しごとなでしこ - SHOGAKUKAN

映画『泥棒役者』インタビュー前編

【丸山隆平インタビュー】本読みの場所は自宅? 映画『泥棒役者』撮影裏話

11月18日に初めて映画単独主演を務めた映画『泥棒役者』が公開される丸山隆平さん。プライベートでも仲の良いという西田征史監督や、共演者とのエピソードについて伺います。

映画『泥棒役者』はハートウォーミングな作品

――今作は、西田監督が演出を務めた舞台「泥棒役者」を映画用にリライトしたものとなりますが、最初にこの脚本を読んだ感想を教えて下さい。

丸山:すごく緻密に計算されている脚本であり、ハートウォーミングな作品だと思いました。登場人物もチャーミングな方たちばかりで、それぞれのキャラクターを愛おしく思うような、温かいお話に仕上がっているんですよ。

あまりにも面白い脚本だからこそ、「やばい、めっちゃおもろいぞ」というプレッシャーがあったんです(苦笑)。この与えられた高い山を登るという楽しみと、恐ろしさが同時に訪れました。

西田征史監督
西田征史監督

――主人公の“大貫はじめ”は、「ハマリ役!」と思えるほど、ナチュラルに演じているように感じたのですが。

丸山:そう思ってもらえると嬉しいですね。でも彼は、流されてしまう性格なので、泥棒に入った家の訪問者たちが勘違いしたキャラになりきるしかなかったんですよ。そうじゃなければ、“鍵開け”なんかやっていないと思うんです。それが彼の良い所でもあり、残念な所でもあるんです。そんな彼が、小さな成長を遂げるのか、それとも負けてしまうのか、見届けてあげてほしいですね。

■本読みの場所は丸山さんの自宅!?

――西田(征史)監督とは、2012年の舞台「BOB」以来、二度目のお仕事になりますよね。

丸山:はい。その舞台でご一緒させていただいてから、西田さんとはすごく仲良くさせていただいているんです。実は、僕は自分の家に人を入れたくないタイプなのですが、監督は心を許しているので、家でお酒を飲むこともありますし、泊まりに来たこともあるんです。

その流れで、今回、稽古が始まる前に、僕の家で脚本の読み合わせをしようということになったんですよ。断る理由もないので、快諾したら、その場に市村正親さんと宮川大輔さんもいたらしく、「2人も一緒でいいかな」と言ってきたんです…。

宮川大輔

――家に入れたくないタイプなのに…(笑)。

丸山:そうなんですよ(笑)。でも、そこで大先輩方の申し出を断るのもどうかと思い、OKしたんです。それに、“うちに市村正親さんと宮川大輔さんがいる”という絵面を想像してクスッとしちゃったんですよね。だって、普通に生活をしていたら、絶対にそんなこと、ありえないじゃないですか(笑)。

――あはは。ないですね。

丸山:いざ本読みを始めたら市村さんは舞台の大千秋楽を終えた後だったこともあり、第一声から、ミュージカル仕込みのめちゃくちゃいい声で「前園俊太郎ですっ!」って、それはそれはものすごい声量で、「僕の部屋って、こんなに声が響くんや…」と驚きました。こんな贅沢な空間はないなと間近で聴きながら感動したんです。

1

――その読み合わせのおかげで4人の距離がグッと縮まったんですね。

丸山:そうですね。この時点で監督が細かく演出をつけてくれたんです。この読み合わせがなかったら、また違った認識のまま撮影に入っていたと思うので、すごくいい時間が過ごせました。余談なんですが、その日、大人4人が我が家に揃うということで、3人が来る前に大きなペットボトルのお茶を購入したんですよ。でも、みなさん自前のお茶を持ってきてくれたので、そのお茶の出番がなかったんです。おかげで、このお茶を飲み干すのにすごく時間がかかりました(笑)。

――さらにこの映画には、ユースケ・サンタマリアさんも出演されています。となると、アドリブの応酬はすごかったと思うのですが、いかがでしたか?

丸山:とにかく、ユースケさんはムードメーカーでしたね。勝手に違う名前を名乗りだしたり、本番前に「アドリブは必要なんだよ」ってつながり関係なく話し出したり…(笑)。でも、みなさんが自由だけども、やるときはやるというメリハリがあったんです。市村さんも、「わざわざ率先してやらなくても後輩がやりますから」って思うんですが、誰よりも前のめりに面白いことをしてくれるんです。そんなことを目の前でしてくれたら、僕は楽しくて仕方ないですよね。撮影中はずっと僕の目がキラキラしていました(笑)。

ユースケ・サンタマリア

――改めて、どんな映画になったと思いますか?

丸山:思いきり笑えて、心が温まりながらも、自分のこと、今の時代を見直すことができる映画になっているんです。僕自身、この映画に参加することができて、本当に良かったなと思っています。

▶︎後編(明日公開)


映画『泥棒役者』(公開中)

【STORY】
元・泥棒の大貫はじめは今では改心して町工場で真面目に働いている。ところが、かつて一緒に盗みをはたらいた先輩の畠山に脅され、仕方なく一軒の豪邸に泥棒に入ることに。そこで大貫は訪問者たちに次々と“別人”に間違えられる。自分の正体を隠すため、何役もを必死に演じるハメになった大貫は、はたして無事に屋敷を抜け出し、愛する恋人の元に帰れるのか……!?

【監督・脚本】西田征史
【出演】丸山隆平 市村正親 石橋杏奈 宮川大輔 片桐仁/高畑充希/峯村リエ ユースケ・サンタマリア
【音楽】遠藤浩二
【主題歌】関ジャニ∞「応答セヨ」(インフィニティ・レコーズ)
【配給】ショウゲート
オフィシャルサイト

(C)2017「泥棒役者」製作委員会

これまでの記事

あなたにおすすめの記事

アクセスランキング
  1. こんな人だったんだ…上司から届いたショックな誤送信LINEの世界

    こんな人だったんだ…上司から届いたショックな誤送信LINEの世界

  2. メールを見たら「FYI」って書いてある。さて、この意味は?

    メールを見たら「FYI」って書いてある。さて、この意味は?

  3. 今さら怖いよ〜! 元カレから届いたゾゾゾっとするLINEの世界

    今さら怖いよ〜! 元カレから届いたゾゾゾっとするLINEの世界

  4. ハードル高すぎ! 彼氏からの「難易度が高すぎる」お願いLINEをのぞき見♡

    ハードル高すぎ! 彼氏からの「難易度が高すぎる」お願いLINEをのぞき見♡

  5. ごめんなさい! 大好きだったはずの彼氏に一瞬で冷めたエピソード3

    ごめんなさい! 大好きだったはずの彼氏に一瞬で冷めたエピソード3

人気のキーワード
LIKEランキング
  1. のばしかけヘアOK! 前髪アレンジで簡単イメチェン

    のばしかけヘアOK! 前髪アレンジで簡単イメチェン ビューティ

  2. 【元CAのポーチの中身】まるで救急箱⁉︎ メーク直しを時短化、超ミニマル精鋭アイテム

    【元CAのポーチの中身】まるで救急箱⁉︎ メーク直しを時短化、超ミニマル精鋭アイテム ビューティ

  3. 【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見

    【女子ラーメン度4点の高得点】リコピンで健康的に!! お洒落みそトマトらーめんを“赤坂”で発見 グルメ

  4. 疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】

    疲れた体と心にしみるあっさりスープに癒された夜【女同士でラーメンナイト】 グルメ

  5. 【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.1

    【CanCamスタイリスト丸林広奈】が提案! きちんとかわいい♡ 初夏のお仕事スタイル Vol.1 ファッション

編集部のオススメ記事
  1. 【無印良品】おすすめ神アイテム! 絶対買いの人気商品

    【無印良品】おすすめ神アイテム! 絶対買いの人気商品

  2. 大人だからこそ響く! 星野源の『ドラえもん』が泣ける

    大人だからこそ響く! 星野源の『ドラえもん』が泣ける

  3. 【プレゼント】1000名様に1,000円分の図書カードまたはQuoカードを差し上げます!

    【プレゼント】1000名様に1,000円分の図書カードまたはQuoカードを差し上げます!

  4. 【激売れ】お風呂の後で濡れたまま使うオイルがすごい!

    【激売れ】お風呂の後で濡れたまま使うオイルがすごい!

ピックアップ記事
  1. フランク ミュラーとコラボ!キッカ吉川康雄さんが手がけるウエディングメイク precious

    フランク ミュラーとコラボ!キッカ吉川康雄さんが手がけるウエディングメイク

  2. これ欲しくない女子いますか!?アラフォーのための【2017クリスマスコフレ】大特集:メークアップ編BEST7選 domani

    これ欲しくない女子いますか!?アラフォーのための【2017クリスマスコフレ】大特集:メークアップ編BEST7選

  3. ナデシカ毎日占い nadeshiko

    ナデシカ毎日占い