しごとなでしこ - SHOGAKUKAN

三尋木奈保「みひログ」vol.17 まだ暑い日の「秋っぽく見える」おしゃれ術

01

こんにちは。

全国的に不安定な天気が続いていますが、お元気でお過ごしでしょうか。
東京は、たまに涼しい日もありますが、「9月ってこんなに暑かったっけ?」と思うほど、真夏のような気温の日がほとんど。秋物を買ったのに、とてもじゃないけれど着られない! ……いや、がんばって着ればいいのだけれど、暑い…。毎年この時期は、そんなジレンマとの戦いですよね。

実は私も、9月に入ってからも夏物のノースリーブをまだ着てたりします。だって、暑いんだもん…。電車であっちこっち移動しなきゃいけないから、汗をかくし…。と、完全に開き直るのもナンなので、トップス以外で「秋っぽさ」を感じられるよう、工夫はしています。すごく簡単! だけど効果はかなりある!?(と自分では思っている…)。

今の時期限定、9月半ば過ぎまでのおしゃれテクニックですが…ご紹介します。

「秋っぽく見える」その1
靴&バッグをきちんと系の「黒にする

服が夏物のままでも、これを実践するだけでかなり印象が秋へとシフトします。私は夏のあいだは毎日サンダル派。日焼けした脚にボルドーのペディキュアの組み合わせが自分の目にも入ると気分が上がるのですが、9月に入ったらクローズトウのパンプスに切り替えます。

靴とバッグを「黒」でそろえる、というのも秋のシックな雰囲気づくりに効果大。服はむしろ夏物のままのほうが、小物の「黒効果」が生きる気がします。

02

今、 よく使っているのがこのセット。バッグはこんなふうに、かっちりしたレザーでエレガントなデザインがおすすめです。パテントの黒パンプスも、この時期、本 当に効きがいい! 夏のあいだって、スエード素材やベージュ系のサンダルが多かったから、足元に「ツヤのある黒」がくると、急に印象が締まって新鮮なんです。

「秋っぽく見える」その2
ひざ下丈のタイトスカートに頼る

ウールのパンツはまだはけないし、夏物のコットン素材のフレアスカートじゃ気が引ける……そんなときはタイトスカートの出番です。シュッと細身のタイトに 切り替えると、秋らしい女っぽさがぐぐっと上がります。トップスが夏のTシャツでも、ふしぎと秋ニュアンスが出せるんですよね。ボトムのシルエットって、 全体の印象をかなり左右するんです。

タイトスカートは、ひざ下丈を選ぶのが今季らしさのポイント。ハイウエストだと、なおヨシです。素材はコットン以外の、きれいめなタイプのほうがシックに見えますね。

03

この1週間で私が着たタイトスカートたち。左のグレーは1年前に買ったものですが、ハリのある光沢素材でシーズンレスで着られる便利な一枚。中のブルーは、前回もご紹介したコラボアイテムの“マルティニーク”(前回記事はこちら)。右のベージュは、フェイクスエードの風合いが「ちゃんと秋」なイメージをつくってくれるので便利。

そして…服ではないのですが、ベリー系の赤リップもおすすめです。プラム系ともいうのかな? 真っ赤じゃなくて、オレンジ系でもなくて、熟したようなダークなレッド。指でサササッと塗るくらいのラフさで唇に乗せるだけで、「なんだか秋」になれちゃいます。

04

(これは去年の“RMK”の限定カラーで、ディープベリーという色名。今年は販売していないようです。ごめんなさい!)

いかがでしたか?
(まとめサイトの最後って、「いかがでしたか?」っていうフレーズが多いですよね。つい真似しちゃいました…すみません…笑)

シルバーウィークの頃には、ぐっと気温も下がって一気に秋めいてくるのでしょうね。それまでのあいまいな時期も期間限定と割り切って、むりせずおしゃれを楽しみたいと思います。

最後に、大阪&京都方面にお住まいの方にお知らせです。9月24日と25日、ファッションイベントにおじゃまします。お近くにお住まいの方は、ぜひご参加いただけたらうれしいです。

9月24日(土)@大阪・あべのHoop
詳細はこちら

9月25日(日)@京都・ラクエ四条烏丸
詳細はこちら
ご応募期間9月15日まで

三尋木奈保 Naho Mihirogi

上品でベーシックなスタイルで30歳前後の働く女性に支持されているファッション誌『Oggi』でファッションエディターとして活躍する三尋木さんは、Oggi誌面にもたびたび登場。ベーシックで誰もが持っているであろうプレーンなアイテムをファッションエディターとしてのセンスと経験で「好感度の高い」おしゃれな着こなしに見せる三尋木の私服のおしゃれセンスは読者から厚い信頼を寄せられています。著書『My Basic Note「ふつうの服でおしゃれな感じ」のつくり方』(小学館)は、10万部を超える人

あなたにおすすめの記事

アクセスランキング
  1. 「ゆで卵の殻が一瞬で剥ける」簡単な方法とは?

    「ゆで卵の殻が一瞬で剥ける」簡単な方法とは?

  2. 【映画館の座席】結局、どこがいちばん見やすいか知ってる?

    【映画館の座席】結局、どこがいちばん見やすいか知ってる?

  3. 揚げ物=太るは思い込み!? 揚げ物を食べるときに守りたいルール3

    揚げ物=太るは思い込み!? 揚げ物を食べるときに守りたいルール3

  4. 100円で収納上手! ダイソー「透明スリムボトル」の活用法

    100円で収納上手! ダイソー「透明スリムボトル」の活用法

  5. 売り切れ前に買うべきユニクロ ユーのニット2選! スタイリスト城長さくらがコーデ&着用

    売り切れ前に買うべきユニクロ ユーのニット2選! スタイリスト城長さくらがコーデ&着用

人気のキーワード
LIKEランキング
  1. 【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見

    【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見 グルメ

  2. のばしかけヘアOK! 前髪アレンジで簡単イメチェン

    のばしかけヘアOK! 前髪アレンジで簡単イメチェン ビューティ

  3. 【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.1

    【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.1 ファッション

  4. 疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】

    疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】 グルメ

  5. 【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.2

    【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.2 ファッション

編集部のオススメ記事
  1. 時短で巻き髪美人に! モッズ・ヘア独自開発のヘアアイロンがスゴい

    時短で巻き髪美人に! モッズ・ヘア独自開発のヘアアイロンがスゴい

  2. トランプ大統領へのお土産にも選ばれた「箔一」の金箔配合マスクってなに?

    トランプ大統領へのお土産にも選ばれた「箔一」の金箔配合マスクってなに?

  3. 毛穴から美肌に! 毛穴ケア専門店の人気トリートメント体験をプレゼント

    毛穴から美肌に! 毛穴ケア専門店の人気トリートメント体験をプレゼント

  4. みんなのお風呂タイムの味方です! あの【ダヴ】の進化がスゴいらしい

    みんなのお風呂タイムの味方です! あの【ダヴ】の進化がスゴいらしい

ピックアップ記事
  1. 女流日本画家・宮北千織さんの個展が日本橋三越本店で開催【11月15日から】 precious

    女流日本画家・宮北千織さんの個展が日本橋三越本店で開催【11月15日から】

  2. ナデシカ毎日占い nadeshiko

    ナデシカ毎日占い