気トリートメント体験をプレゼント

    毛穴から美肌に! 毛穴ケア専門店の人気トリートメント体験をプレゼント

  4. みんなのお風呂タイムの味方です! あの【ダヴ】の進化がスゴいらしい

    みんなのお風呂タイムの味方です! あの【ダヴ】の進化がスゴいらしい

ピックアップ記事
  1. 女流日本画家・宮北千織さんの個展が日本橋三越本店で開催【11月15日から】 precious

    女流日本画家・宮北千織さんの個展が日本橋三越本店で開催【11月15日から】

  2. ナデシカ毎日占い nadeshiko

    ナデシカ毎日占い