しごとなでしこ - SHOGAKUKAN

スタイリスト 入江未悠「私がAneCanで伝えたかったこと」

AneCanの人気スタイリストとして、きれいめアラサー読者の憧れであり続けた入江未悠さん。今、改めて読者の皆さんに 伝えたいこと、ファッションを楽しみつつ年を重ねていくための彼女ならではのエッセンスを教えてもらいました。

02

入江未悠 PROFILE

トレンドをバランスよく取り入れた大人の好感度コーデが人気を博し、各女性誌で引っ張りだこ。「ファッションはなりたい女性像に近付くためのツール」というポリシーと、まねしたくなるスタイリングが共感をよぶ。著書に『TOKYO LADY BASIC』(小学館刊)が。

日本の女のコに似合うリアルで上品な着こなしを提案したい

ありそうでなかったリアルに着られる好感度コーデを提案してきた入江さん。
「創刊当時のAneCan(以下Ane)には、Aneらしい、と言われる明確なおしゃれがありました。その〝らしさを表現しようと必死でしたね。毎月気が遠くなるほどの体数を、がむしゃらに組んでいました」

当初は辛めのスタイリングが多かったAneも次第にかわいい系が主流に。
「自分の幅の狭さに悩んだこともありましたが、好きで作った上品コーデをほめてもらうことも増え、手ごたえを感じるように。好きなものや持ち味を、スタイリングに生かしたい…無意識の覚悟がいつしか芽生えていました」

今や確固たる入江ワールドがあると思うけれど…。
「入江さんっぽく、と言われると、うれしい反面、危機感を覚えます。ベーシックが軸だからこそ、マンネリは禁物。たまに裏切ったり、新しい提案をしなくては、というのは、いつも意識していること。でも、私らしい、というイメージを皆さんに持っていただけるのは、すごくありがたいことだな、と感謝しています」

自身の私服もスタイリングも、まねできそうなベーシックさがベース。
「私は読者モデル出身で、仕事を始めたときは普通の大学生。それがずっとコンプレックスでした。でも、普通を知るからこその発想が私にはあるし大きな強み。最先端モードばかりがファッションなわけではない。気がつくまでには時間がかかったけれど、今は確信があります。〝普通だからこそ、アンテナをいつも張り巡らせ、情報を取捨選択して提案していきたい。これまでと同じように、これからも読者のみなさんにとっての、おしゃれのフィルター役でありたいと願っています」

03

1 甘く着ないふんわりスカート
「ふんわりスカートの印象が、どうも強いらしい私のスタイリング。実際にはそうでもないのですが、確かに愛着のあるアイテムです。ともすると、ほっこりしがちなボトムですが、思いきり広がる&長いものを選ぶとスタイリッシュに決まります。合わせるものも、あえて辛めの素材やデザインを。スカート自体がフェミニンだからスパイスを加えてエッジを立たせるのがおしゃれです」

2 華やかムードのワントーン
「なじませ配色は、トレンドにかかわらず、ずっと好き。優しげなムードを目指したいので、白ベージュ系のワントーンは個人的にもよく取り入れています。ときとして、ぼやけた印象になりがちな色使いだから、小物が大きなポイントに。×ゴールドではエレガントになりすぎるからシルバーを効かせてみたり、大胆なフリンジバッグを合わせたり…。ちょっぴりミーハー要素を取り入れてみるのがコツなんです」

3 等身大なファーアウター
「いつもの自分らしいおしゃれに、ファーをプラスON。ストールをはおるような気軽さで無造作に、が気分です。今季はファーの当たり年。年々質が向上しているエコファーくらいで充分だし、そのほうが今っぽく、スタイリッシュに着られるのです。ファーのブルゾンやファーベストは、個人的にも以前からよく着ていたアイテム。好きなものはそうそう変わらないんだな、と再認識。みなさんも合わせる服を今どきにアップデイトして、進化した大人のおしゃれで楽しんでほしいです」

4 リッチにこなすデニム
「デニムの”リッチ”なアレンジは、私の大好物。かっこよく転ばせるとリッチになりやすいけれど、それだけではちょっと物足りない。たとえばファーやフリンジなどボヘっぽい味付けで抜けを出すのが好みです。デニムがおしゃれ着になるか普段着で終わるかは、着る人の内面によるところが大きいですよね。もちろん、適度に鍛えたボディも大事。大人になっても定期的にデニムをはいて、自分のなまけ心に”喝!”を入れないと、と思っています」

5 よそゆきになるカーキボトム
「カジュアルなカーキをクリーンに落とし込む発想は、AneCanでも折にふれ、提案してきました。今はもう一段階、大人な雰囲気を実現したいと思っていて、たとえば、きれいな格好にさらりとミリタリーボトムをMIXして抜けを出したり、この着こなしみたいに、ネイビー合わせで知的なムードを表現してみたり、というのが気分。キメキメなドレスアップもいいけれど、ときには、こんな崩したおしゃれでお出かけするのも上級者っぽくて楽しいと思います」

(「入江さんがAneCanで伝えたかったこと。コーディネート編」に続く)

2016年AneCan12月号「人気スタイリスト 亀 恭子&入江未悠 私たちがAneCanで伝えたかったこと」より。
【本誌掲載時スタッフ 撮影/菊地 史(impress+/人物)、坂根綾子(静物) スタイリスト/入江未悠 ヘア&メ ーク/MAKI(P-cott) 構成/西道倫子】

あなたにおすすめの記事

アクセスランキング
  1. 「ゆで卵の殻が一瞬で剥ける」簡単な方法とは?

    「ゆで卵の殻が一瞬で剥ける」簡単な方法とは?

  2. 【映画館の座席】結局、どこがいちばん見やすいか知ってる?

    【映画館の座席】結局、どこがいちばん見やすいか知ってる?

  3. 揚げ物=太るは思い込み!? 揚げ物を食べるときに守りたいルール3

    揚げ物=太るは思い込み!? 揚げ物を食べるときに守りたいルール3

  4. 100円で収納上手! ダイソー「透明スリムボトル」の活用法

    100円で収納上手! ダイソー「透明スリムボトル」の活用法

  5. 売り切れ前に買うべきユニクロ ユーのニット2選! スタイリスト城長さくらがコーデ&着用

    売り切れ前に買うべきユニクロ ユーのニット2選! スタイリスト城長さくらがコーデ&着用

人気のキーワード
LIKEランキング
  1. 【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見

    【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見 グルメ

  2. のばしかけヘアOK! 前髪アレンジで簡単イメチェン

    のばしかけヘアOK! 前髪アレンジで簡単イメチェン ビューティ

  3. 【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.1

    【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.1 ファッション

  4. 疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】

    疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】 グルメ

  5. 【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.2

    【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.2 ファッション

編集部のオススメ記事
  1. 時短で巻き髪美人に! モッズ・ヘア独自開発のヘアアイロンがスゴい

    時短で巻き髪美人に! モッズ・ヘア独自開発のヘアアイロンがスゴい

  2. トランプ大統領へのお土産にも選ばれた「箔一」の金箔配合マスクってなに?

    トランプ大統領へのお土産にも選ばれた「箔一」の金箔配合マスクってなに?

  3. 毛穴から美肌に! 毛穴ケア専門店の人気トリートメント体験をプレゼント

    毛穴から美肌に! 毛穴ケア専門店の人気トリートメント体験をプレゼント

  4. みんなのお風呂タイムの味方です! あの【ダヴ】の進化がスゴいらしい

    みんなのお風呂タイムの味方です! あの【ダヴ】の進化がスゴいらしい

ピックアップ記事
  1. 女流日本画家・宮北千織さんの個展が日本橋三越本店で開催【11月15日から】 precious

    女流日本画家・宮北千織さんの個展が日本橋三越本店で開催【11月15日から】

  2. ナデシカ毎日占い nadeshiko

    ナデシカ毎日占い